🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

生後3か月赤ちゃんとの旅行は飛行機でも大丈夫!でも無理はしない

f:id:tueko:20181028142518p:plain

生後3か月で決めた理由

長男は年長くらいから昆虫大好きになり、夏休みは九州旅行に出かけ虫探しをするのが我が家の恒例でした。小学生になり興味が更に増した中、次男が生まれた事によってやめてしまうのはかわいそうでしたので、勇気を出して(?)行く事にしました。長男の生後8か月での飛行機デビューと比べ次男のデビューはとても早かったです。これが第2子の宿命なのでしょうか。笑

でも心配…保健師さんの言葉も参考に

とは言え、遠くても子育てのベテラン(ジジババ)がいる慣れた実家と住み慣れた自宅を行き来するのとは訳が違います。それにまだ首も座っていない次男ですから、直前まで迷っていたのは事実です。私だけかもしれませんが、出産直後って、産前には普通にできていた事がドキドキしたりしませんか? 例えば電車に乗るとか。ですので、相当な勇気が必要でした。里帰り出産の人は、生後1〜2か月で飛行機に乗る人もいるし…と自分に何度も言い聞かせていました。

産後、赤ちゃん訪問にいらした保健師さんに旅行はいつ頃からOKか尋ねてみました。具体的に何か月という回答はありませんでしたが、0歳台後半まで待つ必要はなく、日本国内であれば病院が無いという事はないので旅行も大丈夫。育児を楽しむのも大事。とのことでした。この言葉も私の背中を押してくれました。

無理は禁物 

長男の時に失敗していますので(いつか記事にします)、体調を崩さないように赤ちゃん中心のゆったり旅にすることにしました。

行き先 

今回は空港から約30分程とアクセスしやすい、何度も利用している鹿児島県霧島市の旅行人山荘にしました。市街地ではないので万一病気になった時を考えると不安になりましたが、人混みに連れて行くのもそれはそれで心配でしたので、慣れ親しんだ場所をチョイスしました。標高も高いので夏でもそんなに暑くなく赤ちゃんも過ごしやすそうでしたし、温泉旅館でしたら私もゆっくり出来そうでしたので。ママのリフレッシュも大事ですよね。

1泊では現地に到着した翌日にはもう移動をしなければならず、ゆっくりできませんので、2泊3日で出かけることにしました。

準備したもの

多めの着替え/オムツ、母子手帳、保険証、お薬手帳、バスタオル(授乳ケープやブランケットがわりにも使います)、除菌シート、おしりふき、使用済みオムツ用ビニール袋、絆創膏、綿棒、ベビーカー。

着替え1着、オムツ、おしりふき、バスタオル、除菌シート、ビニール袋は機内持ち込み用のバッグに入れておきました。完母でしたので、荷物は少なくてすみました。

予防接種は可能なものは終わらせておき、現地の小児科、救急病院は事前に調べておくと安心です。

また、加湿機能付き空気清浄機と湯沸かし電気ポットは無料で貸して頂けますので、事前に宿泊施設に手配しておきました。

 お気に入りオモチャはまだ無かったので持参なしです。

1日目

空港までの移動

我が家はいつも、家族全員分の荷物を大きなスーツケース1つにまとめます(家族4人分ですので旅行用仕分けバッグが便利でした)。大きな荷物を持って最寄り駅までの徒歩、電車の乗り換え/乗り降りは大変ですので、車を利用します。空港の駐車場は最大1500円/日かかりますが、(普段は節約志向の私でも)必要経費と割り切っています。

空港/飛行機内

ちなみに我が家は優先搭乗します。離陸後にシートベルトサインが直ぐに消えない時もありますので、離陸直前の緊急事態(うんち)でもトイレでオムツ交換が出来る時間を確保しておきます。

ちょうど授乳時間になり開始したところで離陸しましたので、耳抜きにちょうど良かったかも知れません。 

国内線で飛行時間も短いので、機内ではエルゴで抱っこして過ごしました。赤ちゃんはシートベルトが出来ないので、揺れの時にも安心ですよね。搭乗してすぐ「機内では、皆さん抱っこ紐を使ってますよ」と、CAさんが教えてくれました。次男の性格はまだわからないのですが、泣き騒ぐこともなく無事に飛行機移動ができました。

現地到着したら宿泊施設に直行

レンタカーで宿泊施設に直行しました。チャイルドシートは忘れずに事前予約です。羽田を午後ゆっくり目に出発したので、18時30分くらいにチェックインし、大人は交代でささっとひとっ風呂あびてから夕食を頂きました。お食事の会場は畳ですので赤ちゃんがいても安心です。クーファンも準備頂いていたのでその中で次男はスヤスヤでした。この日は長男のお誕生日でもありましたので、旅行人山荘さんからお祝いのお花とカードを頂きました。ありがとうございました!(予約時に伝えておく必要あります。)

f:id:tueko:20181028124837p:image

その後オットと長男は虫探しに出掛けました。私は次男と布団でゴロゴロ至福の時です。部屋はもちろん和室です。

折角の温泉旅館ですが、赤ちゃんは部屋に備え付けのバスタブにお湯を張り入浴させます(温泉には入れません)。

2日目

会場で朝食を済ませ、貸切露天風呂へ。45分間追加料金なしで利用させて貰えます。いくつかある中からバリアフリー対応のお風呂を選びました。そこにはデッキもあるのでそこで次男はベビーカーに乗って待機してもらいました。(次男、ありがとう!いつか一緒に入ろうね♪)

オット&長男ペアは近くのレジャー施設に遊びに出かけ、私&次男ペアは再び部屋でゴロゴロです。部屋からの景色も素晴らしいので部屋にいても退屈ではありませんが、外にある足湯までベビーカーでお散歩に行き、私が足湯をしている間、次男は森林浴をしながらスヤスヤお昼寝でした。ここも絶景の桜島ビューなのですが、曇りで見えませんでした。残念!

f:id:tueko:20181028124749p:image

お昼は道の駅で買ってきて貰ったおいしいお弁当と手作りプリンをみんなでお部屋で食べ、午後はお昼寝したり、お風呂に入ったりみんなダラダラと過ごしました。

あとは、1日目と同じく、夕食食べて男性陣(次男除く)は虫探しです。

3日目

2日目の朝と同じく、朝食食べて貸切露天風呂に行きました。旅行人山荘はチェックアウトが11時ですのでのんびり出来ます。お風呂の後はコーヒー券(リピーターが頂けます)を利用し、別荘のような雰囲気の中でカフェタイム。子供と授乳中の私はジュースに変更してもらいました。

チェックアウト後は空港方面まで移動し、イタリアレストランで昼食を取りました。次男はベビーカーに乗っていたので、そのまま私が空港までお散歩がてら押して歩いて行くことにしました。レンタカーは、空港目の前にあるレンタカー会社と空港間を、送迎専用車にお客様を乗せて送り迎えするスタイルをとっています。そうなると、赤ちゃんを車に乗せたり降ろしたり何度もすることになり、落ち着かなくて疲れるかなと思ったからです。

そして午後の早い便で羽田に戻り、車に乗って帰宅しました。基本的には現地ではゆっくりしていたのですが、帰りの飛行機ではみんな爆睡でした。次男もぐっすりでしたので、離着陸時に耳抜きをする機会も必要もありませんでした。

自宅に到着するとグッタリ疲れが出ました。妊娠・出産後初めての久々の遠出だったからかもしれません。気疲れ?かな。 空港からは、車で正解でした。

感想

赤ちゃん連れ旅行は、体調管理を1番に色々と詰め込まずゆったり過ごすのが無事に終える秘訣だと思います。今回は、飛行機以外は自宅↔︎羽田空港、現地空港↔︎宿泊施設のみの最小限の移動のため赤ちゃんはずっとお部屋でねんねでき、私は美しい景色、澄んだ空気、温泉に癒されて、十分にリフレッシュ出来ました。また、離乳食も開始していないねんねの赤ちゃんとの旅行、とても楽でした。首が座ってからだともっと連れて行きやすいですね。

 

立ち寄りスポット一言メモ

☝︎グランカフェ異人館:定食など色んなメニューあり/ベビーカーの赤ちゃんにも優しい(段差はあり)/居心地が良い

 

tue.hateblo.jp

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀