🍀tue-noie

小学6年生と4歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

子どもにも。名前入りのオリジナル靴下

小6長男の靴下を新調しました。

 

長男の希望でサイドに名前入り

f:id:tueko:20210612102050j:image

(⬆︎名前はぼかしを入れてます。)

 

この刺繍の名入れ靴下を初めて購入したのは、小2の時です。

長男の小学校は、靴下に色指定があり、黒・紺・白と決められているのですが、ワンポイントはOK。

ということで、探していた時に見つけたのがこちら⬇︎でした。

 

 

名前がワンポイント代わりです。

 

黒や紺の靴下には、名前は書きにくいですよね。

なので、⬇︎こういうのも考えました。

 

 

しかし、お手軽で良いのですが、貼るのも面倒ですし(>_<)、いつか取れてしまいそうでしたので、刺繍を選びました。

 

(アイロンプリント系は、未就学児向けのような思い込みがあり、小2に使うのには少々ためらいがあったのも否めませんが。)

 

カスタマイズ自由

ただ、小2の時には、どんな名前を刺繍するのか、迷いましたよ。

外側に名前が出てしまうわけですから、そうやって個人情報を提供してしまうことによって、変な犯罪に巻き込まれないかと心配だったからです。

 

で、結局、

 

  • 頭文字(アルファベット)1文字の筆記体 (å·¦)
  • 黒の靴下に、黒の糸で名字(右)

 


f:id:tueko:20210612120113j:image

f:id:tueko:20210612120109j:image

 

というように、本人には判別可能だけど、他人にはわからないような内容・色での刺繍にしました。

 

我が家が購入したたばり繊維加工さんでは、

 

刺繍糸のカラーは16色

f:id:tueko:20210612102329j:image

 

フォントは3種類

f:id:tueko:20210612102347j:image

 

から選ぶことができますので、好みに合わせてカスタマイズできます。

(画像はたばりさんからお借りしました。)

 

その他

  • 名前・イニシャル・数字等が刺繍可能。
  • 絵文字は不可
  • 文字数は原則最大6文字( 、やスペース含む)
  • 2段も可能
  • 刺繍は、靴下サイド部分のみ。 
  • 両側刺繍も可能。(値段は倍)

 

今回のリピート購入では、

名字をゴシックにし、

 

ゴールド2足

シルバー2足

ブルー1足

 

の計5足を購入しました。

長男のリクエストで、前回と同じカラーです。

f:id:tueko:20210612213227j:image

 

注文する時には、1色しか選択できませんが、備考欄に希望を書くことで、ちゃんと対応してくれます。

 

以下のように、「靴下」と「刺繍依頼」の2つを注文する必要があるのですが、しっかり伝わってほしかったので、我が家はこの2つ共に、色の希望を書いておきました。

 

⬇︎この靴下と、

⬇︎こちらの刺繍依頼を別々に2つ注文します。

 

今回のゴシックの名前、とてもはっきりと目立って、とても気に入りました。

 

もう小6なので、仮に誰か知らない人に名前を覚えられて、近寄って来られたりしても、付いて行ったりはしないと思うので。

(所詮、靴下の名前なので、近くで見なければ判別は難しいと思うけど。)

 

納期

刺繍の注文が多い為、納期に約10日程かかるとのことでしたが、

我が家は、

5/10 注文

5/19  配達

でしたので、ほぼ告知の通りでした。笑

 

⬇︎こんなに圧縮されてコンパクトな状態で届きましたよ。

f:id:tueko:20210612102645j:image

 

しかも、おまけのマスクまでついて来ました。5足買うともらえます。

f:id:tueko:20210612102853j:image

 

価格は高めだけど元は取れる

この靴下は奈良県で造っている日本製。

新しいのを改めてみて、弾力があってしっかりした造りだと思いました。

 

子どもには、made in Japanも身につけて欲しいのでよいのだけど、お値段が、我が家の靴下相場より、ちょっとお高め。

(消耗品は、なるべく費用を抑えたい)

 

下手したらブランド靴下(のセール品やメルカリ)が買えてしまうのでは?と、一瞬、躊躇します。

 

ミシンがあれば、刺繍機能を使って自作できるかもしれませんが、そのためにわざわざミシン買うのも何ですし。(億劫になってやらない可能性も)

 

ということで、購入に踏み切りました。

 

ですが、実は小2で買ってから、先日の買い換えまで長男は、ずっと履き続けました。

私は何度も買い換えを試みたのですが、長男が絶対に嫌だ!と。

 

年齢が進むに連れて、力も強く、動きも激しくなるので、結構、穴が開くんですよ。それを母(私)はせっせと繕って3年半持ち堪えさせました。

「縫っては穴が開き」の繰り返しで、もうやめようぜ…という限界まで達し、ようやく先日の新品購入となったのです。

 

3年半も履いたので、もう十分に元は取れたと思います。

 

長男にとっては、どんなブランド物よりも、この自分の名前が入った

オンリーワンの靴下

の方が、価値があるようです。

 

 

他にはこちらも⬇︎

 

tabio.com

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀