🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

初めての子連れハワイ旅行[事前準備・持ち物編]

f:id:tueko:20190421174500p:image

2歳0か月、9歳の兄弟を連れ、5泊7日のハワイ旅行に行ってきました。準備したこと/もの・持ち物を全てリスト化し、簡単な説明も加えました。これから子供と一緒にハワイに行かれる方の少しでも参考になれば幸いです。

基本情報として、我が家のハワイ旅行は、航空券・ホテルは個人手配、現地でのレンタカー運転の予定なし、はじめてのハワイです。

 

 

事前準備

ESTA(電子渡航認証システム)登録

ビザなしで観光・商用で米国に90日以内の渡航をする場合、渡航の72時間前までにESTAで認証されることが必要です。登録必須です。

 ESTA申請公式サイト (https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1)

たびレジ(外務省海外旅行登録)

旅行予定に合わせた海外安全情報等が外務省や在外公館からメールで届きます。任意登録です。

たびレジ公式サイト(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html)

海外旅行保険への加入

クレジットカード付帯の保険は補償額が小さいのと、子供たちは対象ではないので、ファミリータイプの保険(約7500円)に入りました。

持ち物

(携行)必需品

パスポート

我が家は出発のちょうど2週間前に出来上がったばかりでした(私・長男・次男)。

クレジットカード

ワイキキトロリーのピンクライン(アラモアナショッピングセンター行き)を利用予定の場合は、提示すれば無料乗車が可能なJCBがお得です。

現金

ハワイはクレジットカードでほとんどOKですが、オットのみ3万円をUSドルに替えました。が、現金はハウスキーピングのチップ、屋台での買い物くらいですので、換金は1万円でも十分なくらいでした。あとは予備と日本での交通費分の日本円を忘れず持参。羽田空港では、出国ロビーに入ってすぐの両替所が最も率が良かったです。小額ですのでレート度外視で、そして現地での時間がもったいないので、手っ取り早い空港で換金しました。

携帯(スマホ)

オットのみプリペイドSIMを購入し、現地でも使えるようにしました。

私は、ホテルのWi-Fi利用のみのホテル内限定利用としました。滞在中は、高額請求されないように、機内モードオン・モバイルデータ通信オフにしてWi-Fiのみに制限をかけました。

ESTA・海外旅行保険契約番号のコピー

印刷ぺージをプリントアウトして持って行きました。

 

※国際運転免許証関係は準備していません。

機内持込み手荷物


f:id:tueko:20190421174044p:image

f:id:tueko:20190421174014p:image
紙パック(100ml)飲料(次男用)

中身が見える1Lのチャック付き袋に入れる必要がありますので、麦茶と野菜ジュースを2つずつ入れました。機内では、揺れの関係で飲み物を貰えない場合がありますので、次男用に予備です。行きは、出国から搭乗までの間に2つ飲んでしまいました。

f:id:tueko:20190622125929p:image

国際線の機内への液体持込みにはルールがありますので、要チェックです。

ANAサイトをご参考まで (https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/carry-on/baggage-limit.html)

ロングライフパン(次男用)

こちらも飲み物と同じ考えです。1つだけですが、万一、食べ物にありつけなかった時の予備。入国審査でもOKでした。

おむつ4枚(次男用)

搭乗までと機内での時間を考えて枚数は決めました。通常、我が家は1日4枚くらいの使用ですので少し多めの感じです。行きは飛行機トラブルがあり、自宅を出てから6時間後の搭乗でしたし、帰りは機内で3回も交換の必要があったりと、予想外が起こりますので、多めの方が安心です。

おしりふき(次男用)

7割程度残っているものを持ち運び用に。

除菌シート(次男用)

新しいものを1パック 

シールブック/絵本(次男用)

各2冊ずつ。使用後は現地で捨てることを念頭に100均で購入。行きは夜便のため使用しませんでしたが、帰りは夢中で遊んでました。

お気に入りのおもちゃ(次男用)

音の出ない小さくて軽いものということで、出発の頃気に入っていた、車と電車のミニカーを1つずつにしました。機内、現地でのご飯時など、重宝しました。次男の安心材料にもなるかなと思いました。

小型レジャーシート(次男用)

機内の床に敷いて、次男が椅子から降りても遊べるようにです。靴を脱いでくつろぐこともできます。 

チェアベルト(次男用)

このベルトは迷子ひもにもなります。次男が機内のレジャーシート上で遊ぶ際、迷子ひものように使い、突然の大きな揺れで飛ばされないようにと思っていました。しかし、レジャーシートの上ではほとんど遊びませんでしたので、使いませんでした。ショッピングセンターなどでは良いかも知れません。

抱っこ紐(次男用)

年齢的にはもう無くてもよいのですが、機内での万一の事態に、私の両手が使えるように持って行きました。

離着陸時の抱っこ紐の使用は、CAさんに教えてもらったので我が家は使っていますが、別記事で危険を指摘されましたので、ご確認の上ご利用下さい。

予備着替え(兄弟用)

半袖Tシャツ&短パン各1枚。嘔吐して汚れてしまった時用。長男の分も用意しました。

マスク

乾燥防止というよりは、おそらくポカンと口を開けて眠るので、寝顔を隠すためのものでした。ですが、出すのが面倒になり使いませんでした。

一眼レフカメラ

オットのもの

携帯充電コード

羽田空港では、搭乗を待っている間に使えましたので、手荷物で持っていた方が良いです。なお、ハワイの電源は日本のものをそのまま使えるので、変圧器・変換プラグは持っていく必要はありません。

携帯充電池・充電器

充電池は2つ。預け入れ荷物にはできませんので、機内に持ち込みました。

ボールペン(書き物)

国際線では、機内で税関申告書の記入が必要です。昔は鉛筆も一緒に配ってくれなかった??

ネックピロー

使えなければ現地で捨てることを念頭に100均で購入(大人用1/子供用1)。行きでのみ使いました。昔使った時は不要と思ったのですが、今回はあって良かったと思いました。

フットレスト

旅行前に急遽購入。子供たちが足を伸ばして眠ることができたので、とても重宝しました。こちら、ロングフライトには超オススメ商品です。

ウエストポーチ

100均購入ですが、ウエストポーチとして準備したのではなく、フットレストとしてです。上記のエアタイプのフットレストでOKでしたので、使いませんでした。ですので、レポートできません(汗)。

 

預け入れ荷物(受託手荷物)

スーツケースは大型と小型の2つを持って行きました。私はベビーカー次男を担当しましたので、オットが2つ共、持ちました(たまに長男が小型)。お土産で帰りは荷物が増えると思ったからです。大きめの折りたたみ袋の持参も考えましたが、荷物が重くなった時にはキャスター付きの方が楽なので、スーツケースにしました。


f:id:tueko:20190421175213p:image

f:id:tueko:20190421175040p:image
飲み物(次男用)
  • イオン水500mlペットボトル7本
  • 麦茶500mlペットボトル3本
  • 赤ちゃんの純水500mlペットボトル2本
  • 100mlパック麦茶・野菜ジュース3つずつ(帰国便用)

現地ですぐに飲ませられるものが手に入るのか不明でしたので、持参しました。ハワイは暑いので、イオン水メインです。帰りは飲んだ分だけ軽くなります。

赤ちゃんの純水は、次男の口にダイレクトに入るもの(歯ブラシやスプーンなど)を洗い流すためです。水道水は安全と言われていますが、次男には不安でした。

紙コップ(次男用)

持ち歩く次男用ペットボトルを飲むために使用。暑い中、口を付けたペットボトルを数時間持ち歩くのは、次男には不安だったため。毎日使い捨てにしました。

ハサミ(次男用)

お肉や麺を次男に切ってあげるため。機内持込み不可ですので、スーツケースへ。

おむつ(次男用)

30枚(1日4枚×7日分、プラス2枚)

海外のおむつを使ってはみたかったのですが、いつも使いなれているものにしました。

水遊び用おむつ(次男用)
砂場セット(次男用)

帰りの荷物を考え、使い捨てを予定し100均で購入。結局、次男が初めて海で使用したものとかで長男が騒ぐので、持ち帰りました。

歯ブラシ(兄弟用)

子供用の歯ブラシはホテルには無いだろうと持参しました。実際、ホテルアメニティは大人用2本のみでした。歯磨き粉は、長男はアメニティのものを使い、次男は無しで済ませました。

日焼け止め

SPF50の子供用を買いましたが、大人も使うことにし、これ1本で済ませます。次男には心配でしたので、日本で買って行きました。気にしなければABCストアでSPF100が手軽に購入できますよ。

(麦わら)帽子

日差しが強いので、マストアイテムでした。

サングラス

大人のみ持参。折角のハワイの景色を楽しむ為、私は使用しませんでした。オットは海で遊ぶ時のみ使いました。

ベビーローション

全員が使います。普段使っているもの。早速の日焼けに重宝しました。

常備薬

整腸剤、カロナール(子供解熱剤)、葛根湯(生後3か月から服用可のもの)、ムヒベビー、ロキソニン(解熱鎮痛剤)、市販の小児用かぜシロップ(総合感冒薬)

絆創膏

キズパワーパッドのようなハイドロコロイドタイプ。長男は、初日の海ですぐに擦り傷をつくりました。オットも靴擦れに使いました。こちらもABCストアに売っていましたが、すぐに使えるように持参しました。

保冷剤

万一熱が出た時のために。現地で捨ててきました。

虫除けシール

暑いので、虫がいるかなと思ったのですが、全く遭遇せずでした。ハワイには虫いないの?と思ったくらいです。ですので、未使用です。

着替え

現地での分は下着も含め3日分のみ。洗濯か現地で購入予定。

  • オット・子供たち:半袖短パン3組(子供たち分の1組は機内持込みバッグの中)
  • 私:半袖短パン2組とワンピース2着

パジャマ用半袖はこの中でやりくり、プラス各自ステテコ2着。

水着

オットは長袖ラッシュガード、長男は半袖ラッシュガード。それぞれ海パン。

私は足を浸かる程度のため、水着は無し。

ビーチ用クロックス(私用)

スニーカーを履いていきましたので、持参しました。ちなみに、次男はクロックス、オットと長男はマリンシューズを日本から履いて行きました。オット達は水陸両用でしたので、荷物軽減になりました♪

使い捨てコンタクトレンズ(私用)

眼鏡の日焼け跡が万一ついてしまったら困るので、出発1週間前に急遽購入しました。

携帯防水カバー(私用)

オットは防水スマホですので、私のみ。ビーチに行く時は安心です。しかし、帰国後気づきましたが、不慣れだったため、このカバーに入れて撮った写真には、全てケースビニールの影が入っていました。泣

化粧品(私用)

BBクリーム、アイシャドウ、メイク落としシート

圧縮袋

100均で4つ買いました。帰りにしっかり使いました。少しだけでもあった方が良いかもしれません。

使い捨てカミソリ

ハイアットリージェンシーワイキキのアメニティには無いと聞いていたので、持参しました。本当にありませんでした。笑

小さいポリ袋

残ったクッキーを入れるとか、紙コップを持ち運ぶのに使いました。おむつについては、汚物入れのあるホテルでのみ捨てましたので、ポリ袋は使いませんでした。

45Lポリ袋

汚れ物入れ、帰国時の浮き輪入れとして使いました。

サランラップ

レンジで何かを温める時のためでしたが、使いませんでした。

カラビナ

オット・長男のペットボトル持ち運び用でしたが、使いませんでした。(飲み物は基本、ホテルラウンジで済んでしまったため)

リュック

長男のリュックをぺしゃんこにたたんで予備として持って行きました。荷物が増えたら、自分の物は機内持込み手荷物として背負ってもらう予定でした。 

が、荷物は全てスーツケースに入りましたので、出番はありませんでした。

ヘビーカー

クレジットカード会社のラウンジ(楽天カードなど)でベビーカーを無料で借りられますが、空きがない時がありますので、持って行きました。我が家は折りたたむとスリムコンパクトになるこちらのベビーカーを旅行では愛用しています。

 

機内持込みサイズ内のベビーカーですと、搭乗まで&降りてすぐ、に使えるので便利かも知れません。

その他

浮き輪・シュノーケリングセット

ハワイでお安く買えました。そこそこの大きさの浮き輪は5ドルくらい、シュノーケリングセット(簡易版)は確か7〜8ドルくらいでした。持っていなかったので、ちょうど良いハワイ土産となりました。

※2019年4月現在

洗濯用洗剤

持っていくつもりでしたが、忘れました。小分け(少量)のものを見つけたのは4日目でしたので、持っていけば良かったです。(物干しロープはホテルバスルームに備付けでした。)

以下は、何れも100均で買いました。こういうのも旅行の楽しみのひとつですよね。

スーツケースベルト

海外に行きますので、何も付けていないよりはマシかな?程度の考えで付けました。目印となり遠目でも自分のものと分かりやすいです。

パスポートカバー

付けて行きましたが、入国審査や保安検査の時には外す必要がありますので、自宅での保管用にした方が良いです。

次男の体調管理

特に気をつけなければならない次男の体調。幸い出発前は風邪などひいてはいませんでした。が、直前で発病されるのも困りますので、長男の習い事に付き添う以外は、10日ほど前から自宅軟禁状態とさせてもらいました。ごめんね〜。

まとめ

次男(2歳0か月)のものは、基本的に日本から持っていくこととしました。現地購入品で何かあったら困るのと、使い慣れたものの方が良いと考えたからです。その分、安心して過ごせました。

しかし!

ハワイでは手に入らないものは無いと思えるくらい便利なところでした。パスポートと現金(クレカ)さえあれば何とかなると思えるくらいです。

市販薬もABCストアに売っていました。探せば日本の市販薬も販売されているそう。

準備はそこそこに、現地の生活品を買ってみるのもハワイの楽しみ方のひとつかもしれません。

 

 

www.tue.tokyo

 

 

www.tue.tokyo

 

 

www.tue.tokyo

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀