🍀tue-noie

「中2」と「小1」の年の差兄弟が暮らす「とぅえの家」@東京の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

【函館100万ドルの夜景】が見える山頂レストランで極上の体験✨【オススメ度満点 観光】

コロナ禍の2020年に初めて訪れた函館。

函館と言えば、100万ドルの夜景と称される美しい景色が有名ですが、その時は、函館山一帯にモヤがかかってしまい、夜景を見に行くのはあえなく断念。

モヤの中に消えていくロープウェイをただ見送りました。

f:id:tueko:20240628205938j:image
f:id:tueko:20240628205936j:image
f:id:tueko:20240628205941j:image


ところで、なにゆえ100万ドル?と思いませんか?

ネット情報によると、 100万ドルの夜景とは、神戸の六甲山からみえた夜景の電灯にかかる電気代が100万ドルだったとか。

これが、綺麗な夜景を100万ドルと言うようになった起源のようです。

我が家の解釈は記事の1番最後に。

 

そんなとても綺麗な函館の夜景なので、やはり人気の観光スポット。とても混んでいました。

 

夕ご飯は函館山展望台にあるレストランで食べようかと、下調べもせずに安易に向かったのですが、これが正解。

 

ご飯を食べながら、こんな素敵な函館の夜景を、優雅に、そして静かに、眺めることができました。

 

レストランのメニューは少々割高だったのは否めませんが、レストランの利用価値は大いにあったと思います。

 

ちなみにですが、函館(山)は、北海道のエビのしっぽみたいな所の右側です。

f:id:tueko:20240628204521j:image

f:id:tueko:20240628205758j:image

⬆︎2枚はグーグルマップから拝借

 

 

20:30 函館山ロープウェイ山麓駅

山麓駅は3階建て。

1階でチケットを買って、3階のロープウェイ乗り場へ。

f:id:tueko:20240628172759j:image

 

結構な人、乗れるかなあと思っていたら…
f:id:tueko:20240628172756j:image

 

ロープウェイ内はこんなにゆとりが。
f:id:tueko:20240628172754j:image

それもそのはず。

125人乗りの大型ゴンドラロープウェイでした。(現在5代目)

 

では、山麓駅を出発!
f:id:tueko:20240628172802j:image

少し見えはじめた景色に、これからみる夜景の期待をよせる。

 

海抜334mの山頂まで、約3分のロープウェイ旅です♪

 

 

20:35 函館山ロープウェイ山頂駅

山頂展望台も3階建て。

到着するとすぐに屋上展望台へと促されます。

 

f:id:tueko:20240628172943j:image

1階でロープウェイを降りると、もうこの混雑。

⬆︎画像の右側の列は、下り(帰りの)ロープウェイの待ち列。2階、3階への階段まで続いていました。

 

 

ロープウェイ営業時間 4/20~9/30:上り10:00 〜 21:50/下り最終 22:00

10/1~4/19:上り10:00 〜 20:50/下り最終 21:00

 

ロープウェイ運賃

往復:大人1,800円/小人900円

片道:大人1,200円/小人600円

  • 大人は中学生以上
  • 2歳までの幼児は無料。3歳以上の未就学児は大人1名につき1名無料、2名からは小人扱い。

何れも本日現在の情報

 

 

100万ドルの函館夜景

f:id:tueko:20240628172938j:image
f:id:tueko:20240628172932j:image
f:id:tueko:20240628172929j:image

 

函館の夜景、ほんとに綺麗✨

 

もともとスマホでの写真の撮り方がかなりせっかちなところに、難易度が高い夜景の撮影なので、ボヤけあり。

⬇︎これなんて、もはや芸術。笑
f:id:tueko:20240628172940j:image

 

函館の夜景が綺麗なのを引き立てているのは、この地形もあると思う。

 

トンボロといわれる陸繋砂州。

かつて函館山は、函館湾内に浮かぶ島でしたが、堆積した砂で陸続きになりました。

函館の街はトンボロを埋め尽くしていて、それが美しい夜景を作り出しています。

 

 

上記の夜景は屋上展望台からの撮影ですが…

屋上展望台は⬇︎この混雑ぶり。

f:id:tueko:20240628172946j:image

階段でもう一つ高台まで上れるのですが、そこはもうぎゅうぎゅう詰めでした。

 

 

絶景レストラン ジェノバ

山頂展望台のレストランは1か所のみ。

レストラン ジェノバ

です。

 

2階の端の方にあるので、ここで良いのかな?なんて思いました。

f:id:tueko:20240628183456j:image

 

⬇︎帰りに撮った写真なのでクローズしてますが、オープン時には、ディスプレイには美味しそうなお料理の画像等が映し出されています。
f:id:tueko:20240628183501j:image
f:id:tueko:20240628183504j:image

21時ラストオーダーのところに、20:50に入店した我が家。さすがに他にお客さんはほとんどいませんでした。

今入っていいですか?と事前にちゃんとお断りしましたよ。

 

 

うわぁ!と声がでました。f:id:tueko:20240628183506j:image

ほんの数分前に大混雑の中でみた景色がこの通り。

 

お水も素敵な演出✨
f:id:tueko:20240628183459j:image

この魔法のコースターはレストラン内で販売されてました笑

 

 

お高めメニュー


f:id:tueko:20240628184925j:image

f:id:tueko:20240628184928j:image

f:id:tueko:20240628184941j:image

f:id:tueko:20240628184943j:image


メニューを見た瞬間、少々驚きました。

高!と。笑

多少覚悟はしていたのですが、思っていたのを超えてました。

各メニュー、プラス700〜1000円お高い印象。

 

テーブルに4人と考えると、プラス4000円。

テーブルチャージと思えば良いのですね。

 

確かに、こんな好条件のお席が、一般相場レベルの価格のはずがありませんよね。

 

 

お料理

私と長男の道産牛ステーキピラフ

f:id:tueko:20240628190107j:image
f:id:tueko:20240628190105j:image


f:id:tueko:20240628190231j:image

f:id:tueko:20240628190233j:image

 

オットの海鮮丼

f:id:tueko:20240628190507j:image

 

次男のお子様プレート
f:id:tueko:20240628190504j:image

かに寿司と迷っていたのに、お安いお子様プレートを勧めてしまい、帰宅後に後悔。

 

ステーキピラフ、美味しかったです♪

 

 

レストラン ジェノバは、お得なランチも営業。

昼間のトンボロの景色も素敵そうです♪

 

山頂展望台にはその他、ティーラウンジ レガート(3階)もあります。

レガートは夕方から、ピザや唐揚げなどの軽食の提供があります。

 

 

下りロープウェイと夜景

山頂展望台に到着した時、下りロープウェイの長蛇の列を見ていたので、帰りは恐れていました。

f:id:tueko:20240628192042j:image

列は比較的短かったけど、これだけの人。

何回か乗車を見送らないと乗れないかなーと思っていたが、この3分後には乗車。笑

さすが、125人乗りの大型ゴンドラ。

 

最後に、ロープウェイからの夜景を惜しみながら…
f:id:tueko:20240628192044j:image
f:id:tueko:20240628192039j:image

 

綺麗な夜景をどうもありがとう♪

 

 

山麓駅のチケットカウンターもこの時間だと誰もいませんね。
f:id:tueko:20240628192036j:image

 

 

オススメ度100点満点

函館の夜景がこんなにも美しいとは思ってもみませんでした。

家族全員で感動してました笑

 

そして、レストラン ジェノバでの、贅沢なひと時。

屋上展望台での大混雑を経験したあとでしたので、尚更この贅沢さが際立ちました。

ここで過ごしたこの時間は、とてもかけがえのないものだと思いました。

 

家族でこんな景色を楽しみながら、函館でご飯を食べたのは、子どもたちにはずっと覚えておいてほしいです。

割高ご飯で奮発したし笑

f:id:tueko:20240628213635j:image

 

函館山に行かれた際には、レストラン利用はオススメです♪

 

 

我が家の100万ドルの解釈。

1か月に100万ドル(約1.5億円)を稼ぐ夜景

で満場一致でした。笑

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀