🍀tue-noie

「中2」と「小1」の年の差兄弟が暮らす「とぅえの家」@東京の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

羽田空港の天然温泉【泉天空の湯】子連れで1日過ごす

10月のとある日、今年できたばかりの羽田エアポートガーデンに行ってきた我が家は、驚愕価格の天然温泉を諦めました。

 

先日、長男とオットが外泊する用事があり、置いてけぼりとなった次男とどこかに出かけようかと思案。

 

お値段がお値段だけに家族で行くには勇気が入りますが、小1次男と2人ならいいかも!というか、2人だから行ってしまえ!ということで、行ってきました。

 

天然温泉『泉天空の湯』羽田空港

 

小1にもなると、幼児の頃ほど"ママと一緒に温泉"に、わーい!とはならないのですが、電車に乗れるなら行く!ということで。笑

まだまだ乗り物ラブ♡な次男

 

 

泉天空の湯 羽田空港の料金

温泉大好きな我が家でも躊躇するそのお値段。

 

大人(中学生以上)4,800円
子ども(4歳〜小学生)2,000円

※大人:フェイスタオル・バスタオル、館内着、岩盤浴付

※子ども:フェイスタオル・バスタオル付

 

立ち寄り湯と考えると非常にお高いのですが、

MAXで20時間利用できる(深夜料金が適用される深夜1:00〜翌朝5:00除く)

と、見方を変えれば許容範囲。

なので、可能な限り長時間滞在すればOK。

 

 

子どもの入館・入浴

泉天空の湯では、

0歳〜3歳のお子様、オムツを着用されている方は、 安全、衛生管理上、入館をお断りしております。

と、入館・入浴に規制があります。

 

都会の温泉施設なので、仕方がない面でもあるのですが、こういう規制がある所は子ども連れだと居心地が悪い可能性もあるので、事前に要チェックです。

 

今回は次男連れなので、混浴規制の再確認を。

 

「公衆浴場における衛生等管理要領」で、混浴制限年齢を10歳以上不可から7歳以上不可に改正されたのに伴い、全国の条例は、混浴不可年齢を10歳以上から7歳以上に引き下げました。

 

東京都も例に漏れず条例改正。

次男は6歳だから、ギリギリOKのはずなのですが、しかし、そこは大都会。

それ以上の厳しいルールを課している施設の場合があるのです。

 

以下、泉天空の湯FAQ から抜粋。

Q子供は何歳まで異性の浴場へ入れますか?


A6歳以下のお子様は保護者の方と一緒に異性の浴場への入浴が可能です。 また、7歳以上および身長120㎝以上のお子様は同性の浴場へのご入浴となります。

 

近所の銭湯の混浴規制は、

同じ6歳でも就学NG、未就学OK

としている。

6歳はOKと思って行った私と6歳小1次男は、受付で門前払いされました泣

 

東京ドームシティにあるスパラクーアは、

0歳〜5歳の入館NG(6歳以上も18時まで)。

 

 

こうやって比較すると、泉天空の湯の混浴制限はそれほど厳しいものではないようです。

 

泉天空の湯は、条例の内容にプラスして身長制限がありますが、次男は無事クリア。

 

 

事前の気掛かり的なことはチェックし、一応大丈夫そうですが…

子連れで嫌な目に遭いませんように…と願いながら出発しました。

ちょっとした覚悟 笑

 

 

泉天空の湯へのアクセス

泉天空の湯は、羽田エアポートガーデンにあるヴィラフォンテーヌグランド羽田空港というホテルの12階にあります。

 

羽田エアポートガーデンは、第3ターミナル(国際線)に直結した商業施設です。

 

第3ターミナルに着いてしまえば、迷うことなく、⬇︎のエアポートガーデンの入口に辿り着けます。

f:id:tueko:20231125171503j:image
f:id:tueko:20231125171508j:image

 

ずんずん通路を進んで行くと、左手にホテルのエントランス。

f:id:tueko:20231125162228j:image

 

⬇︎泉天空の湯には、左奥のエレベーターで。
f:id:tueko:20231125162244j:image
f:id:tueko:20231125162231j:image

 

12階。到着。
f:id:tueko:20231125162247j:image

 

シューズロッカー。
f:id:tueko:20231125162241j:image
f:id:tueko:20231125162250j:image

多くのスパ同様、施設内での購入金額の記録はすべて、このシューズロッカー鍵のチップを使って行います。(最後に一括精算)

 

 

受付で割引&館内の様子

シューズロッカー後は、ゲートを通って館内へ。
f:id:tueko:20231125162238j:image

⬆︎左が受付、その後ろにタオルと館内着。

タオル・館内着込みの料金なので、受付が終わったら、ピックアップ。

岩盤浴をやる人は、専用バッグ(タオル・館内着入り)を。

 

 

子連れの我が家は、上述の通り、ドキドキしていたんですよ。

ですが、スタッフさんたちは、都会独特のサバサバ感はなく、とてもフレンドリー。

お子様OKですよーって感じでした。

いい意味で裏切られましたー!

 

 

ちょうどこの時、キャンペーンで、ヴィラフォンテーヌ(住友不動産のホテル)の会員登録をすると、料金200円オフ+館内での食事が10%オフ。

 

迷わず、会員になりましたよ。笑

最初、会員登録は私だけしましたが、割引は会員分のみの適用なので、次男も会員登録して、10分後に受付に舞い戻りました。笑

 

4800円 ➡︎ 4600円

2000円 ➡︎ 1800円

✌️

 

 

⬇︎ボディケア・フットケア・ヘッドセラピーのほぐし処と、精算機。

f:id:tueko:20231125162234j:image

f:id:tueko:20231125171656j:image

ロビーには⬆︎こんなイスや、ソファなどがあって、ゆっくりできます。

 

 

眺望

大開口のガラスからは空港の大パノラマ。

滑走路に離着陸する飛行機はもちろん、モノレール、車。

大人が見ても素晴らしい景色です。

周りに高い建物もありません。

f:id:tueko:20231125162550j:image
f:id:tueko:20231125162543j:image
f:id:tueko:20231125162553j:image
f:id:tueko:20231125162540j:image
f:id:tueko:20231125162547j:image

 

 

f:id:tueko:20231125162849p:image

⬆︎羽田エアポートガーデンの通路からパチリした画像。白まるで囲んだところが泉天空の湯です。

 

夜景

f:id:tueko:20231125164022j:image
f:id:tueko:20231125164025j:image

 

このような景色を、ロビー、後述する温泉、お休み処、お食事処から臨むことができます。

 

 

展望天然温泉

女湯の富士見の湯(富士山の方向)

男湯の銀翼の湯(滑走路の方向)です。

f:id:tueko:20231125163723j:image

f:id:tueko:20231125164356j:image

f:id:tueko:20231125165040j:image

泉天空の湯全体に言えることなんですが、この床が、足触りが良くて気持ち良かったです。

 

中に入ると、身長計。

f:id:tueko:20231125164425j:image

 

脱衣場。これよりスマホの携帯は厳しく禁止されています。
f:id:tueko:20231125163732j:image

 

⬇︎内湯には、

天然温泉、炭酸泉、水風呂、ジェットバスの4つのお風呂。

f:id:tueko:20231125172347j:image
f:id:tueko:20231125172352j:image
⬆︎2枚の画像は公式サイトからお借りしました

露天風呂は、天然温泉、天然温泉(あつ湯)、寝湯の3つ。

 
泉質:含よう素-ナトリウム塩化物強温泉(高張性・弱アルカリ性)
海の近くの温泉なので、しょっぱいです^ ^

 

 

この日はあいにくの強風で…。

乾いたタオルは外には持って出ないように注意書きがありました。

それほどの強風で、露天風呂のお湯が、大嵐の海のように、本当に大波打っていました。(海の波の原理がわかったような気がしました笑)

 

次男が湯船で飛ばされそうになり危なかったので、早々に退散(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

だけど、内湯だけでも満足できましたよ。

 

こちらの内湯でおもしろかったのが、洗い場にあるシャワー。

水撒き用のホースのような、ミストに変換可能なシャワーヘッドでした。

なので、ミストも楽しんでしまいました。

 

 

その他、ドライサウナと、漢方蒸しサウナの2つが完備。

f:id:tueko:20231125172411j:image

夕方から3回、茶ロウリュが開催。館内アナウンスもされていました。

 

 

岩盤浴

入館・入浴料は、岩盤浴込みです。(中学生以上)

 

私は次男と一緒だったので、休憩コーナーのみ利用。
f:id:tueko:20231125163745j:image
f:id:tueko:20231125163739j:image

 

⬇︎この画像の左側には、お座敷にごろ寝タイプもありました。(人が近くにいたので…)
f:id:tueko:20231125163729j:image

 

⬇︎入浴後にくつろぐ次男。

飽きるといけないので、こういう場合、Switchは必須。
f:id:tueko:20231125163726j:image

 

⬇︎温泉脱衣場で販売されていたビン飲料。
f:id:tueko:20231125163742j:image

やっぱり飲みたくなる。笑

 

⬇︎飲食品の持込みはNGですが、自販機があるので、ご安心を。(通常価格でした笑)
f:id:tueko:20231125163716j:image

 

岩盤浴休憩コーナーからの眺め。
f:id:tueko:20231125163720j:image

第3ターミナルの屋根と秋空。この空だけでも癒されました。

 

 

お休み処

岩盤浴休憩コーナーよりも、個室的なお休み処。
f:id:tueko:20231125163735j:image
f:id:tueko:20231125163748j:image

こちらには、テレビとコンセントがあります。

 

⬇︎同じくくつろぐ次男。

f:id:tueko:20231125171829j:image

みなさん、静かに休まれているので、し〜🤫です。

 

 

お食事処 泉天空(レストラン)

ここでのお食事も楽しみにしてきました。

ちょっと遅い昼食(14時頃)でしたので、ガラガラ。

f:id:tueko:20231125164837j:image
f:id:tueko:20231126191633j:image
f:id:tueko:20231125164834j:image

 

⬇︎おー、外国からの観光客が喜びそうなメニュー。円安の今は、ディスカウントジャパンですしね。
f:id:tueko:20231125164815j:image
f:id:tueko:20231125164840j:image

 

私の和風ハンバーグ御膳 1800円
f:id:tueko:20231125164830j:image

 

次男のひこうきプレート 900円
f:id:tueko:20231125164827j:image
f:id:tueko:20231125164812j:image

 

我が家は、景色を堪能しながら食事をしたかったので、窓際のカウンターで♪
f:id:tueko:20231125164824j:image
f:id:tueko:20231125164818j:image

富士山ビュー♪

 

次男がお腹空いたと。再びの入店。19時頃です。

 

私のイタリアンサラダ 1000円

f:id:tueko:20231125164928j:image

 

次男のお子様うどん 500円
f:id:tueko:20231125164931j:image

 

2人ともホテル会員になったので、2人とも食事代から10%オフです♪

 

 

8時間超滞在

泉天空の湯は24時間営業なのですが、温泉は午前10:00〜12:30まで利用不可(清掃)なので、我が家は13時を目指して入館しました。

 

滞在中は、入浴3回、食事2回し、滞在時間は8時間30分でした。

 

今回かかった費用は、食事代込みで1万円ちょっと。

 

最初、めっちゃ高過ぎと思った料金でしたが、こんなに長時間、ゆったりと過ごせるのであれば、利用もありかなと思いました。

 

もしひとりだったら、もっとお安く済みそうだし、日帰り温泉施設としてたまに利用したい。

というのが、実際に利用してみた感想です。

(家族全員で、というのはなかなかできないけど)

 

なお、我が家が利用したのは土曜日。

週末でしたが、日中はそれほど混んでいませんでした。

夕方になるに連れて、ホテル宿泊者が利用するのか、人が増えてきました。

夜は外国人の利用が多い、温泉施設(スパ)でした。

 

次男も楽しかった♪とのこと。

 

 

基本情報

泉天空の湯 羽田空港
  • 住所:〒144-0041東京都大田区羽田空港2丁目7−1
  • 営業時間:24時間(10:00〜13:00は入浴不可)
  • TEL:ヴィラフォンテーヌグランド羽田空港 03-6459-9770
  • 入館入浴料:大人(中学生以上)4,800円/子ども(4歳〜小学生)2,000円
  • 深夜料金:大人(中学生以上)4,000円/子ども(4歳~小学生)2,000円

www.shopping-sumitomo-rd.com

 

 

泉天空の湯 有明ガーデンも⬇︎

www.hvf.jp

 

 

www.tue.tokyo

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀