🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

ランドセルのままOK!小学生にはモンベルのキッズ レインポンチョがおすすめ♪

f:id:tueko:20200620195415j:image


長男が年長まで着ていたこのフェリシモのポンチョ。今は、次男がしっかりと受け継いで着ています♪

f:id:tueko:20200620185740j:image

ポンチョは、小さい子供でも、さっと被せて着せるだけなので、とても簡単。

ママのおたすけアイテムです。

 

このフェリシモ(FELISSIMO) のポンチョは、耳付きなので、幼児が着るにはとてもかわいいのですが、小学生の男の子が着るにはかわいすぎ。

ということで、長男が小学校入学と同時に新しいポンチョを購入しました。

購入したのはこちら、モンベルのトレッキング キッズ レインポンチョです。

f:id:tueko:20200620200618j:image

 

 

ポンチョにした理由

  • 小1は大きな傘が上手に持てない
  • 通気性が良い
  • 動きやすい

 

小学1年生は、まだ大きな傘を持つことはできませんよね。ですので、雨が強く降ると、小さい傘では洋服が濡れてしまいます。また、傘をさすのも、大人のように上手ではありません。

 

f:id:tueko:20200620202527j:image

(小5の今は着ていませんが、モデルは長男)

よく雨が降る梅雨の時期。レインコートやカッパだと、身体にフィットした作りですので、着ると暑いですよね。

ポンチョでしたら、ゆったりとしているので、通気性が良く、ムレにくいです。

 

ゆったりという時点で、動きやすい。笑

 

そのような理由で、我が家は、小学生の登校にポンチョを着せることにしました。

なお、雨の降り具合をみて、傘も併用しますよ!

 

モンベルのキッズレインポンチョを選んだ理由

  • ランドセルごとすっぽり
  • 反射テープ
  • 細部に使いやすい工夫
  • コンパクト収納・持ち運び便利
  • アウトドア用品メーカーならではの素材

 

ポンチョと言っても、たくさんの商品があって迷いますよね。ネット検索していて、見つけた瞬間、これだ!と思いました。

その時の写真がこれ⬇︎です。

f:id:tueko:20200620203723j:image

(写真はモンベル公式サイトからお借りしましたm(_ _)m)

ご覧の通り、ランドセルごとすっぽりと、かぶることができるのです!

これであれば、ランドセルに雨がかからず、教科書などが濡れる心配がありません。

長男がちょうど小学生になったばかりでしたので(毎日、ランドセルを背負うようになった)、これが、我が家がモンベルに決めた最大の理由です。

 

次に、背中に反射テープ。これなら、夕方暗くなってしまっても、車のライトで光るので安心です。

f:id:tueko:20200620184508j:image

(左胸にあるモンベルのロゴもライトで光る反射ロゴです!)

 

その他、色々なところに工夫がなされています。

 

モンベルのキッズ レインポンチョは、ランドセルやリュックを背負うことが前提で作られていますので、後ろの丈が長く作られています。

そのため、後ろの裾が地面に付かないように、ホックが付いているんです。

⬇︎左:ホックをとめていないそのまま。右:ホックをとめて短くなったもの。


f:id:tueko:20200620185504j:image

f:id:tueko:20200620185508j:image

これなら、成長に合わせて、長さを調節できるので、経済的ですね。

袖についたゴム製のループ。

f:id:tueko:20200620185841j:image

これに手首を通せば固定されるので、手がどこかに行ってしまうということもありません。

小1くらいですと、ポンチョの変なところから手を出してたりもしますよ。笑

 

フードに調節コード(ひも)が付いているので、これを引っ張って調節すれば、フードをしっかりかぶることが可能です。

⬇︎写真(左)に写っている調節コードを引っ張って、首元のボタンをしめたのが、写真(右)。


f:id:tueko:20200620195322j:image

f:id:tueko:20200620195325j:image

写真(右)は、フードと共に、しっかり頭・首回りを覆っていませんか?

 

ポンチョのメリットのひとつ。

バンザイして、フードを引っ張り上げれば、はい!脱げました!笑

ほんの5秒で脱げますよ。


f:id:tueko:20200620190241j:image

f:id:tueko:20200620190317j:image

(このモデルは、3歳次男)

 

そうして、首元についたループを引っ掛けて、乾かすことができます。


f:id:tueko:20200620190444j:image

f:id:tueko:20200620190447j:image


我が家は、100均で買ったフックを玄関ポーチにある柵に付けていますので、濡れたポンチョはここで脱いで、これに引っ掛けて乾かしています。

f:id:tueko:20200620195245j:image

これなら、玄関の中が濡れて、汚れてしまうこともなし♪   

フードを引っ掛けるだけでは、風で飛んで行ってしまいそうなので、ポンチョの首元に付いているループ、助かってます。笑

 

付属のバッグに入れてしまえば、わずか、10センチ程度でとてもコンパクト。持ち運びにも、しまうのにも嬉しいですね。

f:id:tueko:20200620195502j:image

なお、我が家のポンチョは、キッズ95-125cmサイズ。重さもわずか、160gです。

 

小学生になったら、ちょっと良いもの・かっこいいものを着せてあげたいですよね。

モンベルなら、この点もクリアです。笑

これを着た本人の自覚も変わってくるかも?!笑

モンベルは、アウトドア用品メーカーということで、ポンチョの素材にもこだわっています。

ハイドロプロ®は、モンベルオリジナルの高耐水圧ポリウレタン樹脂防水コーティングです。縫い目にも同素材のシームテープ処理を施すことで、抜群の剥離強度と耐水圧向上を実現。
耐水圧:10,000mm  

(モンベル公式サイトより)

 

☝️耐水圧:しみこもうとする水の力に、生地が、どれくらい耐えられる防水性を持っているかを表す。

耐水圧10,000mmの目安は大雨。

傘の耐水圧は250mm程度。

 

子供に着せるのにも、安心のモンベルですね。

モンベル トレッキング キッズ レインポンチョ

 

◯その他

我が家は、長男が小1の時には、年長から引き続き、ダークグリーンのレインブーツ(GAME)を履いていましたので、ポンチョも同じ色でコーディネートしました。

 

 

ですが、今はイエローとスカイブルーの2色展開のようです。

また、同じデザインで、

  • 110-140
  • 125-155

のサイズがありますので、成長や用途に合わせて買うことができますね。

 

もし、年中・年長くらいで、ポンチョの購入を検討されているのであれば、小学生になっても使うことを視野に入れて、このモンベルのキッズ レインポンチョをおすすめします♪

 

 

1〜3歳くらいだと、やっぱりかわいらしいポンチョもいいですね。

f:id:tueko:20200620195457j:image

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀  

 

www.tue.tokyo