🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

投資の基本『お金は銀行に預けるな』(情報共有)

30過ぎくらいの時に、投資に手を出して失敗した経験があります。投資額は他の事でリカバリーできる金額でしたが、かなり痛かったです。その時は大した勉強もせずにえい!と行動に移してしまったのですが、今思うと、正に、若気の至りです。

育休中で少々時間が自由になりますので、基礎から学び直すことにしました。読めば読むほど、開始は早い方が良いように思えますが、何もやらないよりはマシだと思いますので。

それに、息子たちの時代は金融リテラシーが今以上に大切になっているでしょうから、親として正しい知識を持っていれば、良い方向に導けるかもしれません。

投資の入門書として最適だと思います 

f:id:tueko:20190123191144p:image

こちらの勝間和代さんのご著書は、普段、目にする金融用語が、簡単な言葉でわかりやすく説明されています。そして、実践として道筋を教えてくれていますので、まずはこの通りにやってみて良いんじゃないかなと思いました。

ただ、古い本でもありますので、内容も一部、当時のものがあります。しかし、そこを除いても、とてもわかりやすい基本の1冊だと思います。

内容はこんな感じです

私のメモ(備忘録)として、情報をピックアップしてまとめてあります(順不同)。参考程度でどうぞ。

投資信託

  • ファンドを小口化したもの
  • 多くの投資家から集めたお金をプロが投資する
  • 不動産に特化したREIT、海外国債のグロソブなどもある
  • 購入時に1〜2%の手数料と、年に1〜2%の信託報酬(維持費)がかかる
  • リスク分散のため、分散投資する。手数料のデメリットあっても理にかなっている
  • 投資信託には分散投資が予め備わっている
  • どれを選ぶかわからない人は、株式、債権、円貨、外貨モノがパッケージとなっているバランス型投資信託が良い
  • 急激に上がったものは、急激に下がる可能性あり 
  • 年間リターンの目安は5%で上出来
ノーロード

売買時に手数料がかからない投資信託。信託報酬はかかる。

インデックス投信 
  • 手数料が極端に低い
  • 「日経225」とは、225種類の株を市場から選びその平均株価を指数化したもの
  • 「日経225インデックスファンド」は日経225に近づけるように構成されている
  • 手数料が安くて平均的な利回りのものにする。金融面からは金利の低い円貨定期に入れっぱなしよりは、リスクの少ない運用方法
REIT(リート)不動産投資信託
  • 主力金融商品になる?!
  • 利回り高い
  • 一部の借入金の金利が上昇すると、不動産部分の金利が上昇しない
  • オフィスビルが供給過剰になり空きが出たり、賃料が下がった時は予定利回りが下がる
グローバルソブリン債(グロソブ債)
  • 日本よりも金利が高い各国の政府が発行した債権に分散投資
  • 金利差と為替差の両方を享受
  • ニュージーランド、オーストラリア等G7に入っていない、債務不履行や政治クーデターが起こりにくいところが狙い目
資産四分法
  • 国内債券、国内株、海外債券、海外株に分散

外貨預金

  • 外貨預金は2重の手数料がありすすめない。円→外貨、外貨→円、それぞれ片道に50銭〜1円のスプレッド(買値と売値の価格差)がかかる

FX

  • 外貨預金よりはFXをすすめる
  • 一定の証拠金でその何十倍かの外貨を買う
  • スワップポイントとは、通貨の交換をする際に生じる金利格差のポイント
  • 1ドルの買いにつき利息は1日1銭ちょい→1年間で約5円の金利がつく。3〜4円の円高でも損しない
  • 店頭より取引所取引の方が手数料が安い。くりっく365
FXのメリット
  1. 手数料が外貨預金より小さい 
  2. 市中金利がそのまま適用されるので、定期より高い
  3. 少ない元本で多くの外貨を買うのと同じ効果が得られる

ただし、為替の動きは誰にもわからない。

æ ª

  • 個人が機関投資家に勝つには、デイトレードのような小回りで小さく設けるか、中小型のバリュー株と言われる小さ過ぎる株を買うことぐらい
  • 株式に投資する割合を決め、その中で株式のインデックス(市場平均値)に連動した投資信託や上場株式(ETE)を買う←自分で判断せずに投資する

私は2回読み直しました。