🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

【函館グルメ】食べてきました❗️函館ベイ美食倶楽部は海鮮丼・塩ラーメン・ジンギスカン・スープカレーの人気店が集結したフードパーク♡

2020の夏の終わりに、家族で函館旅行に行ってきました。

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

  

今回は函館グルメ編です。

 

我が家の2泊3日の旅では、1泊目のみ朝食付きでしたが、2泊目は素泊まりにしましたので、基本的に外で食べる必要がありました。

 

 

レンタカー店での出会い

事前リサーチ無しの、行き当たりばったりの我が家ですが、せっかく北海道に来たのだから、北海道らしいものを食べたい!

ということで、現地で速攻で調べました。

 

で、食したのは、

 

1日目夜 塩ラーメン「麺厨房あじさい本店」

2日目朝    ホテルバイキング

          昼  スープカレー「大地のめぐみ」    

          夜  ジンギスカン「羊羊亭」

3日目 朝    海鮮丼「味処きくよ食堂 本店」

          昼 空港

 

空港を除く、函館市内での食事は4回あったのですが、その内の2回のスープカレーとジンギスカンは、函館ベイ美食倶楽部内のお店でした。

 

函館ベイ美食倶楽部の存在は知らなかったのですが、レンタカー屋さんに置いてあったこちらのチラシ⬇︎

f:id:tueko:20210109182309j:image

で紹介されていた「大地のめぐみ」さんにお邪魔したのが、函館ベイ美食倶楽部とのご縁でした。

 

まずは、我が家が実際に訪れた「大地のめぐみ」と「羊羊亭」のご紹介から♪

 

大地のめぐみ

スープカレーの発祥は、札幌喫茶店「アジャンタ」と言われていますが、今となってはスープカレーは北海道の代表グルメ♪ 

 

店内の様子

f:id:tueko:20210109181222j:image


f:id:tueko:20210109181856j:image

f:id:tueko:20210109181901j:image

 

カウンターが多いですが、3歳次男はスツール的なイスにも座れて、ちゃんと食べられました。(少し背もたれも付いていて安心)


f:id:tueko:20210109181219j:image

カウンターからの厨房の眺め。

大きなお鍋!(釜?)

 

メニュー

f:id:tueko:20210109184146j:image

 

お料理

大地のめぐみの看板メニュー!

私の海鮮ココナッツ

f:id:tueko:20210109182101j:image

 

小5長男のチキンレッグ。食べ盛りはやっぱりお肉。

f:id:tueko:20210109184228j:image

 

オットの生ラムカツレット。贅沢〜。
f:id:tueko:20210109182057j:image

 

3歳次男は、私のお裾分けとフライドポテト。

 

我が家が訪れたのは14時頃。

15時にはお店を閉めたいので…とのことでしたが、おそらく、ここを逃したら、コンビニや全国チェーン店でのご飯になりそうな予感がしましたので、函館グルメの一食を逃すのは避けたいと入店を決めました。

他にはお客がおらず、既にランチクローズの準備をしていたようでしたが、我が家を受け入れてくれて、ありがとうございました。

 

  • ランチタイム:11:30~15:00(LO14:30)
  • ディナータイム:17:00~22:00(LO21:30)
  • 定休日:無休
  • TEL:0138-24-8070

※コロナによる営業時間変更の可能性あり。

 

ジンギスカン羊羊亭

こちらのお店は、2日目に宿泊した函館国際ホテルでいただいたグルメクーポン(函館独自の助成クーポン)の対象店でした。

ようよう亭と思っていたのですが、めいめい亭と読むようです。

海鮮は、最終日のメインイベントとして、とっておきたかったので、ここでは、

是非ともお肉!

でした笑。

昔、札幌で食べたジンギスカンのおいしさが忘れられず、ここ函館の地でもジンギスカンの運びとなったのですm(_ _)m

 

店内の様子

f:id:tueko:20210109182152j:image

f:id:tueko:20210109182148j:image

テーブル席と、掘りごたつ式のお座敷がありました。


メニュー

写真を撮るのを忘れました(^_^;)

初めて食べた時、あまりのおいしさに衝撃を受けましたので、北海道でのジンギスカンのお肉は、生と決めています。

迷うことなく、生ラムを頼みました。

 

お料理

f:id:tueko:20210109182225j:image

中央あたりが盛り上がった、独特な形のジンギスカンのお鍋。

(私の実家(東北)では、焼肉と言えばジンギスカンでしたので、このお鍋、懐かしい〜。)


f:id:tueko:20210109182228j:image

肉厚!


f:id:tueko:20210109182232j:image

おいしそうに焼けたラムと、たっぷりお野菜。

 

訪れてみて驚きましたが、店内入口は、お昼に食べたスープカレー「大地のめぐみ」と同じでした。

入口を入って、右側が大地のめぐみ、左側が羊羊亭です。

どうもご夫婦で、両店を切り盛りされているようでした。

 

とってもラッキーだったことに、本来は満席だったのですが、たまたま直前に、1組だけキャンセルが出て、我が家がジンギスカンにありつけることになりました♪

そして、お昼にスープカレーを食べたのを覚えていてくれて、子どもたちに話もかけてくださいました! 嬉しいですね。

 

この日、とっても寒かったんです。半袖で函館に行ってしまったのが失敗でした。うろ覚えですが、気温も15度を下回ったように思います。

空腹でブルブル震えた我が家を、2度も救ってくれました。笑

 

  • ランチタイム:11:30~15:00(LO14:30)
  • ディナータイム:17:00~22:00(LO21:30)
  • 定休日:無休
  • TEL:0138-24-8070

※コロナによる営業時間変更の可能性あり。

 

函館ベイ美食倶楽部とは

 

そもそも函館ベイ美食倶楽部がどんな所かと言いますと、

天然温泉付きホテル(ラビスタ函館ベイ)と共に開発された飲食店街で、2006年7月にオープン

したそうです。

(共立メンテナンス(東京)が、安田倉庫株式会社から、函館ベイエリア・旧北海安田倉庫跡地を借りて開発。)

 

そして、この飲食店街には、函館の名店が集められたのだそう!

 

函館ベイ美食倶楽部の店舗

その名店はこちら⬇︎

 

我が家訪れた

  • 大地のめぐみ(スープカレー)
  • ジンギスカン羊羊亭(ジンギスカン)

 

そして、

  • 函館まるかつ水産本店(回転寿司)
  • 函館麺厨房あじさい 紅店(ラーメン)
  • きくよ食堂ベイエリア店(海鮮丼)

 

美食倶楽部と、ほんの少しだけ離れたラビスタ函館ベイの1階にある

  • 海鮮中華 海風楼(中華)
  • 北海シーフード&ステーキレストラン ノルテ(洋食)

 

を含めた全7店舗です。

 

人気店であることが実証された

お気付きでしょうか?

麺厨房あじさい(ラーメン)と、

味処きくよ食堂(海鮮丼)は、

我が家が、他の店舗でお食事したお店です。

 

帰宅してから気付いたのですが、今回の函館旅行中、4回の外食で選んだお店は全て、美食倶楽部内で完結できてしまうという結果でした。笑

 

我が家が訪れた「麺厨房あじさい」は、五稜郭タワーの真ん前にある本店でしたし、

f:id:tueko:20210109223317j:image

「きくよ食堂」も函館朝市にある本店でした。

f:id:tueko:20210109223330j:image

なので、それぞれ函館らしさを満喫することはできたので、良かったんですけどね。

 

迷う旅行者には特にオススメ

時間が限られている旅行者が、手っ取り早く函館(北海道)グルメを堪能するという観点からは、美食倶楽部はとてもオススメの所だと思いました。

どこで食べようか迷う・探す時間がセーブできれば、たくさんある観光スポットを巡る時間に当てることができますので☆

 

基本情報

函館ベイ美食倶楽部

住所:函館市豊川町12-7  
TEL:0138-23-6111(ラビスタ函館ベイ)
営業時間・定休日:店舗によって異なる
アクセス:市電 「魚市通」電停 下車 徒歩5分
駐車場:171台。ラビスタ函館ベイと共用。飲食店利用で駐車料金サービスあり。

 

 

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀