🍀tue-noie

中学1年生と5歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

桜島に泊まるなら 【マグマ温泉🌋レインボー桜島】に家族で宿泊

最近、仕事がストレスフル過ぎるので、現実逃避のために、少し前の宿泊を回顧して、癒やされることにしました笑

 

我が家の初めての鹿児島旅行は2008年。当時も仕事で疲れ果てていました。その時訪れた桜島の地の果て感。妙に気に入ってしまいました。

 

我が家が桜島宿泊でお世話になるのは、レインボー桜島。

2021年の年末旅行で、とーっても久しぶりに宿泊しました(5〜6年振り?)。

国民宿舎なので、老若男女・ファミリーまで気兼ねなく利用できるのが、子持ちの我が家には嬉しいです♪

 

 

レインボー桜島の立地

その名の通り、桜島に建つ「レインボー桜島」です。

桜島には、鹿児島市内から桜島フェリーで訪れるか(約15分)、陸続きの垂水方面から訪れる2つのルートがあります。

 

桜島にある赤のピンの所が、レインボー桜島です。

f:id:tueko:20220313203518j:image

画像はGoogleマップからお借りしました。

 

桜島には集落が点在という感じなのですが、レインボー桜島がある、桜島西側のフェリーターミナル近辺は、道の駅やスーパー、コンビニがあるので、桜島内でも便利な地域かなと思います。

(詳細は後述)

 

ホテル内

当日は、鹿児島空港に18時過ぎに到着し、それから大隈(おおすみ)半島の垂水(たるみず)経由で桜島入りしました。 

 

空港からは、シトシトと雨の降る寂しい夜道をひたすら南下してきました。

(昼間だと、美しい風景を望む錦江湾沿いの道路です。)

 

レインボー桜島でのチェックインは21時頃でたので、フロント受付は警備員に代わってました。

 

⬇︎翌日の朝の写真ですが、フロントはこんなに広々。
f:id:tueko:20220313210725j:image

 

その横には、高い天井に大桜島の噴火の絵画。

f:id:tueko:20220313210722j:image


ショップ。
f:id:tueko:20220321003700j:image

 

今回宿泊したのは212号室。
f:id:tueko:20220313211057j:image

3階建の低層なホテルの2階、1番端っこのお部屋でした。子連れだと、端の部屋とか嬉しいんですよね♪

 

8畳の和室。我が家が宿泊しているのはいつも、この和室です。(良くも悪くも、よくあるタイプ笑)
f:id:tueko:20220313211102j:image

画像はレインボー桜島公式サイトからお借りしました。

 

とても遅い到着なので、朝食付き1泊のプランです。夕食は、直前に立ち寄ったファミマでご当地ラーメン系をゲットして、部屋で食べました。

我が家は旅でのこういう食事も大好き。笑

 

部屋からの眺望

鹿児島市内に宿泊すると、桜島眺望のお部屋が望まれますが、ここレインボー桜島では、海側のお部屋がメインとなります。

 

24時間運行する桜島フェリーの往来。風情があります♪
f:id:tueko:20220313211105j:image

夏にはこの海から花火が上がります。

この花火と桜島フェリー、そしてこれまた季節限定の納涼船とを一緒に眺める景色は、格別です。

(コロナ禍での花火の実施については、ホテルにお問合せください)

 

遊歩道と、錦江湾を挟んだ対岸に見える鹿児島市内
f:id:tueko:20220313211054j:image

 

アップ 
f:id:tueko:20220313211111j:image

鹿児島中央駅のアミュラン(観覧車)が見える?!(右上)

 

窓の手すり
f:id:tueko:20220313211108j:image

小さい子連れには、こういうちょっとしたプラスαが嬉しいです♪


部屋から廊下にでると、桜島です笑

f:id:tueko:20220314204416j:image

(駐車場には近隣施設の利用者の車。島内の車がここに集中している感じです笑)

 

さつまうまかもん朝食

こーんな手の込んだ朝食でした♪
f:id:tueko:20220313211100j:image

 

観光客には嬉しい、地元産や郷土の味にこだわったメニュー
f:id:tueko:20220313211116j:image

 

お鍋は湯葉
f:id:tueko:20220313211113j:image

関東に住んでいると、湯葉と言って思い浮かべるのは栃木県の日光。笑

 

甑島(こしきじま)産きびなご
f:id:tueko:20220313211119j:image

鹿児島ではよく目にする「きびなご」ですが、こんな小さなお魚をひとつひとつ、包丁で開くんですよ。それを考えてからは、感謝して食べるようになりました。

(左隣に写ってる茶色のは、桜島大根のお漬物)

 

釜炊きごはん


f:id:tueko:20220313211241j:image

f:id:tueko:20220313211243j:image

 

小6長男用のキッズ朝食

f:id:tueko:20220313211918j:image

4歳次男は、私のものをお裾分け

 

大人も子どもも、これにドリンクバーが付いてます。

 

こちらのレストランは、ランチ営業もやっています。桜島内には、飲食店の数はそれほど多くはないので、こちらもぜひランチ候補として加えておいてください。

ここのお食事は、なかなか美味しいとおもっています。(個人の感想)

 

桜島マグマ温泉

なんて素敵なネーミング。笑 興味が湧きますよね。

 

温泉大浴場は、部屋のある建物と一応繋がっていますが、別棟のような所にあるので、部屋によっては結構歩きます。

 

我が家が宿泊した212号室は、大浴場へ向かう階段のすぐ隣りでしたので、とても便利でした。

f:id:tueko:20220313211825j:image

 

階段を降りて行くと、
f:id:tueko:20220313211822j:image

 

大浴場の入口が見えてきました
f:id:tueko:20220313211908j:image

 

宿泊客なので、受付は特に関係ありません
f:id:tueko:20220313211811j:image

 

地下1000mから湧き出るこちらの温泉は赤褐色で、海が近いので塩分含んでます。

(すり傷などがあると、ちょっとしみます。)

 

マグマという名前は、赤褐色だからなのか、活火山の麓の温泉だからなのか、一体、どんな由来なんでしょうね。

 

スーパーマリオ大好きな次男には、ゲームみたいなマグマの温泉なのかな?と期待を膨らませ過ぎたようで、実際にお風呂を見た時には、違うじゃん!という顔をしてました。笑

 

温泉受付の真向かいにある畳の休憩所
f:id:tueko:20220313211819j:image

子どもこの空間好きです笑
f:id:tueko:20220313211848j:image

ここから、こんな間近に、大迫力の桜島!
f:id:tueko:20220313211814j:image

 

立ち寄り湯はこちら側にある入口から。(宿泊客とは別入口)
f:id:tueko:20220313211854j:image
f:id:tueko:20220313211851j:image

⬆︎外には、立ち寄り湯専用の入口

 

レインボー桜島の近くには、レインボービーチという海水浴場があります。

長男の初めての海は、ここです^ ^

こじんまりとしていて、人も多くなく、ちゃんと監視員もいるので。(ただ、海底は貝殻が多いのでマリンシューズ必須です。)

 

で、海水浴後には、こちらのマグマ温泉でスッキリ。

我が家の、夏の良い思い出です♪

 

レインボー桜島をおすすめする理由

桜島フェリーからの/へのアクセスの良さ、そして、ビーチの近さもおすすめですが、それ以外にもたくさんのポイントがあります。

 

スーパーが近い
f:id:tueko:20220313211845j:image

廊下から見たところの画像です。Aコープがあるのがご覧になれますか?

飲み物、おやつなどに。

あれば安心。桜島には何も無いんじゃないか?という不安も払拭♪

その裏手くらいに我が家が夕食を買ったファミマもあります。

 

海釣り公園が目の前
f:id:tueko:20220313211831j:image

⬆︎左手にある桟橋のような所です。レインボー桜島に餌や、レンタル竿があるので、旅行者も手ぶらで魚釣りができますよ。

 

きれいに整備された遊歩道
f:id:tueko:20220313211833j:image

部屋の窓からも見えてましたね。

 

f:id:tueko:20220313212606j:image

⬆︎こんな所を通って行きます。

 

そうやって歩いていくと、こんな眺めに⬇︎
f:id:tueko:20220313211804j:image

桜島が背景のレインボー桜島

 

さらに歩いていくと、⬇︎足湯
f:id:tueko:20220313211900j:image

 

日本最大級の全長100m❗️ 無料です❗️
f:id:tueko:20220313211843j:image

桜島溶岩なぎさ公園という公園にあります。

 

振り返ると雄大な桜島とレインボー桜島を一望
f:id:tueko:20220313211817j:image

 

記念にパチリ
f:id:tueko:20220313211857j:image

ターミナルから出航したばかりの桜島フェリーと、海釣り公園の桟橋と共に。

 

この辺一体は、霧島錦江湾国立公園の一部なんですね。
f:id:tueko:20220313211905j:image

ここに猫ちゃんがいるので、みんな、一緒に写真撮ってます。もれなく我が家も。笑

 

桜島ビジターセンター
f:id:tueko:20220313211839j:image

この公園のすぐ隣。

桜島の噴火のことがよくわかります。

無料ですので、桜島にお越しの際には是非お立ち寄りください。

シアターやかわいいお土産もありますよ。

 

⬇︎すごい迫力
f:id:tueko:20220313211912j:image

 

道の駅「火の島めぐみ館」
f:id:tueko:20220313211837j:image

我が家御用達の道の駅。大好き笑

 

建物に入ると、⬇︎マットがお出迎え笑
f:id:tueko:20220313211903j:image

 

もう、この時点でわくわく
f:id:tueko:20220313211809j:image

 

きのこの山ならぬ、みかんの山
f:id:tueko:20220313211806j:image

冬場は様々なみかんが売ってます。

我が家おすすめは、桜島小みかん。

とてもちーっちゃいのに、とーっても甘い♪

 

子どもたちは、⬇︎しっかり食べました!
f:id:tueko:20220313211920j:image 

 

⬇︎桜島小こみかんを使った門松。桜島っぽい。
f:id:tueko:20220313211914j:image

 

外には、⬇︎何かの葉っぱ。さて、何の葉っぱでしょう?
f:id:tueko:20220313211827j:image

 

正解は…

 

桜島大根!

 

当たりました?笑

 

上記でご紹介したのは、全部徒歩圏なのですよ。(いや、道の駅はちょっと遠いかも笑)

公園なんかは、徒歩圏というよりすぐ隣と言った方が正確な表現かもしれません。

 

なんて言うんでしょうね、せいせいとしたと言うか、兎に角、清々しいです。

心が洗われます。

思い出しただけでも、癒される〜笑

 

まとめ

桜島に宿泊するなら、立地が良いレインボー桜島をおすすめします。

鹿児島市内に宿泊予定の方もたまには桜島泊はいかがでしょうか。

周りにスーパーや公園があるので、チェックイン/アウト後にお散歩が楽しめます。

 

桜島というと、活火山なので、怖いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、噴火口からは数キロあるので、比較的安全のように思えます。

素人ながら、万一の時には逃げる時間は確保できそうと思ってます。笑

でも、私が勝手にそう思っているだけなので、必ず現地の情報に従ってくださいね。

 

基本情報 国民宿舎 レインボー桜島
鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-16
TEL:099-293-2323
鹿児島市内から桜島フェリーで所要時間15分(大人160円/車は別料金)
桜島港から徒歩8分
駐車場:無料
立ち寄り湯:営業時間 10:00 22:00 (大人390円 小人150円)

 


以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀