🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

賑やか子連れにもおすすめでとてもキレイな温泉-道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)

3連休に愛媛県松山市にある道後温泉に行ってきました。前日は東京でも吹雪いていて(少し大げさ?!)、とても寒かったので、温泉であたたまるにはちょうど良かったです。

我が家は約7年振りの再訪です。

☝︎道後温泉は約3000年前に発見されたという日本最古の温泉。

道後温泉本館はリニューアル工事中


f:id:tueko:20190211195812p:image

f:id:tueko:20190211195729p:image

 2019年1月中旬から保存修理の工事がはじまりましたが、温泉へは入れますのでご心配なく(笑)。正面ではなく、横側の臨時の入口から入ることができます。3連休だったからか、順番待ちの列ができていました。入場コントロールをしていましたので、スタッフさんの指示に従い入場します。我が家は15分くらい待ったでしょうか。

ベビーカーは入ってすぐの所、大きなオットのリュックは受付の横に置かせてもらえました(スーツケースも置いてありました)。

いつものように男子(オット・長男・次男)と女子(私)に分かれて入りましたが、時間があまりなかったので、15分くらいの滞在時間でした。短時間ですが、言わずと知れた名湯に浸かれて良かったです。アルカリ性単純泉のクリアなお湯、私は好きです! 

しかも、お風呂の名称が「神の湯」って、すごくないですか! 神様のパワーを頂けそう。笑

リニューアル工事中につき、休憩室はなく、現在は立寄り入浴のみですので、ご注意ください!

☝︎道後温泉本館は「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも言われています。

子連れとゴロゴロしたい人は飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)の個室が絶対良いです


f:id:tueko:20190211200051p:image

f:id:tueko:20190211200043p:image

道後温泉本館の別館として建てられた飛鳥乃湯泉は、2017年12月下旬にグランドオープンですから、まだ1年ちょっとの新しい施設です。本館からは徒歩で2〜3分の距離にあります。

大広間と個室休憩室は、空きがあればすぐにOK、待ちがある場合には電話連絡をもらえるシステムでした。待ち時間の短い方を選びたい旨を伝えたタイミングで個室に空きが出ましたので、すぐに入れる事になりました。


f:id:tueko:20190211201824p:image

f:id:tueko:20190211201855p:image

我が家が通されたのは、2階の白鷺の間という個室。4.5畳に小さなベランダ付きでした。

f:id:tueko:20190211200446p:image

スタッフさんから丁寧な説明があり、その直後から90分間利用できます。

ドライヤー、資生堂のヘアオイル、綿棒も置いてあり、姿見もありました。


f:id:tueko:20190211200419p:image

f:id:tueko:20190211200411p:image

長男は兎も角、1歳10か月の次男は、落ち着いていることはできません。目に入る全てのものを触りたがり、チョロチョロ動き回ります。大声も出してしまいます。大広間か個室のどちらかと初めは考えていましたが、個室になって本当に良かったなと思いました。本館も工事後は個室が復活すると思いますが、木造ですので、別館の方が子供の賑やかさには良いのではないかなと思います。

それに…入浴後にゴロゴロしたい人も個室がおススメです。飛鳥乃湯泉(本館も)の大広間はスーパー銭湯のような大広間を想像してはいけません(笑)。座布団がしっかりきれいに並べられていて、決められた席に座ってゆっくり休むことはできますが、横になってゴロゴロはまずできないと思っていた方が良いと思います。

本館にはない露天風呂があります

さて、お楽しみのお風呂です。貸し浴衣に着替えて、1階のお風呂に向かいました。本館と同じ、加温・加水無しの嬉しい源泉かけ流しだそう。そして、何と本館にはない露天風呂がありました!(半露天と言った方が適切な表現かもしれません。)  

また、決められた時間になると浴槽のタイルの壁にプロジェクションマッピングが始まります。ちょうど、女湯がその時間だったので見ようと思っていましたが、3分間の投影に間に合わず…ちょこっと見れただけでした。湯船につかりながら、伝統のタイルと新しいプロジェクションマッピングの融合は、さぞかし良い思い出になったことだろうと思います。残念。

入浴後のもう1つのお楽しみ

お風呂から戻ると、緑茶と和菓子が準備されていました。


f:id:tueko:20190211200842p:image

f:id:tueko:20190211200824p:image

f:id:tueko:20190211200833p:image

2種類ありましたので、赤を2つと白1つを頼み、両方のお味を味わう事にしました。それがまた、かわいらしいお菓子で、普段あんこを食べない長男も、パクパクと食べてしまいました(笑)。次男はまだ2歳に達しておらず料金不要のためお菓子などはつきませんので、少し分けてあげました。ちなみに、子供用にはカップに入った冷たい緑茶が準備されましたよ。

そして、長男と一緒にヘアオイルを少しだけ髪につけて美容タイムを楽しみました。笑

結局どちらも良い本館と別館

本館は、建築100年超という国の重要文化財です。道後温泉まで来て、ここに来ずしてどうする!というぐらいのシンボルとなる施設です。そのような本館で是非とも温泉に浸かってみたいものです。

そして、伝統や地元の文化を活かした近代の新しい建物の別館で、ゆっくり浸かって寛ぐのも良いです。

結局、どちらも選べません! さすが、有名な温泉地ですね!

入浴コースは、もし時間がとれるようでしたら、ひとり650円〜1000円プラスになりますが、大広間か個室ですとゆっくりできますし、お茶やお菓子もついてお得な感じがしました。

また、別館のプラス情報ですが、

  • スタッフさんのおもてなしはとても素晴らしく気持ちの良いものでした。
  • 時間にもよるのかもしれませんが、本館よりは若干空いているかな?という感じです。
  • 資生堂のボディソープ・シャンプー・コンディショナーも浴室においてありました(利用料に込み)!

☝︎アクセス

松山空港から:

  • 空港リムジンバスで約40分
  • タクシーで約30分

dogo.jp

 

www.tue.tokyo

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀