🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

「諦めない」ことの大事さを改めて知る

今年は、特に長男の物事がうまく行きにくい年だなあと感じています。

以前、習い事の水泳と空手が継続できない状況になったことを記事にしました。が、その後、執念で何とかなりました。

www.tue.tokyo

エピソード1  (水泳)

長年、近所のプールで個人指導をお願いしていましたが、コーチが就職することになり、何とか後任の方を見つけました。しかし、練習当日になっても現れず、その後、連絡が全く取れない状況に陥りました。

しかし、このまま、うやむやとなって立ち消えるのは悔しかったので、私も少し動いてみることにしました。

  • 直前までお願いしていたコーチに連絡を取り、状況を説明。  ➡︎現在、企業に就職しているにもかかわらず、元コーチ仲間として謝罪してくれました。
  • 所属していた水泳サークルのスタッフ2人に、他の方を紹介してもらえないか相談  ➡︎サークル拠点から離れた、我が家最寄りのプールまで遠征してくれるコーチはいませんでした。

ですが、全員とも、練習をすっぽかしたコーチ(既に水泳サークルは辞めている)に連絡を取ってくれたらしいです。そしてその後、すっぽかしコーチから私に連絡があり、無事に、水泳の個人指導を継続することが出来るようになりました!

エピソード2  (空手)

次期の抽選に外れてしまい、長男が「やりたい」と言って始めた空手を辞めざるを得ない状況となりました。

この空手教室は空きがない状態だったのですが、二次募集時にダメ元で電話をしました。

受付開始時間の朝9時に電話しましたが、先着順でしたので、案の定、繋がりません。負けじと根気よく続け、ようやく繋がったのは11時半頃でした。

空きがないのを知りつつ、申し込みたい旨を話すも、やはり無理。その前の時間帯の教室であれば、キャンセル待ちを受け付けるとのこと。

こんなに待って、キャンセル待ちか…と思いましたが、またダメ元で待つことにしました。

数日後、通常は出ない勤務中の携帯着信に応答したところ、まさかの当選連絡でした!

エピソード3  (地域イベント)

地域で開催する潮干狩りがありました。大型バスも仕立ててもらえ、個人で行くよりもかなりお得に参加できます。

早速、往復ハガキで申し込み♪  

ところが…締切日の翌日(土曜日)に、料金不足により往復ハガキが戻ってきてしまいました(涙)。手元にあったので使ったのですが、価格変更前のものだったようです(苦笑)。

月曜日の朝一にダメ元で主催元に電話し、事情を話しました。

すると、「ちょうど今夜抽選をするので、今すぐ持ってきてもらえますか?」

育休中だった私は、「はいは〜い!」と二重返事ですぐに持参しました。

後日、復路のハガキが届きました。結果は、当選でした!

諦めなければ道が拓ける?!

どのエピソードにも共通して言えることですが、諦めないことは大事だと思いました。

期限があったとしても、ガチガチの所もあれば、多少融通がきく所もありますので、恥を忍んでコンタクトを取ってみるのもありかなと思います。

世の中、意外と優しい人が多いので。笑

自分の事だったら、まぁ、いっか。で済ますのですが、子供の事となると頑張ってしまいます。笑

やっぱり、子供の喜ぶ顔をみたいですから。

仕事もこのくらいの気持ちでのぞめば良いのかな…。

もちろん、どうにもならないこともあります。

楽しみにしていた地区のお祭り(PTAも関わる行事のため、お店やゲームがとても格安なのだそう)や、2か月間も猛練習したスポーツ大会が、雨で中止になってしまったり…天候に左右されるものは、どうにもなりませんね。

念が足りていない?!笑

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀