🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

リーズナブルなお宿【霧島温泉 旅の湯 (旧野々湯温泉)】鹿児島県霧島市

2019年の年末に鹿児島に家族旅行に行きました。5泊6日の旅でしたので、費用はなるべくおさえたい。霧島では旅行人山荘に宿泊することが多い我が家ですが、初めて【霧島温泉 旅の湯】に宿泊してみることにしました。

理由は、温泉に入れた上に、とてもリーズナブルな宿泊費だったからです。

我が家が利用したプチハウスを中心に、旅の湯を徹底?紹介したいと思います。

 

 

リーズナブルな宿泊料金設定

旅の湯には現在、

  • ログハウス、プチハウスの一軒家タイプと
  • 湯治長屋 (和室のみ、洗面・トイレ・炊事場共同のいわゆる湯治場)

の2種類の部屋タイプがあります。

オートキャンプ場もありましたが、現在は地熱発電の工事のため閉鎖中(再開未定)です。

我が家が宿泊したのは、プチハウス(素泊まり)ですが、その宿泊料金が決めてとなりました。

プチハウス(素泊まり)料金 大人1名

  • 平日4,500円、休前日5,000円 
  • 消費税(10%)込み
  • 子供(4歳~小学生)は大人料金の半額
  • 3歳以下は無料
  • 浴衣・タオル・歯ブラシ等は付属なし

我が家(オット・私・10歳長男・2歳次男)は、楽天トラベル経由での宿泊予約(2019年末の平日)で、ジャスト10,000円(税込)でした。施設直予約よりはちょっとお得でしたね。

※他の部屋タイプの料金は旅の湯公式サイト↓をご確認ください。

http://nonoyu.daa.jp

プチハウス外観と中の様子

外観と中

我が家は「ぱんじ〜」というプチハウスが割当てられました。まずは外観から。

f:id:tueko:20200209114647j:image


f:id:tueko:20200209114814j:image

f:id:tueko:20200209114817j:image

中は広々でした。

玄関を入ると、小さな玄関ホール?があり、その奥に広めのリビング、ダイニング、寝室と続きます。

ダイニングは、3方向がガラス戸ですので、リビングからも寝室からも、家族や部屋の様子を伺うことができます。

リビングは軽く8畳〜くらいはありそうなお部屋です。天井が高く、出窓もあるので、さらに広々感があります。「ぱんじ〜」は、リビングに冷蔵庫がありました。笑


f:id:tueko:20200209122209j:image

f:id:tueko:20200209122213j:image

 

ダイニングは、3方向がガラス戸なので、ダイニングからはリビングにもダイニングにも移動も、通り抜けもできるので、使い勝手抜群です。

このガラス戸もまた、部屋を広々と見せるのに一役かっていると思います。
f:id:tueko:20200209122248j:image

 

寝室は、シングルベッドが3つと2段ベッドが1つあるので、5人は宿泊OKですね。

子供の頃の合宿を彷彿とさせます。


f:id:tueko:20200209122407j:image

f:id:tueko:20200209122403j:image

 

ベビーチェアもありましたので、次男に使わせて頂きましたm(_ _)m

f:id:tueko:20200209193603j:image

 

洗面所とトイレ。普通に綺麗に掃除されています。


f:id:tueko:20200209165148j:image

f:id:tueko:20200209165154j:image

f:id:tueko:20200209165151j:image

浴室は、使用禁止です。中のタイルは壊れたままですので、使える状態ではなかったです。

十分に準備された暖房器具

同じ霧島市でも、旅の湯がある霧島は標高がとても高いので(700m)、冬は寒いです。それプラス宿泊当日はとても寒い日でした。

ですが、暖房器具が十分に準備されていましたので、全ての器具を駆使すれば、プチハウス1軒でも、中はポカポカでした。

リビングのガスストーブとホットカーペット↓

ここでポカポカ。

リビングにはエアコンも完備。


f:id:tueko:20200209165431j:image

f:id:tueko:20200209165427j:image

 

寝室のガスストーブと、ベッドには電気毛布↓

我が家は、電気毛布は付けずに、リビングのエアコンのみ付けて眠りましたが、寒くはなかったです。


f:id:tueko:20200209165508j:image

f:id:tueko:20200209165512j:image

 

なお、翌朝はマイナス1度。外の水たまりが凍っていました。南国鹿児島と言えども、冬は東京より寒くなる場所あります。笑

f:id:tueko:20200209165555j:image

 

逆に夏は、扇風機メインで、なんとか暑さをしのげるのかもしれません。リビングにエアコンもあるので、心配は無用ですが。


f:id:tueko:20200209165705j:image

f:id:tueko:20200209165709j:image

扇風機はリビングと寝室に1つずつあります。

広い敷地

雰囲気ある受付棟

旅の湯に到着して、チェックインのために一番最初にお世話になる場所ですね。

f:id:tueko:20200209174235j:image

中はこんなに山荘感満載で、とても良い雰囲気です。

囲炉裏テーブルや、ちょっとしたお土産も。


f:id:tueko:20200209174401j:image

f:id:tueko:20200209174403j:image

受付には、温泉蒸しタマゴが1つ50円で売られていました。もちろん買いましたよ♪

↓こんな大きなストーブ?ピザ窯?もありました(写真右)。


f:id:tueko:20200209174845j:image

f:id:tueko:20200209174841j:image

野趣あふれる温泉

受付棟に入り、奥に進むと、温泉に続く屋外に出ます。


f:id:tueko:20200209175344j:image

f:id:tueko:20200209175350j:image

f:id:tueko:20200209175348j:image

素敵な景色ですよね。湯けむりをみながら、ここでゆっくりするのも良いかもしれません。
さらに進むと男湯があります。↓写真右側の扉です。

f:id:tueko:20200209180451j:image

さらにそこを進むと屋根付き道があり、その先に女湯があります。

f:id:tueko:20200209180616j:image

入口の扉を開けると、こんなワイルド?な空間が広がります。タイムスリップした感じ?笑

f:id:tueko:20200209180707j:image

ベビーベッド、お手洗いあります。鍵付きロッカーもあります。


f:id:tueko:20200209180831j:image

f:id:tueko:20200209180828j:image


待望の温泉! 本当に野趣あふれる感じですよね。湯量も豊富で、とても贅沢です。

内湯の雰囲気があまりにも良かったので、露天にはほとんど出ていません。笑

f:id:tueko:20200209180950j:image

写真には写っていませんが、温泉の蒸気を利用した天然サウナもあります。温度が45度前後らしいので、初心者やサウナが苦手な人でも安心ですね。

あと、露天風呂もありました。

脱衣場の端には、↓こんな階段が。

上ってみると、またこんな雰囲気のあるステキな休憩所がありました。こんな2階の休憩所は女湯にかないそうですよ♪ 


f:id:tueko:20200209181103j:image

f:id:tueko:20200209181058j:image

 

温泉成分表。

泉質はアルカリ単純泉で、無色透明・無味無臭のサラリとした温泉です。

f:id:tueko:20200209234107j:image


f:id:tueko:20200209234207j:image

f:id:tueko:20200209234210j:image

お食事処

f:id:tueko:20200209181452j:image

受付を過ぎ、温泉に行く途中にあります。↑の左、障子のところから、靴を脱いで上がります。 

旅の湯の宿泊者のお食事は、こちらですることになります。


f:id:tueko:20200209182207j:image

f:id:tueko:20200209182212j:image

オットと長男は部屋で食べたので、私のみお食事処で食べる予定でしたが、結局、家族全員がこちらで食べることになりました。

f:id:tueko:20200209182346j:image

↑私が注文した黒豚生姜焼き定食1600円なり〜♪

f:id:tueko:20200209182419j:image 

メニューはこちら↑

 


f:id:tueko:20200209182548j:image

f:id:tueko:20200209182554j:image

オットと長男が部屋で食べたのはこちら↑ 

秋太郎とは、鹿児島で獲れるバショウカジキ。鹿児島に秋を知らせる魚だそうで、脂がのって美味しくて、人気があるそう。

これをスーパーでゲット!

鹿児島でしか食べられない食材!!

カップラーメンも九州っぽいやつを。笑

その他

湯治長屋↓  受付棟の前にあります。

f:id:tueko:20200209184558j:image

↓受付棟から、プチハウスに行く途中にあるログハウス群。

f:id:tueko:20200209184646j:image

↓貸切風呂のある茅葺きハウス。プチハウスの近くにあります。

f:id:tueko:20200209191125j:image

現在閉鎖中のオートキャンプ場の横に、無料で使える蒸し場があるようなんです。今回はあまりの寒さに散策はしなかったのですが、もし使えるなら、食材の持ち込みは自由なので、楽しい体験ができますね。

絶景の桜島ビュー

f:id:tueko:20200209182654j:image

何度見ても素晴らしい桜島。旅の湯からも、しっかり見ることができますよ。

(寒かったので、車の中から)

プチハウスから受付棟までは車移動

↓が旅の湯の全体見取り図です。

図の中心にあるのが受付棟で、右下にある小さい四角がプチハウス群です。

受付棟からプチハウスまでは、車移動(1分)が便利です。

f:id:tueko:20200209182720j:image

旅の湯の水事情  

旅の湯の水道からでる水は飲用禁止です。その代わりに、旅の湯で販売しているアルカリイオン水「きりしま」が置いてありますので、それを自由に使うことが可能です。写真撮り忘れた〜💦

水が無くなったら、受付に連絡すればすぐに補充していただけるそうです。

我が家は2歳児次男がいるので、安全をみて、次男の歯磨きなどにも使わせていただきました。

上述のカップラーメンは、この「きりしま」をやかんで沸騰して使いました。

なお、食器棚には、各種お皿・コップがきれいに並べられて入っていますので、自由使ってOKです。


f:id:tueko:20200209185520j:image

f:id:tueko:20200209185522j:image


受付棟入口の右側では、温泉も販売されています。地元の方が、結構、買いにいらしてました。


f:id:tueko:20200209185702j:image

f:id:tueko:20200209185659j:image

 

アクセスと携帯電波

旅の湯は、結構?山の中にあります。

霧島はお茶の産地でもありますから、その茶畑を見ながら、さらに進んで行きます。


f:id:tueko:20200209183707j:image

f:id:tueko:20200209183544j:image

 

どんどんと、↓こんな細い道を進んで行きます。舗装されているのが幸いですね。

f:id:tueko:20200209183538j:image

 

↓こんな山の中をグングンと進んで行きます。


f:id:tueko:20200209224045j:image

f:id:tueko:20200209224041j:image

 

↓の門が見えたら、旅の湯到着です。

f:id:tueko:20200209184253j:image

周りには、他の建物は無いと思ってください。山の中にポツンという感じです。

肝心の携帯の電波ですが…ダメでした。

オットのソフトバンク、私のワイモバイル、使えませんでした。適当なことは言えませんが、auとかが強いんですかね…。わかりません…。

たまには、スマホから離れた生活を満喫されてはいかがでしょうか。

他の宿泊客 

もしかしたら、客は我が家だけかなと思っていたのですが、他にもいましたよ。

プチハウス利用の外国人グループ、湯治長屋に宿泊の男性2人組。

夜には気がつかなかったのですが、1歳くらいの赤ちゃん連れのファミリーもいたようです。

翌朝の温泉で一緒になりました。

感想

霧島ではいつも、温泉旅館に宿泊する我が家。そんなイメージの霧島でしたが、今回、ロッジのようなプチハウスに宿泊することができて、とても新鮮でした。

何よりも、旅館に泊まるよりは広い一軒家ですから、子どもたちが走り回って大喜びでした。しかも、一軒家だから、騒音をそれほど気にする必要もないですから。

部屋にベビーチェアがあったり、お風呂にベビーベッドがあったり、小さな子連れファミリーにも優しく、とてもオススメですね。

気候の良い季節に宿泊すれば、もっと楽しいこと間違いなしだと思います。

なお、夏場にカブトムシが飛んでくるか尋ねてみたところ、ほとんど来ないとのことでした。残念!

道中、杉の木が多かったですしね。笑

 

霧島温泉 旅の湯

住所:〒899-6602 鹿児島県霧島市牧園町三体堂1824-41

電話番号:0995-76-9336

http://nonoyu.daa.jp

 

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

 

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀