🍀tue-noie

小学6年生と4歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

2泊3日子連れ宮古島旅行② 大迫力の飛行機♪ 植物園でカート♪ ずぶ濡れ(>_<) 観光客には残念な夕食(>_<)

 f:id:tueko:20210416224257j:image

初めての沖縄県宮古島で、あまりの海のキレイさと沖縄料理の美味しさに驚愕した1日目も、無事に楽しく終了し、2日目に突入!

 

雨予報だった1日目が、思いがけず青空に恵まれたのですが(結局28℃くらいまで気温上昇し、かなり暑かった)、2日目に雨雲がずれ込んだようで、いよいよ微妙。

 

しかし、宮古島に来たのなら絶対に見ておきたいある場所を訪ねることにしました。

天気を理由に先延ばしした挙句、万一見逃したら元も子もないので。

 

繰り返しになりますが、宮古島はこちら⬇︎赤いピンです。遠いですね。あまりにも遠くて北海道まで映らなかった!

f:id:tueko:20210415202059j:image

(画像はGoogleマップからお借りしてます。)

 

 

8:00 ホテルバイキング

観光で訪れた割には、少々遅い朝食でしょうか。せっかくの島なので、ゆっくりのんびりです♪

f:id:tueko:20210413230700j:image

朝食のみ、ツアー代金に含まれていました。

コロナのご時世なので、バイキングは遠慮したいところなのですが、やっぱり子どもたちは喜ぶので…。

取り分け時には、マスク・ビニール手袋、着用ですし、あまり心配しないようにして結局、楽しく美味しく、いただきました。笑

(他の方もマナーのある方ばかりで良かったです。)

 

10:20 まいぱり宮古島熱帯植物園

f:id:tueko:20210413230837j:image

我が家が宿泊した宮古島アトールエメラルドホテルから車で約15分です。

今回の旅行は天気が悪いかも?ということで、こちらの植物園は観光の候補に入っていました。

ちなみにこの「まいぱり」という名称、これは

  • 東洋一きれいと言われている与那覇前浜=前浜=まいはま

に隣接した

  • 畑=ぱり(宮古島方言ではたけ)

という意味だそうです。

 

f:id:tueko:20210413231043j:image

⬆︎こちらで入場料を支払います。コロナ対策バッチリですね。ここにショップもあります。

 

まいぱりの売りは、電動カートです。我が家はバナナ号♪

トロピカルガイドツアーに参加すると、ガイドさんの説明付きで園内1周、約25分間、楽しめます♪
f:id:tueko:20210413230841j:image

 

運転は、車大好き次男。

というのはジョーダンで、実はこのカートは自動運転なのです。すごいですよね。
f:id:tueko:20210413231032j:image

 

電動で動くカートの周りをガイドさんが歩きながら、説明してくれます。
f:id:tueko:20210413231028j:image

 

パイナップル畑。我が家が訪れた3月はまだ食べ頃ではなく、宮古島のパイナップルは6月〜が収穫時期だそうです。
f:id:tueko:20210413231036j:image

 

電動カートは2台連なって走ります。衝突防止機能が付いてるそうですよ。(前のカートが止まったら、後ろも止まる。)
f:id:tueko:20210413231040j:image

 

左:アボカド、右:バナナ です。


f:id:tueko:20210413231135j:image

f:id:tueko:20210413231138j:image


次はカートを降りて、沖縄県の天然記念物、宮古馬に餌をあげます。

f:id:tueko:20210413231448j:image

 

餌が貰えると分かると、列を成してやってくる宮古馬。
f:id:tueko:20210413231438j:image

 

餌がもう無いとわかると、さっさと戻る宮古馬。笑
f:id:tueko:20210413231451j:image

最初は怖がっていた子どもたちでしたが、最後は「もっとやりたい〜」でした。

 

トロピカルガイドツアーが終わって、ショップへ。
f:id:tueko:20210413231445j:image

 

まいぱりで収穫された島バナナとアテモヤが売られていました。珍しいので購入!
f:id:tueko:20210413231431j:image

 

☝️アテモヤ:バンレイシ(釈迦頭)と、世界三大美果(ドリアン・マンゴスチン・チェリモヤ)のチェリモヤを掛け合わせた南国フルーツ。「森のアイスクリーム」と言われている。

 

このマンゴージュース、ガイドブックのるるぶを見たと伝えるともらえるんですよ♪

我が家はるるぶを持参して、スタッフさんに見せました。笑
f:id:tueko:20210413231435j:image

 

ショップのテラスにあるテーブルでおやつタイム♪
f:id:tueko:20210413231441j:image


f:id:tueko:20210413231634j:image

f:id:tueko:20210413231630j:image

短くて、ずんぐりむっくり。かわいい♡

個体差があるかも知れませんが、甘さの中にちょっと酸味があったように思います。

 


f:id:tueko:20210415205829j:image

f:id:tueko:20210415205832j:image

島バナナの皮が、マリオカートのキャラに似ていたので、思わずパチリ。え?似ていない?笑

(右画像は任天堂公式サイトからお借りしました)

 

 

このテーブルの前にはこんなお庭が広がっています。最後には私も、子どもたちの追いかけっこに参加することに。疲れた〜。

奥にはヤギもいましたよ。
f:id:tueko:20210415213157j:image

まいぱり 〒906-0305 沖縄県宮古島市下地字与那覇1210
TEL : 0980-74-7830
営業時間:
  • 4-9月   9:00-19:00 定休日なし
  • 10-3月 9:00-18:00 水曜定休
トロピカルガイドツアー:
  • 中学生以上 1400円(入園のみ700円)
  • 小学生 700円(入園のみ350円)
URL:https://maipari.jp

 

12:00 伊良部大橋・海の駅

f:id:tueko:20210416224610j:image

(画像はGoogleマップから拝借)

ずっと、どんよりとした雲が広がる宮古島2日目。なかなか太陽は現れませんね。

 

ですので、1日目の池間大橋のようなぶっ飛びの綺麗なブルーではないですが、それでも伊良部大橋、まだまだキレイですね。

f:id:tueko:20210413232205j:image

 

伊良部島に近づくに連れて、どんどん綺麗になって行く海。

f:id:tueko:20210413232104j:image

 

やっぱり綺麗♪ な海。伊良部島で蛍光剤を海に流してる?笑
f:id:tueko:20210413232108j:image

 

こうやって何気に渡っている、宮古本島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」ですが、日本一の長さを誇る橋なんです(無料で渡れる橋として)。

その長さ、実に3540m。2015年1月に開通しました(総工費 約400億円)。完成するのに、約10年もかかったそうです。

 

伊良部大橋を渡り終わると(伊良部島に入ると)、すぐに海の駅があります。


f:id:tueko:20210413232430j:image

f:id:tueko:20210413232434j:image

f:id:tueko:20210413232437j:image

1階が特産品フロアで、2階はオーシャンビューのレストラン。テラスからは、伊良部大橋が一望できます♪

2020年6月のオープンなので、まだ新しい施設ですね♪

 

12:40 宮古島観光で絶対に外せない「みやこ下地島空港」

日本一オシャレな空港とも称されるみやこ下地島空港(2019年3月10日にオープン=24年振りに定期便が就航)。

 

この空港、飛行機の訓練が間近で見られる空港として、航空ファンの聖地と言われているのです。

かつてはJALやANAのパイロットが実機訓練を行い、現在は国内外の航空会社や海上保安庁等が訓練を行っているのだそうです。タッチ&ゴー、見てみたいですね。

 

冒頭で、宮古島では絶対に訪れておきたいと言ったのは、ここ、下地島空港です。

なぜなら、私は隠れ航空ファンだから(隠れというのは、乗るのは怖いから)。

そして、オットはパイロットになりたかったが、視力が悪くて諦めた人。⬅︎飛行機好き。

実はこんな背景があったのです^ ^

 

さて、いよいよ下地島空港です。

日本一オシャレ??と疑心暗鬼のまま、真っ直ぐ進みます。

f:id:tueko:20210413232732j:image

 

なんか、かわいいかも♡ オシャレな予感♪

シーサーがお出迎え。
f:id:tueko:20210413232746j:image

 

車を降りて、空港に歩いて近づくと…めっちゃオシャレでした!
f:id:tueko:20210413232743j:image

 

モダンと現地文化の融合ですね。
f:id:tueko:20210413232725j:image

 

⬇︎レンタカーは、やっぱりブルー系が多い。笑

空港の真ん前は、レンタカー専用駐車場。一般駐車場は、少し離れた場所にあります。

f:id:tueko:20210413233508j:image

宮古島市内までは25分程度なので、宮古島へは下地島空港を利用すればレンタカーが目の前なので楽かもしれませんね。

(宮古空港の場合、レンタカーまでは車で送迎です。)

 

コンクリート打ちっぱなしで無機質な外観とは対照的に、中は、木の温もり感。
f:id:tueko:20210413232750j:image

 

保安検査場入口
f:id:tueko:20210413232736j:image

 

こんなオシャレな休憩所。だれる子どもたち。笑
f:id:tueko:20210413232722j:image

 

おいしそうな軽食(カフェGrab & Go)もありました。
f:id:tueko:20210413232728j:image

昼食が遅れているので、軽くおやつを。

アグー豚ソーセージサンド1つを、昼食前なので4等分して、みんなで食べました。
f:id:tueko:20210413232740j:image

 

インスタ映えしそうなスムージーもありましたが、我が家は宮古島サイダー。(ちょっと節約) 


f:id:tueko:20210413232837j:image

f:id:tueko:20210413232840j:image

ジュースを盗もうとする手が!(次男です。笑)

トイレもこんなにキレイでした。授乳室ももちろんありますよ。


f:id:tueko:20210413232923j:image

f:id:tueko:20210413232926j:image

 

フォトスポットの「さしばの翼」。下地島や伊良部島に飛来する渡り鳥のサシバがモチーフです。

f:id:tueko:20210413233600j:image

インスタ映え間違いなしですね。

 

 

13:50 宮古島観光で絶対に外せない「17END」

う〜ん、やっぱり分厚い曇…。

気分を盛り上げ、もうひとつの絶対に外せない地へ。

17END(ワンセブンエンド)です。

RW(ランウェイ=滑走路)17の端っこということで17エンド。17は170度のことで、北の方角に対する滑走路の向きです。

 

駐車場は10台くらい停められそうです。大型バス用もあるんです。人気ですね。

f:id:tueko:20210413233233j:image

 

これより先は車両通行止め。2年前までは車でこの先にも入れたそうですが、怖そう。笑f:id:tueko:20210413233230j:image

 

ひたすら歩きます。
f:id:tueko:20210413233220j:image

 

10分程歩くと、17ENDに到着。滑走路のライトが見えますね。

f:id:tueko:20210413233259j:image

 

後ろを振り向くと、海。本当に滑走路のEND でした。笑
f:id:tueko:20210413233252j:image

 

本当に偶然なのですが、ちょうど羽田からのスカイマークの到着時刻!

風向きにより、こちらのENDから着陸なのか反対側からなのか決めるのですが、その情報は一切なし。

来るかな〜? 来るかな〜?

 

来たー❗️

 

まるで、インベーダーの侵入 ⬅︎古い?笑

f:id:tueko:20210413233236j:image

 

近づいてきた❗️
f:id:tueko:20210413233240j:image

 

頭上を通過❗️ カッコ良すぎ❗️大迫力❗️
f:id:tueko:20210413233217j:image

 

ほんの一瞬の出来事でした。

 

我が家の他、2組が着陸を待っていましたが、みんなで「良かったですね〜」と言い合って解散しました。

 

そんな、喜んだのも束の間、とうとう雨が降り始めました。

雨というより…傘が意味を成さないくらいのスコールと表現した方が適切です。笑

お陰様で、全員、全身ずぶ濡れ…。

子どもの着替えを車に積んでおいて良かった…。

 

実は、17ENDは宮古島でNo.1の絶景ポイントとも言われているのです。

人工的に作られたビーチではあるのですが、晴れた日の干潮は、もう、それはそれは天国のような景色なのですよ。

 

そんな時、一瞬だけ太陽が顔をだしました。

少しはその絶景の片鱗をみせてますよね。
f:id:tueko:20210413233256j:image
f:id:tueko:20210413233302j:image
f:id:tueko:20210413233223j:image

 

17ENDへの行き方は2通りあります。

f:id:tueko:20210416230916j:image

(画像はGoogleマップから拝借)

我が家はAルートです。

空港をぐるっと迂回して17END駐車場まで行き、そこから徒歩10分。

 

一方のBルートは、空港の駐車場を利用し、そこから徒歩で向かいます。

 

実際に歩く距離を比べると、圧倒的にA駐車場からの距離が短いですし、ビーチがありキレイな海の景色を満喫できるので、Aルートをオススメいたします。

 

なお、下地島空港内に、電動アシスト付きのレンタサイクル(3000円/日)があるので、これがあればBルートでもOKですね。

 

17END界隈には、自販、トイレなどは全くありませんので、行かれる場合にはご注意くださいね。

 

宮古島まもる君

f:id:tueko:20210413233227j:image

17ENDの帰りに車窓からパチリ。マスクしてますね。

宮古島内には、こんな警察のようなお人形があちこちにあります。

 

これ、決して誰かのイタズラではありません。

まもる君と呼ばれ、宮古島警察署が設置している警察官型人形なのです。

 

そして、まもる君と呼ばれていますが、ちゃんとそれぞれに名前があって、全員が兄弟の設定です。

 

⬇︎よく見ると、紅一点。まる子ちゃんもいました。
f:id:tueko:20210413233248j:image

 

⬇︎海の駅内でパチリしてました。この目的はまもる君ポスターと子どもたちが写真を撮るため。子どもたちに人気のまもる君でした。
f:id:tueko:20210413233243j:image

 

15:00 伊良部島の本格PIZZA BOTTA(ボッタ)

このモダンなおしゃれな建物。ピザ屋さんです。

「伊良部そば かめ」さんで食べたいオットをよそに、ここ行きたい!と強引に?連れてきたピザ屋さんです。

f:id:tueko:20210413234148j:image

可愛らしい青いシーサー♡ さて、どこでしょう?笑

 

なぜ、こんなにもBOTTAに来たかったかと言うと、

店内はこんなオープンエア。
f:id:tueko:20210413234145j:image

窓側?に備え付けのカウンターテーブルがあるのみです。もちろん、足元にも遮るものはなにもありません。

まさに自然との調和ですね。

 

そして、目の前には、「日本の渚100選」にも選ばれた景勝地、「佐和田の浜」が広がっているからです。
f:id:tueko:20210413234156j:image

浜へは、店舗の横道から降りることが可能です。

 

食後の写真ですが、お席から見ると、こんな景色。
f:id:tueko:20210413234152j:image

(夏場の空調はどうなっているのだろう…)

 

点々と、岩が転がる不思議な光景ですが、これは1771年の津波により打ち上げられた「津波石」と呼ばれるもの。実は、海底から運ばれたサンゴ礁です。

 

宮古島には、周りの小島を結ぶ3つの大橋がありますし、特に伊良部島なんて、高台が無さそうですので、津波が発生したら怖いなと思っていました。

250年前ではありますが、大津波、あったのですね…。(旅行中、ちょっとブルーになる。笑)

 

さて、気分を変えて♪

 

子どもたちの宮古島産マンゴーシェイク。

大人たちは、まいぱりで知った沖縄の和ハーブティー、月桃茶を景色と共に。


f:id:tueko:20210413234259j:image

f:id:tueko:20210413234302j:image

贅沢なひと時♪

 

店内のピザ窯で焼いた本格派のピザです。観光地にあるからと言って、手を抜いたものではありません。満足できる一品です。

f:id:tueko:20210413234529j:image
f:id:tueko:20210413234540j:image

 

食事を堪能していると、下地島空港を離陸する飛行機も! (見えますかね?)
f:id:tueko:20210413234546j:image

 

実は、BOTTA店舗の隣りに真っ赤な建物があります。BOTTAオーナーのご自宅かな?笑

まだ日本国内に少ない真っ赤なテスラも止まっていたので、BOTTA、儲かっているのですね。笑

 

伊良部島の本格PIZZA BOTTA(ボッタ) 住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田1726-4
TEL: 0980-78-5010

営業時間:11:30 - 16:00 火曜日定休

 

他にも、伊良部大橋を渡って下地島に向かう252号線沿線には、おしゃれな「ブルータートル」やホテルが建ち並んでいるので、ご参考まで。

真っ青な海と、白亜の?建物が、南国リゾート感を醸し出しています♪

 

 

16:50 与那覇前浜ビーチ

東洋一綺麗と称される与那覇前浜ビーチにも寄らなくちゃ! 笑

 

今回は割愛する来間大橋も一望。

ちょっと天気が悪いので、良さが伝わらないかも。

f:id:tueko:20210413234505j:image 

 

こんなパウダーサンドの砂浜が7kmも続きます。
f:id:tueko:20210413234543j:image

その途中には、東急ホテル&リゾートがあり、一部リゾートビーチのようになっています。一度は泊まってみたいなぁ。

 

ここの駐車場に車を停めた瞬間、またスコールが降りました。17ENDで学んだので、パラパラの段階でも車内で待機です。

案の定、パラパラの段階でビーチに向かってしまった他の観光客は、ずぶ濡れで車に戻ってきてました。

南国の雨を舐めてはいけません!笑

 

 

17:20 A COOP下地店

お土産はリーズナブルなお値段の地元スーパーで!

観光地のスーパーでは、お土産品を取り扱っていることが多いです。
f:id:tueko:20210413234518j:image

ここでも大雨。私と次男は車で待機。

 

17:50 久松集落の赤瓦屋根

f:id:tueko:20210413234513j:image

沖縄文化は見ておきたいので、噂を信じて車でグルグル。(要は適当に行ってみました。笑)

こんな赤瓦の住宅が数件建ち並んでいるのを無事、発見。見れて良かった!

 

19:30 いなまる食堂

観光も買い物もひと通り済ませ、ホテルに戻ってひと休憩。

前日、宮古島でのレストラン予約困難な状況を体験しましたので、市街地に行くのもやめました。

いよいよ夕食難民ですね。

 

疲れていたこともあり、宿泊先のホテルアトールエメラルド宮古島の斜め前にあるラーメン屋さんに向かうことにしました。
f:id:tueko:20210413234536j:image

 

ラーメン大好きな長男は大喜びなのですが…宮古島での最後の晩餐が北海道ベースのお店になることに…苦笑

 

長男の北海道ラーメン
f:id:tueko:20210413234533j:image

 

沖縄塩というラーメンがあったので、私と次男はこれ。
f:id:tueko:20210413234521j:image

 

オットは、ザンギ(北海道の唐揚げ)とミニいくら丼。笑
f:id:tueko:20210413234510j:image

 

4月下旬からは沖縄料理も扱うとのことですので、ぜひ、そうしてください!
f:id:tueko:20210413234524j:image

 

でもこちらのお店は、個室タイプのお座敷があったので、リラックスできましたよ。もちろんおいしかったです!

 

この後、ホテルのショップでお土産を調達して、(子どもたちは大はしゃぎして遊んで、) 就寝しました。

 

2日目の感想

宮古島2日目は、伊良部島とそれに隣接する下地島をメインに観光しました。

 

オシャレな下地島空港と17ENDでの大迫力の着陸シーン、そして佐和田の浜を眺める絶品ピザのBOTTA。

これは東京に戻ってからも、何度も話題に登るほど好印象の場所でした。

 

2日目に訪れた所⬇︎

 

ただ…

やっぱり、キレイなブルーの海と天気の良さは比例関係。

宮古島いちとも称される17ENDビーチを、晴れた時に見たかったなぁというのが正直な感想です。

いつか、晴れた日に、下地島空港への直行便に乗ってやる!笑

 

でも、ここでずぶ濡れになったことや、北海道ラーメンを食べたことも、今となっては楽しかった良い思い出となりました。

旅での体験に、ムダはないですね!