🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

育児のイライラはある意味仕方がない? ["さる"からの学び]

f:id:tueko:20200118181941p:image
いつもおおらかで、優しいママでいたい。なんて思う時もありますよね。

しかし、育児の現実は、そうきれいなものではなく…理想とは程遠い我が家です。

ムキーっとなってしまうこともしばしば。ムキーっだけならまだしも、声を荒げて怒鳴ってしまった後の自己嫌悪なんて、半端なものではありません。

昨年、大分県に家族旅行に行き、高崎山を訪れました。高崎山と言えば、おさるさん。そのおさるさんから、育児のヒントを得ました。

イライラする母親の理由

大分旅行記事でも書きましたが、山の頂上のほうから、大人のさるから子供のさるまで、大小様々のおさるさんが、ピョンピョンと降りてきて、とても可愛かったです。

赤ちゃんを抱っこしているお母さんさるもいました。

そんな光景を微笑ましくみていると、1匹のお母さんさるが、キャーキャー騒いでいました。

何が起きたのかわからなった私達は、何だろうと見ていたのですが、一緒に見ていたスタッフさんが説明をしてくれました。

お母さんさるが、子供に怒っている。

四六時中、まとわりつかれているから、少しは離れていなさい!と、子猿をつけ離しているのだそう。

だけど、子猿は、ママがいい〜と、またひっつく。それを、また母猿は、うるさい〜とつけ離す。

お母さんさるのキャーキャーは、こんなやり取りだったんですね。

普段の自分を振り返ってみた

2歳の次男。まだまだ小さくて、私にべったり。まとわりついてきて、スマホでメール1本すら送れない時もあります。

そんな時、確かにイライラしてます。

また、夕食後や週末などは、ひとりでゆっくりさせて!とイライラする時もあります。

そしてそんな時は、なんて自分のことしか考えられないダメなお母さんなんだ。と、あとで反省したりしてました。

動物として当然の反応なのか

高崎山のおさるさん親子の行動について、スタッフさんから説明を受けて、思いました。

  • 動物が育児でイライラするなら、人(間)がイライラするのも当然かも。
  • 動物の行動は、本能的なものなのだろうから、おそらく自然な行動。
  • 人間も同じ動物だと考えたら、人間がそうなるのも仕方がない。しかも同じ霊長類。

変な怒り方をしなければ、育児・子育てでイライラするのも仕方がないことかも。と受け入れることにしました。

こう思っただけでも、心に少し余裕がもてました♪

ですが、許容範囲はなるべく広く保っていたいと思います。

ただ一方で

次男にまとわりつかれて、うれしー!と思ってしまうことも。

イライラしたり、喜んでみたり、ほんとに自分勝手ですよね。

やっぱりこれって、ママの心に余裕があるかどうかで違ってくるんでしょうね。

会社やオットの不満は極力減らさないと…。

 

大分県への旅行記事はこちら↓ 

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀