🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

母の日プレゼント♡子供も作れる手作りブレスレット

「母の日のプレゼントはないんだ〜。悲しい?」

と小5長男。

「去年、頑張ってお手伝い券作ってくれたから大丈夫だよ。まだ有効だし😏」

と答えながら、成長してくると、こういうイベントは恥ずかしくなってくるのかな。と思っていました。

しかし、夕食後に、オットと2人で部屋でコソコソ。

「ママ〜!」

と言いながら、今年は、長男手作りのブレスレットをプレゼントしてくれました。

演出までするようになったか! 笑

 

f:id:tueko:20200511203956p:image

きれいな色合いですよね。←親バカ。

何色かあったビーズから、カラーリングを長男なりに考えたのだそう。

で、本人もよく出来た!と自画自賛でした。

実際には、↑写真よりもキラキラしているので、3歳次男が、隙あらば持ち出して大変でした。笑

 

 

用意したもの

  • ビーズ
  • ワイヤー
  • 止め金具

 

ビーズは、100均のものです。

工作好きの長男は、学校の図工用に買ったビーズやスパンコールなどの余ったものを、↓のようにケースに入れています。必要な時には、このまま学校に持っていく時もあります。

ケースも、もちろん、100均です♪ 

f:id:tueko:20200511205310p:image

 

ちなみに、今回は、先日、カラフルなスライムを使った時に残ったビーズをメインに使いました。

www.tue.tokyo

 

 

ワイヤーと止め金具も、自宅にあったもの♪

ペンチも使いました!

f:id:tueko:20200511210834p:image

 

こだわりポイント

手作りブレスレットは、ゴムやテグスなどで作られることが多いですが、長男は、万一、紐が切れてしまうのを心配しました。

で、通常の使用では、絶対に切れないものという理由で、工具箱で見かけたワイヤーを使いたいと思ったそうです。

物に固執する男子、いやいや、物を大事にする長男らしい発想だと思います。

私も、長男が作ってプレゼントしてくれたブレスレットの紐が切れて、ビーズが飛び散るのは見たくなかったので、良かった!

作り方

作り方は、ビーズにワイヤーを通すだけですが、サイズを見るために、一度、↓のようにビニールの紐に通して、長さの確認をしました。

(ブレスレット完成後に再現)

f:id:tueko:20200511212353p:image

手首にはめた感じでは、ビニールの紐だとストレッチが効くので、フィット感は良かったです。ですが、確かに、すぐに切れそうでした。

長男のアイデア、ナイス!かもしれません。←親バカ2。笑

ただ、ワイヤーのつなぎ目のところは、どうしても取り外しができた方が良いと、長男。

オットが釣具のパーツを使って仕上げました。

f:id:tueko:20200511213330p:image

どうしても、取り外せるという機能的なものにしたかったそうです。ここも長男のこだわりでしたね。

オットとコソコソやっていたのは、ここを手伝ってもらうため。母の日のプレゼントを何にするか、から自分で考えたのだから、もうひと頑張りが必要だったかな?!

ま、ここで覚えてもらえれば、それでいいですけどね。

 

なお、ヘアゴムやテグスを用いた場合には、ビーズにそれらを通して結ぶだけですので、とっても簡単です。

この結び目は、アクセントとなっている大きなビーズの穴に入れ込めばOK。見た目もきれいになりますね。

 

最後にまたワンショット。大きなアクセントビーズのクリアバージョン。ビーズをクルクル回してひっくり返したもの。

f:id:tueko:20200511214959p:image

また違った表情のブレスレットになりました♪ ←親バカ3 。笑

 

外にも付けていける色合いにしてくれて、本当に良かったです。

ありものを使って、このためにわざわざお金をかけないのも、私好み! 

さすがは、私の息子!笑

 

 ありもので自作シリーズ▼

www.tue.tokyo

 

 昨年の母の日プレゼント▼

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀