🍀tue-noie

「中2」と「小1」の年の差兄弟が暮らす「とぅえの家」@東京の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

【ハリーポッター@としまえん③】スタジオツアー東京♪ 待望のツアー全貌と所要時間【ツアー編】

f:id:tueko:20230726230414j:image
2023年6月16日にオープンした

ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング・オブ・ハリー・ポッター

略してスタジオツアー東京

に行ってきました。

 

前回の記事でご紹介した魔法の杖を持って、いよいよツアーに参加します。

www.tue.tokyo

 

 

このツアーは、最初は予約時間毎の団体で動き、その後は自由に動き回るというスタイルのツアーです。

そして、最低でも4〜5時間かかるほどのボリュームのあるツアーで、人によっては、自由に動き回る部分で何往復もし、それ以上の時間をかけるそうです。

スタッフさんから最初に聞いた時には絶句しました笑。

 

スタジオツアー東京に行かれる場合には、スニーカーや履き慣れた靴をオススメします♪

 

実際、我が家も、ツアーだけで4時間かかりましたが(ご飯の時間も含む)、時間は足りなかったと思います。

 

 

体験できるコーナーもあるので、それもあわせてご紹介していきますね♪

 

 

ツアースタート

我が家は17時のツアー予約なので、時間になったら集合場所(ロビーにある⬇︎白矢印の所)へGO!

f:id:tueko:20230726230709j:image
f:id:tueko:20230726230717j:image

⬆︎アップ写真。左下がツアー入口。

 

同じ17時予約の人たちが続々と中に入っていきます。

(17時予約の最終入場は17時30分)

 

わあ! ツアーに入って初めてみるハリーポッター。

f:id:tueko:20230727205044j:image

 

さらに進んでいくとこんなパネルだらけの部屋。
f:id:tueko:20230727205047j:image

f:id:tueko:20230729160947j:image

 

そして、次の部屋に続くドアを前に、みんなで待機します。

 

待つこと2〜3分。

ドアが開いて、次の2つ目の部屋に入室。ここから撮影禁止です。

 

真っ暗な部屋の中、スタッフ(スタジオツアー東京ではインタラクタという)さんのお話と、頭上ディスプレイで繰り広げられるスタジオツアーのイントロダクション。

 

ハリーポッターの作者J.K.ローリングや、日本語吹替版でハリー・ポッターの声を務めた小野賢章さんも登場します。

(撮影禁止は肖像権の問題か)

 

それが終わると、また前面のドアが開き次の部屋に移動します。3つ目の部屋は劇場(シネマ)スタイル。みんなで座って映像をみます。

 

そして、次、4つ目のお部屋は…。

 

 

1.大広間

f:id:tueko:20230727230308j:image

大広間への扉が開いた時には、お〜!と歓声が上がりました。笑

⬆︎画像は公式サイトからお借りしました。なぜなら、興奮状態で私が撮った写真は⬇︎なので笑。

f:id:tueko:20230727212749j:image

自宅に帰ってこの写真を見た時には愕然としました…。

 

この大広間への扉を、団体の代表として私と長男が開けさせてもらって、撮った写真だったので。つまり、一番乗り!の写真…。

 

大広間への扉は、誕生日の人が開けることができます。ちょうどその日は誕生日の人がおらず、7月生まれの人に拡大。

そういうわけで、私と長男がドアを開けることができました^ ^(なんか棚ぼた的で嬉しい笑)

 

今までこういうのは優先的にやらせてもらっていた次男は、ちょっと不満気。笑

 

 

大広間からは自由行動OK、写真撮影OKになります。


f:id:tueko:20230727214005j:image
f:id:tueko:20230727212753j:image

f:id:tueko:20230727212309j:image

 

ここからは、このマップに沿って見ていきます。

f:id:tueko:20230729122312j:image

 

 

2.大理石の階段(体験♪)

f:id:tueko:20230727212653j:image

f:id:tueko:20230729162437j:image

本当に動く階段♪

 

体験♪

ここでは、肖像画を撮ってもらえます♪
f:id:tueko:20230727212650j:image

⬆︎真ん中の肖像画が我が家。

 

ツアー中の体験をやるには、準備しておいたQRコード⬇︎を表示してピッ!

f:id:tueko:20230729165149j:image

 

 

3.ホグワーツライフ(体験♪)

グリフィンドール談話室

f:id:tueko:20230729161117j:image

 

男子寮

f:id:tueko:20230727223139j:image

 

スリザリンの談話室

f:id:tueko:20230727213118j:image

 

スリザリン談話室の座って良いソファ♪
f:id:tueko:20230727213121j:image

 

体験♪

クィディッチの観戦体験ができます。グリフィンドールvsスリザリンの対戦を応援する観客になって、映画のワンシーンに。

 

☝️クィディッチ:魔法界の人気スポーツ

 

⬇︎結構並んでますね〜。でも5分も待ったかな。

f:id:tueko:20230727230259j:image
f:id:tueko:20230727224614j:image

インタラクタの指示に従って動作をし、出来上がった動画がこちら⬆︎。左端がスリザリンを応援する観客に扮している我が家です。

この動画はダウンロードも可能。

 

 

ダンブルドアの校長室(左)

f:id:tueko:20230727213149j:image

f:id:tueko:20230729161348j:image

 

記憶を再現するための、憂いの篩(ふるい)

f:id:tueko:20230727233716j:image

 

 

4.衣装と小道具(体験♪)

魔法の杖

f:id:tueko:20230727233630j:image

 

体験♪

オリジナルのデスイーターのマスクをデザインすることができます♪

作ったマスクは、周りに展示されているデジタルパネルに表示されます。

f:id:tueko:20230729153453p:image

⬆︎画像は公式サイトからお借りしました。

 

 

5.ホグワーツレッスン(体験♪)

体験♪

闇の魔術に対する防衛術の教室では、インタラクタが実際に防衛術を教えてくれます。

「ステューピファイ」を唱えてデスイーターを退治!

 

その他、こちらのコーナーには、みぞの鏡(鏡をのぞき込んだ人が見たいものを映す鏡)や、図書館があります。

 

ヴォルデモート卿

f:id:tueko:20230727233308j:image

f:id:tueko:20230729132033j:image

⬆︎我が家が買った杖のうち、真ん中の白い杖が長男のヴォルデモートの杖。

 

 

6.禁じられた森(体験♪)

ホグワーツの生徒は入ることができない、禁じられた森に入ってしまうのだ〜。

f:id:tueko:20230727222813j:image

ふわふわの床で不思議な感じ。


f:id:tueko:20230727222808j:image

 

体験♪

ここでは、画面に向かって杖を振って、守護霊(パトローナス)を呼び出すことができます。

 

 

7.ハグリットの小屋

f:id:tueko:20230729161253j:image

 

小屋の中には入れないのですが、中を覗くことは可能です。

 

f:id:tueko:20230727225035j:image

⬆︎オフィシャルガイドブックから借用

 

 

8.バックロット

こちらは屋外です。17時からツアーに入ったので、この頃は、外はもう暗くなってますね。

 

ホグワーツ橋

f:id:tueko:20230727213307j:image

巨大な魔法のチェス

f:id:tueko:20230727213735j:image

 

夜の騎士バス

f:id:tueko:20230727214234j:image

 

プリベット通り4番地 

これはハリーポッターが幼少期に住んでいた家。

f:id:tueko:20230727213434j:image

日本の家屋かと思った笑。

 

ここも常に長蛇の列ですが、5分も並びません。
f:id:tueko:20230727213427j:image
f:id:tueko:20230727213448j:image
f:id:tueko:20230727213437j:image

階段下のハリーポッターの寝床。

うわ、狭っ!と思うのですが、狭いマンション暮らしの我が家は、こんな空間でも個室としてあった方がマシだなと思う。

(偶然にもオットも同じことを思っていたらしい笑)


f:id:tueko:20230727213444j:image
f:id:tueko:20230727213431j:image
f:id:tueko:20230727213441j:image

 

9. 9と3/4番線

f:id:tueko:20230727213937j:image
f:id:tueko:20230727213940j:image

本物のロンドン「キングス・クロス駅」みたいですね。

f:id:tueko:20230727213943j:image

 

ホグワーツ特急の撮影スポットは、長蛇の列。我が家はスキップしました。

 

これから乗車します♪

f:id:tueko:20230727222841j:image
f:id:tueko:20230727213926j:image

 

⬇︎特急の最後尾にあるドア。
f:id:tueko:20230727213930j:image

ガチャガチャとドアノブが動き、きゃ〜! 笑

f:id:tueko:20230729163618j:image

 


⬇︎魔法界の入口のシーン。やっぱりやっちゃいました!笑

f:id:tueko:20230727214845j:image

 

ここにレイルウェイショップがあるのですが、そこでは入学許可証が買えますよ。

 

 

10.ロンドン魔法省(体験♪)

f:id:tueko:20230727214204j:image

 

体験♪
f:id:tueko:20230727214733j:image

フルーパウダー(煙突飛行粉)を使って通勤する魔法省の職員と同じような体験ができます。

実際に暖炉に入って、フルーパウダー(煙)を全身に振りかけたような写真が撮れますよ。

f:id:tueko:20230805162332j:image

⬆︎我が家が登場するところ♪

 

 

11.クリーチャー製作室

f:id:tueko:20230729161649j:image

f:id:tueko:20230729161656j:image

 

f:id:tueko:20230727221850j:image

トビーと、我が家のトビー笑

 

 

12.ほうきエクスペリエンス(体験♪)

f:id:tueko:20230727214404j:image

体験♪

ハリーポッターファンなら誰もがやってみたいと思うのがこちらの体験ではないでしょうか。

ほうきに跨って空を飛ぶシーンを動画で再現できるコーナーです。

 

我が家もやる気満々でしたよ。

ですが、体験の受付最終が20:30ということで、20:40に到着した我が家はやることができませんでした(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

でもこちらの体験自体は無料らしいのですが、動画などは有料なので、間に合わなくても良かったかなと後で思う私。

だって、絶対に体験だけで終わることがないのが目に見えてますもん。

家族全員分となると、短い動画に結構な出費になりそう。

 

スタジオツアー東京で、体験時の有料ダウンロードは、ここ(ほうきエクスペリエンス)だけです。

 

 

13.ダイアゴン横丁

こちらの横丁は、日本人にも馴染み深い名称ですよね。

ダイナゴン横丁、大納言横丁…ゴホッゴホッ

f:id:tueko:20230727214604j:image

正式名称 ダイアゴン横丁です。

 

 

オリバンダーの店。私のニワトコの杖と共にパチリ。
f:id:tueko:20230727214559j:image

 

f:id:tueko:20230727224725j:image

f:id:tueko:20230729165409j:image

 

 

14.グラフィックアート他

f:id:tueko:20230729230000j:image

f:id:tueko:20230729230004j:image

 

 

15.ホグワーツの模型

f:id:tueko:20230727214647j:image
f:id:tueko:20230727214650j:image
f:id:tueko:20230727214642j:image
f:id:tueko:20230727214639j:image

ツアーの1番最後に、ホグワーツ城です。

美しい✨

 

 

ツアー出口をでると、ワンドルーム(杖のストックコーナー)を経て、

f:id:tueko:20230727222903j:image

 

メインショップの杖売り場の真ん前に出てきました。

f:id:tueko:20230727214907j:image
ショップ内に出るので、そのままお土産の購入♪

我が家はツアー前に見たので、ざっとみるだけ〜。

 

 

プチトラブル

ツアー序盤での、団体移動の時。

部屋に閉じ込められた中、ツアーのイントロダクションを聞くわけですよ。

 

そんな中、次男がポツリと一言。

おしっこ

えー! 今無理だから我慢して〜!

 

何とか持ちこたえ、次の部屋(劇場)に移動した瞬間、今しかチャンスはない!と、インタラクタにお声がけしました。

インタラクタは手際よくレシーバー?でやり取りをし、私たちは裏方に出るドアに誘導されました。

 

上述の通り、ここは劇場スタイルのお部屋です。街中の映画館と同じと思ってもらって構いません。

みんなが一斉に座席に座った後、私と次男は、インタラクタに連れられて、座席と大スクリーンの間を走って通り抜ける構図です。

 

いや〜恥ずかしかった。悪目立ちとはこのことか笑。

 

17時のツアー予約時間にばかり、気を取られていて、1番危険な次男にトイレを促すのをすっかり忘れてしまったのがいけなかったです。

 

ツアーの最初部分は、団体行動の上、部屋に閉じ込められる格好なので、幼児連れの方は特に、ツアー前にはぜひともトイレにお寄りくださいm(_ _)m

 

トイレは、

  • ロビーなどのツアーエリア外に2か所
  • ツアーエリア内に3か所

あります。

 

私と次男は、この劇場での映像は観ることはできませんでしたが、ちょうど映像が終わったタイミングで長男・オットと合流できました。

 

 

スタジオツアー東京の所要時間は?

繰り返しになって恐縮ですが、我が家のツアー予約は17時。

1時間前の16時には建物内に入ってショッピングをしてからのツアー参加です。

 

最後のホグワーツ城を見てツアーから出たのが21時でしたので、ツアーの所要時間は丸4時間でした。

(スタジオツアー東京での滞在時間は5時間)

 

その間、1時間ちょっとは食事とバタービールのひと時を過ごしたので、ツアーは実質3時間程度。

 

冒頭でも記載しましたが、時間は足りなかったです。

 

しかも、また戻るつもりで

  • 5.ホグワーツレッスン
  • 6.禁じられた森
  • 7.ハグリット小屋

はスキップしてご飯に向かったのですが、結局時間が足りず戻ることはできませんでした。

 

5.6.にある体験って、杖を使うものだったんですよ…何のために杖を買ったのかわからない結果となってしまいました。

子どもたちには黙っておこう…。

 

 

スタジオツアー東京は、

 

  • 想像以上に時間がかかる
  • 体験の受付が20:30まで
  • 滞在時間の制限がない

 

ので、早い時間帯の予約をおすすめいたします。

 

ただ結構疲れたので、次男を抱えた我が家はこれくらいで良かったのかなとも思います。

 

 

次回はいよいよお食事編です♪

 

 

 

 

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀