🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

【こどもの日】超簡単♪ おうち材料でこいのぼりクレープ♡お家で楽しく過ごす#5

完全徹底の外出自粛の我が家。家にこもっていて、こどもの日のために準備をするのをすっかり忘れていました。

それでも、子どもたちが、少しでもこどもの日を楽しんでもらえるように考えました。

今、我が家にある材料で作れるもの…

こいのぼりクレープ

を作りました!

出来上がったのは、こちら♪

f:id:tueko:20200505182102p:image

子どもたちも一緒に作りました♪

おうちにある材料

クレープ生地:小麦粉、牛乳、卵、砂糖、バニラエッセンス。

※バニラエッセンスは必須ではありません。

デコレーション:いちご、バナナ、ヨーグルト(つなぎ用)

作り方はとても簡単

フライパンでクレープ生地を焼きます。

写真は焼いて出来上がった生地を何枚か重ねています。

f:id:tueko:20200505181618p:image

 

丸い形の生地の上下を、生地の下に折り込みます。

f:id:tueko:20200505181636p:image

 

ヨーグルトを、鯉のウロコをつける部分に塗ります。

f:id:tueko:20200505182902p:image

 

冷蔵庫に残っていたこちらのヨーグルトを使いました。生クリームやプリンなど、冷蔵庫に残っていて、つなぎになりそうなものなら何でもOKだと思います。

ただ、クレープと相性の良さそうなものにしてくださいね。笑

f:id:tueko:20200505183540p:image

 

いちごは、鯉のウロコに使いますので、スライスしておきます。

我が家の冷蔵庫にあったのは、小粒タイプでしたので、半分や3等分にカットしました。

f:id:tueko:20200505183553p:image

 

みんなで盛り付け

ヨーグルトの上に、ウロコとなるいちごを並べて、バナナの輪切りといちごで目を作ります。

そして最後に、鯉の尾ひれを形作ります。

写真↓の緑の線のように、三角にハサミを入れれば、完成です♪ 

自分で食べるこいのぼりクレープは、自分で盛り付け♪

f:id:tueko:20200505190019p:image

 

長男の作品。

f:id:tueko:20200505183753p:image

 

オットの作品。いちごを、カット面とそのままの面と交互にしたらしい。

f:id:tueko:20200505183824p:image


次男は、いちごのそのままの面を上にしてデコレーションしましたが、早々に食べてしまいました。(少し古い変色したバナナしか無かった。ありものなので…)

f:id:tueko:20200505192323p:image

 

いちごが無くなってしまったので、目に使おうと思っていたバナナスライスを半分に切って、急遽、ウロコに。

f:id:tueko:20200505183940p:image

ウロコになるフルーツ(缶詰も)は、何を使っても、それなりにウロコのようになると思います。クッキーやマーブルチョコでもOKかもしれませんね。

 

思いつきで、しかも、ありものの材料で作りましたが、こいのぼりらしくなりましたよね?!

子どもたちも、とても楽しんで作ってましたので、良かったです。

そして、ベランダに飾ったこいのぼりを見ながらみんなで食べて、こどもの日をお祝いしました♪

f:id:tueko:20200505192745p:image

とても簡単ですので、ぜひ、作ってみてくださいね!

 

上述のクレープ他、簡単おやつのご紹介♪

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀