🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

◯◯ペイのキャンペーンにはのっかってしまった方がやっぱりお得♪ 万単位でお得です♪

 ちまたに溢れている◯◯ペイ。なんか得体が知れないし、面倒だしで、興味はありませんでした。

しかし、育休も2年目になると、何故か焦りが出てきて、少しでも家計を助けたいと思うようになりました。

PayPayの振り返り

そこで昨年始めたことの1つが、PayPayです。

最初、500円相当のポイントが貰えるところから始まり、1000円を上限に購入金額のポイントバック、20%還元など、様々なキャンペーンがありました。

現金やクレジットカードでの支払いに比べ、還元率が桁違いのため、PayPayでの支払いが断然お得でした。

キャンペーン期間中は、本当に購入金額がまるごと全額返ってくることが何回かありました。(800円とか700円とか)

2019年10月の増税頃からか、目立ったキャンペーンは無くなったように思えるのですが、それでも、ポイント獲得履歴を確認すると、

  • PayPay支払い総額の30%はポイント還元

があった計算となりました。

(最初の500円相当ポイントから、キャッシュレス還元の2%まで全て含む)

全ての商品やサービスを3割引で購入したことになります。

メルペイのキャンペーンがヤバイ

上述の通り、目立ったキャンペーンが無くなってきたPayPayですので、また、クレジットカードメインの支払いに変更していました。

すると、2019年の年末頃、メルペイを友人に勧めて本人確認すると、1000ポイントがもらえるキャンペーンが、そして、メルペイスマート払い(後払い)を始めると2000ポイントもらえるキャンペーンが、メルカリで立て続けにありました。

これだけで3000ポイントです♪

当初、メルカリが始めたメルペイには否定的でした。

www.tue.tokyo

 

しかし、ノーリスクの3000ポイントに目がくらみ、メルペイを始めてしまったのです。笑

でも、使うのは、この3000ポイントをコンビニで使う時のみ。

こんな状態が続いていました。

ところが、3月に入り、メルペイフィーバーなるポイント還元祭が始まり、最大50%まで還元されることに!

これに気付いたのがおととい。

還元の総ポイントは、キャンペーン期間を通して、3000ポイントがマックス。

最大で、6000円分を3000円で買えてしまうということ。

で、慌てて早速買ってきましたよ。

1回のポイント付与は500までとか、300までと各キャンペーン毎に条件があります。ですので、お会計を小分けにするなどして(店員さん、ごめんなさい!)、有効に買い物しましたよ。笑

我が家は、ドラッグストアでの50%還元をターゲットにしましたので、マツキヨに2日通いました。笑

戦利品はこちら。

f:id:tueko:20200321170355p:image

半額で買えた洗濯洗剤ですね。笑

あとは、絆創膏類、カビキラーを買っておきました。

何れ必ず使う消耗品です。

一時的には、ものが溢れてしまいますが、大した数でもないのでストック品としました。

50%オフでは、なかなか買えませんからね。

メルカリでの売上金も、メルペイとして、街中のお店で使えますから、その点は便利です。

やっぱり、メルカリの術中にはまった我が家なのでした。

会社の若い子と話した時、今はペイが乱立しているので、もう少し淘汰されてから使い始めますと言っていました。

が、ペイは導入時(新しく始まった時)のキャンペーン時が、特にお得だよと話しておきました。

私は、PayPayとメルペイだけで、トータル1万円くらいは得したんじゃないかと思います。

ただ、支払うだけでです。

オットは、なぜかよく、PayPayのまるごと還元に当選していましたので、やはり1万円くらいは得してると思います。

ペイにのっかっただけで、我が家では2万円得したということですね♪

メルペイでは、3月末ごろまでやっているキャンペーンがまだあります。ご興味があれば、ぜひ♪

 

よろしければ、使ってください♡

メルカリ招待コード [XNRRDX]

今ならメルペイ登録して本人確認すれば1000ポイントもらえますよ♪  (私には個人情報は見えませんので、ご安心ください。)

メルカリまだの人は、登録するだけで、500ポイントもらえます♪

 

※以上は、2020年3月21日時点の情報です。

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀