🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

驚きの価格!幻のマンゴー【シャトーマンゴー】をいただきました

f:id:tueko:20200805220713j:image

先日の長男の誕生日より、少し遅れてマンゴーが届きました。送り主は、珍しく、義父から。

(いつもは義母からのことが多い。)

長男のマンゴー好きを覚えていてくれたのでしょうか。

自分の子供(オット)には怒ることができず、下に見ている私(嫁)には強く言うという、いやらしい(と私が思っている)人なので、私は苦手なんですけどね。

でも、送ってくれたものは素直に喜んで、頂戴したいと思います。笑

 

前置きはさておき、いつもとは違う高級感と、聞いたことのない名称。

 

CHATEAU MANGO (シャトーマンゴー)

 

マンゴーって、ブランド化に成功した「太陽のタマゴ」以外のものでも、結構お高いものですよね。

(長男、そんな高いものを好きになるな〜!笑)

そのようなものを送ってくれるだけでも、ありがたいのですが、今回のものは、特別感がありました。

f:id:tueko:20200805220743j:image
f:id:tueko:20200805220747j:image

 

早速調べましたよ。

シャトーマンゴーで調べると、Chateau Mangot(シャトーマンゴー)というワインが出て来てしまう。笑

 

 

太陽のタマゴとシャトーマンゴー

太陽のタマゴとは、

  • 重量350g(2L) 以上
  • 糖度15度以上

 の厳しい基準を満たした、宮崎県産の完熟マンゴー。

 

ちなみに、大きさの基準は、

  • 2L:350〜449g
  • 3L:450〜509g

 


そして、シャトーマンゴーとは、

  • 1本の枝に1個しか栽培されない (通常は5〜6個)
  • マンゴー国内生産量約3,000tの0.2%のみで、市場やスーパーに出回らない
  • シャトーマンゴーを栽培している農家は1件のみ
  • 太陽のタマゴと同じ品種のアップルマンゴー
  • 木の剪定時期や摘果方法、空調管理等々の生産管理方法が異なることで、高い品質を生み出している
  • 日本一厳しい選果基準 をクリア(糖度17度以上他)

 

ランクは、AAA!

f:id:tueko:20200805220648j:image

 

これで、すごいマンゴーだということがお分かりいただけたと思います。

 

驚きの価格

価格も特別感あります!

 

AA    3L(1玉入) ¥ 10,800税込

AA 3L(2玉入) ¥ 21,600 税込

AA    4L(2玉入) ¥ 32,400 税込

AAA  4L(2玉入) ¥ 43,200 税込

(本日現在)

 

我が家のマンゴーの重さは⬇︎


f:id:tueko:20200805215924j:image

f:id:tueko:20200805215921j:image

 

復習になりますが、

  • 2L:350〜449g
  • 3L:450〜509g

ぬぬぬ!

もしかして、我が家のものは、AAAの4Lサイズ?

2箱貰ったので、

¥ 43,200✖️2= ¥86,400❗️

f:id:tueko:20200805220628j:image

 

しかも、大きい!

f:id:tueko:20200805221011j:image

 

いやいや、定年退職後の年金暮らしのじいさんが、こんな金額をマンゴーにかけるはずがない。

ということで、箱をよく見てみると、

f:id:tueko:20200805220544j:image

Lの文字が。

太陽のタマゴとは違う重さの基準なんですね、おそらく。

なので、もっと、お手頃価格だと思います^ ^

ネットでは、Lサイズの価格は調べられなかったので、いくらかな〜?と値段に思いを馳せながら食べました。笑

 

食べた感想

長男とオットは、とても甘いというのが食べた感想でした(月並みな感想で、すみません)。

私は、甘味のなかにもサッパリさを感じたように思います。

コロナにかかって、味覚がおかしくなってるんじゃないの?とからかわれましたけど。笑

 

マンゴー王国 宮崎

生産量を見てみると、

1 位 沖縄県 2,035トン 53.48 % 
2 位 宮崎県 1,188トン 31.22 % 
3 位 鹿児島県 421トン11.07 % 
4 位 熊本県 76.5トン 2.01 % 
5 位 高知県 28.4トン  0.75 %

沖縄県がダントツの1位ですね。

マンゴーと言えば沖縄県でしたが、東国原知事の頑張りで宮崎県のマンゴーも有名になりましたよね。

太陽のタマゴも、このシャトーマンゴーも宮崎県のブランドです♪

 

ご参考まで、我が家が良く旅行に出かける鹿児島県のマンゴーも美味しいですよ。笑

指宿(いぶすき)などの南の方でよく見かけます。

旅行に出かけたら、マンゴーの季節には道の駅をのぞいてみてください。ブランドに拘らなければ、大きくて美味しいマンゴーがお安く売られていますよ♪

 

鉢植えでの栽培

鹿児島県でみたマンゴーの栽培に、最初は驚きました。

少し大きめな鉢ひとつに、1本のマンゴーの木を植えて、ハウス栽培しています。

この方法なら、観賞植物みたいな感じで、室内でマンゴーが育てられるのではないか?と思いました。

自宅でマンゴーが実ったら嬉しいですよね。

でも、マンゴーはうるし科ですので、痒くなってしまいます。ムリですね。笑

☝️うるし科マンゴー属

 

栄養価も高かった

今まで、美味しい!と食べていただけのマンゴー。

栄養価が高かったことを知りました。

  • ビタミンA
  • ベータカロチン
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • リン
  • 鉄 
  • カルシウム
  • ミネラルなど。

この中ではビタミンAが最も多く、ベータカロチンの量は「もも」の約122倍、ビタミンEは「ぶどう」の約18倍だそうです。

 

食べて美味しい♪  栄養価も高い♪  (ついでに値段も高い(≧∀≦))

マンゴーって最強の果物ですね。

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀