🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

8歳差兄弟の今 お兄ちゃん頑張れ!でもそれは…

長男4年生、次男は2歳になりました。

現在の2人の様子

長男

長男は、3年生の終わり頃から急に大人びた感じがしてきて、話も良く理解できるようになってきたと思います。まだ、バカはやりますが。笑

そして、年の離れた弟をとても可愛がっています。オモチャ大好きの長男ですから、お気に入りのオモチャを触られた時や、何かをやろうとして邪魔をされた時には、「あっちに行けー!」などと暴言を吐きます。でも、やっぱり「かわいい♡かわいい♡」の連発です。

次男

やんちゃ盛りです。我が家では、「悪魔〜!」とよく叫んでいます。笑

次男は、私たち親に対するのとは、また違った感じで、長男に接しているようです。お友達なのか、ライバルなのか。

そして、長男のやることは、全てマネっこです。話すことから、変な動きまで(男の子すぐにふざける)。長男がピアノを弾けば、隣で一緒に弾く(妨害)。宿題をすれば、隣で一緒に勉強(妨害)。何か食べれば、一緒に食べる(横取り)。

長男をいじめる次男

以前、記事にしましたが、次男が眠たくなった時は、それはもう大変です。

 

www.tue.tokyo

 

この記事の時よりはだいぶマシにはなってきましたが、やはり、長男には、戦いを挑んで行きます(ちょっかいを出す)。

髪の毛を引っ張る。横になっていると髪を踏んで歩く。爪で素肌をガリガリ引っ掻く。顔をベシベシ叩く。目潰しをしようとする。

そんな時、長男は、「ママ〜!」と助けを求めてきます。

さながら、2歳児に、4年生がいじめられているよう…。

たくまし過ぎる次男

次男を見ていると、第2子って、生まれながらに生存競争に長けているように思えます。自分から率先して、周りと関わろうとしますし、食べ物にも積極的に食らいつく。自分に関心を持ってもらおうとする技がすごかったり。次男の場合、なかなか自分の方を見てもらえないと、「キャ〜!」と大声で叫んで、注意を引きます(汗)。

まぁ、そうですよね、生まれながらにして、兄弟というライバルがいますから。自分を守って育ててくれる親とは、兄弟はちょっと違いますからね。

長男の時は、おそらく、長男が声を発すれば、「何〜?♡どうしたの〜?♡」とメロメロ状態で返事をしていたはずですが、第2子だとそうも行きません。長男と話している時もありますから、すぐに対応できない場合もあります。

そんな感じで逞しい次男です。

しかし、本当の長男の思いは…

「ママ〜」と泣きごとを言って、いじめられているように見える長男。もうちょっとしっかりしなよ!と言いたいところですが、本当はちょっと違います。

長男は、年の離れた弟よりも、ずっとずっと自分の方が力が強いことを自覚しているのです。自分が本気を出したら、100%勝てる。だけど、そうしたら、次男が怪我してしまう。

「ママ〜」と言いながら、叩かれたり、髪の毛を引っ張られるのを我慢しているのは、長男の優しさなのです。

いじめられているのは、優しさの裏返し。

カッコいいね!と褒めてます

勘違いしてほしくないのは、ここで、次男をねじ伏せて、僕は強いんだ!とやること。自分よりも明らかに弱い奴に勝って、喜ぶのとかは、恥ずかしいから絶対にやめてもらいたい。

だけど長男は、そうはせず、自分がやられている。なんて、器の大きい、カッコいい男なんだろう!(親バカ)

長男には、そのまま伝えています。

「カッコいいというのは、こういうのをいうんだよ。本当に強い人は、自分より弱い人をやっつけない。自分の力をよくわかっているからね。長男はえらいね〜」

と。

「だって、〇〇ちゃん(次男)のことやってしまったら、かわいそうだもん、テヘッ(´∀`*)」

このまま、成長してほしいな〜と思いました。

次男が生まれるまで何不自由なく育ってきた長男にとっても、次男からのちょっかいは良い刺激になると思います。

 

www.tue.tokyo

 

年の差兄弟シリーズNo.2↓

www.tue.tokyo

 

年の差兄弟シリーズNo.1↓

www.tue.tokyo 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀