🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

【オンラインピアノ教室】グレード試験は録画で合格❗️

コロナ感染者数の激減には正直、驚いています(喜ばしいことですが)。

コロナは、本当に紫外線に弱いのでしょうか。5月って、真夏並みに紫外線が強いと言われていますよね。

いや、我々国民の自粛生活の結果です!よね?笑 

 

普段のオンラインレッスンの様子

さて、小5長男のピアノ教室は、緊急事態宣言後からは、オンラインレッスンを実施しています。

レッスン前日に、宿題曲を演奏した録画を送り、大体の練習具合を把握してもらってから、当日のレッスンに臨んでいました。

 

レッスン中は、長男は普段通りピアノを弾き、先生は、それを聴いて指導のみ行っています(先生はピアノを弾かない)。

それを、私がスマホのLINE(ビデオ通話)で繋いで撮影しています。

 

長男がピアノを弾いている時には、長男の手元を撮影し、先生のご指導の時には、長男の顔が映るように画面を切り替えるという、私がとても忙しい状態になっています。笑

 

迷いの後に救いの連絡が

そんな中、前日、グレードの試験が実施されました。元々は4月中の予定だったのですが、緊急事態宣言があり、5月に延期されたものです。

実施するのかどうかをギリギリまで検討していたようで、日程が決まったのは5月に入ってからでした。

グレード試験を実施すると聞いて、正直、こんな中、やるの?というのが、第一の感想でした。

 

長男本人は受ける気満々ですし、すでに受験料も支払っています。ですので、受けさせるのを前提に、当日はどのような運びでやるのかだけは、確認しておきたいと思い、先生に連絡しました。

返事は、通常は、レッスンが行われている教室に、審査員と受験者(3人ずつ)が集まって行われますが、今回は、1人ずつ対応するとのこと。

審査員のマスク着用やソーシャルディスタンスが保たれるのかどうかについては、話はありませんでした。

 

広いレッスン教室ではないので…どうしたものか、と思案していたところに、再び連絡がありました。

長男のみ録画を送ってもらえれば良い。

 

やったー❗️ 言ってみるものだ❗️

と思いましたよ。

(きっと、うるさい奴だと思われたことでしょう。でも、もしコロナにかかったら訴えてやる!と思っていました。笑)

 

ただ、他のみんながわざわざ来ている中で、我が家だけ録画ですので、その分、減点されたら嫌だな。とは思いました。

(実際、評価ってそういうところありますからね。)

あと、先生も、録画の方が手元がはっきりわかるから、しっかり練習しておいた方が良いとも仰っていました。(ごまかせないということ。)

そういうのもあり、一瞬迷ったのですが、録画で受験することにしました。コロナには逆らえない。

 

土曜日がグレード試験だったのですが、早めに、木曜日の夜には、送信完了させました。

いつものレッスンの先生ではなく、ピアノ教室を経営している先生にです。

メールでしたので、データが重い録画は、送信に苦戦しましたー。

なお、送信の際は、録画をOKにしてくれたことに対して、丁重なお礼を付け加えることは忘れませんでしたよ。(ここ大事。笑)

 

ビデオ講評

当日は、長男の受験が予定されていた11:30には、

「本当だったら、今頃、受験してたね〜」

なんて話をしながら過ごしていました。

夕方、いつもレッスンを受けている先生から、1本の録画が送られてきました。

審査員の講評でした。

わぁ!そんなことまでしてもらえるの? という感じで、嬉しかったです。

(先生方、ちゃんとマスクしてました。笑)

 

そして翌日。

合格🎉

の連絡がありました。良かった〜。

実は、講評の中で、今後の課題になるようなことを指摘されたのです。16分音符の練習の仕方など。

こんなことを言われたのは、はじめてだったので、長男は、「不合格だったのかも」と少し心配していたのです。

ですから、先生もすぐに連絡をくださったみたいです。ありがとうございました!

 

スマホでのオンラインレッスンだけでも、すごいー!って感じでしたのに、グレード試験まで、在宅で受けられるなんて、なんてすごい世の中だ!と思いましたよ。笑

試験結果の詳細はまだ聞けていないのですが、取り敢えずは、合格できたので一安心です。

 

なお、ご参考までですが、試験の審査員は、本部からやってきますので、その点は安心です。しかも、毎回、違う方です。

まっさらな目で、演奏を評価してくれますからね。

 

www.tue.tokyo

 

 以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀