🍀tue-noie

「中2」と「小1」の年の差兄弟が暮らす「とぅえの家」@東京の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

【沖縄北部のホテル】また泊まりたい♡ 海・プール・大浴場・ラウンジ♪ 意外とリーズナブルなオクマプライベートビーチ&リゾートに家族で宿泊

2023年春に、沖縄に3泊4日で家族旅行に行きました。

沖縄最後の夜に宿泊したオクマプライベートビーチ&リゾートが良かったので、ご紹介いたします♪

 

オクマプライベートビーチ&リゾートは⬇︎赤ピンの所にあります。見ての通り、沖縄本島の北部に位置しています。(画像はGoogleマップから拝借)

f:id:tueko:20230513215638j:image

美ら海水族館からだと、約40km、車で50分ちょっとの距離です。

 

 

ホテル外観・フロント

オクマプライベートビーチ&リゾートのフロントは⬇︎の赤い三角屋根の所。

f:id:tueko:20230513110026j:image

とーっても広い敷地なので、一般道で分断されています。

⬆︎この写真からだと、フロントや宿泊施設は道路の向こう側、ビーチやプールは道路のこちら側にあります。

 

ホテル公式サイトからお借りした画像に、わかりやすいようにメイン施設を入れると、⬇︎こんな。

f:id:tueko:20230513230203j:image

一般道ですが、交通量は少ないです。(ただし道路なので要注意)

 

⬇︎フロントへの入口
f:id:tueko:20230513110032j:image
f:id:tueko:20230513110043j:image

 

⬇︎フロントは大きな吹き抜けのある大空間
f:id:tueko:20230513231606j:image

 

我が家のプランは、専用フロントがあるということで、別棟のお隣へ移動。
f:id:tueko:20230513110248j:image
f:id:tueko:20230513110040j:image

座ってチェックインができ、ウエルカムドリンクもおいしくいただきました。

 

我が家のプランは、クラブ潮風の特典付き。

・ラウンジアクセス → ラウンジが使える

・バレーサービス → フロントロータリーからはスタッフが車を移動

・専用フロントでのチェックイン → 上述の通り

・潮風の朝食 → クラブ潮風限定のプレミアム朝食

我が家はバレーサービスがあるのを知らずに遠い駐車場に停め、自分で重いスーツケースを運ぶ。笑

 

チェックインが終わったら、⬇︎カートで移動。どんだけ広いんだか。笑
f:id:tueko:20230513110045j:image

宿泊中も、フロントに連絡すればカート送迎をしてくれます。

 

 

ライトアップされて素敵なので、夜バージョンも。
f:id:tueko:20230513110505j:image
f:id:tueko:20230513110519j:image
f:id:tueko:20230513110531j:image
f:id:tueko:20230513110549j:image
⬆︎ライトアップというか、本物の炎。笑

 

 

建物・部屋の様子 

オクマプライベートビーチ&リゾートは、一棟毎のコテージスタイルでの宿泊です。

 

こんな⬇︎感じで、各種コテージが点在。

f:id:tueko:20230513115230j:image
f:id:tueko:20230513115214j:image

 

⬇︎我が家が宿泊したのはグランドコテージ。
f:id:tueko:20230513115227j:image

 

オクマのも175号室と読んでよいのかな。17番棟の5番目の部屋という意味。
f:id:tueko:20230513115236j:image

 

⬇︎3階建ての2階、ピンク矢印のお部屋です。
f:id:tueko:20230513123532p:image

広い場所ではすぐに走り始める兄弟。(弟がちょっかいを出すんだけど)

 

3階建てだけど、エレベーターも完備。

外に面しているから仕方がないのだけど、エレベーターは、古い公団のやつみたいでした…。


⬇︎グランドコテージの部屋内
f:id:tueko:20230513115233j:image

 

⬇︎ツインにエキストラベッド1台追加
f:id:tueko:20230513115217j:image

次男は私と添い寝。


f:id:tueko:20230513115223j:image

 

⬇︎シーリングファンのあるお部屋になんて、泊まったことない。笑

f:id:tueko:20230513115908j:image 

リゾートホテルでは標準装備?

 

⬇︎ゆったりしたベランダからガーデンビュー。

f:id:tueko:20230513125651j:image

早朝や夕暮れ時にコーヒーを飲んでゆっくり過ごしたくなる。

今回旅は風が強く寒かったので、ベランダに出ようと思えなかったのが残念。オットのみ、翌朝、(寒さの中)ひとりでコーヒー飲む。笑

 

⬇︎大きなクローゼットと冷蔵庫


f:id:tueko:20230513115534j:image

f:id:tueko:20230513115537j:image

ジュース、お茶、ビールなどの各種のみものが、用意されています(宿泊代に込み)。

ペットボトルもあり、持ち運びができて便利でした。

宿泊中に飲みきれなかったものは、自宅に持ち帰ってきましたよ。笑

 

⬇︎ダブルの洗面台。
f:id:tueko:20230513115220j:image

 

⬇︎ルームアメニティ


f:id:tueko:20230513115635j:image

f:id:tueko:20230513115632j:image

シャワーキャップのみフロント連絡。

右は、こだわりの、パンピューリという国内ホテル初導入のシャンプー他。

 

 


f:id:tueko:20230513115603j:image

f:id:tueko:20230513115606j:image

f:id:tueko:20230514081720j:image
写真撮り忘れたので下手な絵で恐縮ですが、よくホテルにある水が垂直に落ちるシャワーヘッドの、大きめバージョンでした(今まで見たことがないくらいの)。

これなら、海水浴からの直帰時にも使いやすいと思いました。

 

 

少し古い建物をリフォームしたのでしょうか。綺麗になっているので、古さも気になりませんでした。

 

 

プライベートビーチ

ホテル名にも冠しているプライベートビーチ。

沖縄オクマプライベートビーチ&リゾートの綺麗✨な海をご堪能ください。
f:id:tueko:20230513132029j:image

f:id:tueko:20230513132500j:image

f:id:tueko:20230513132429j:image

f:id:tueko:20230513132628j:image 

f:id:tueko:20230513132631j:image

f:id:tueko:20230513133618j:image

宿泊客は、無料で、チェア・タオル・バスタオルが利用できます。幼児には浮き輪も貸してくれるそうですよ。

 

ホテルのプライベートビーチって、人工的な感じがしてあまり興味がなかったのですが、遊泳エリアはコンパクトにブイで囲まれているし、監視員もちゃんといるし。

 

子どもたちもわかるのか、チェアでまったりタイム。

ビジターもOKなんですが、プライベートと付くと一般の利用客は少なそう。

 

というわけで、実際に利用してみて、とても心地良かったです。

 

風が強く寒すぎて、我が家は足ぱちゃぱちゃのみ。海水浴できなかったのは残念ですが、それでも青い海には癒されました♪

 

なお、遊泳可否については、ビーチにある監視棟に旗が立つので、その色で確認してください。

 

 

ガーデンプール

海があるのに、何でプール入る?派だった我が家のはずですが、プールも入ると楽しいんですよねー。笑

 

寒くて海にも入れないのにプール(温水では無い)には入るという…。笑(海は風で波が強かったしゴニョゴニョ)

 

部屋から水着OKなので、楽ちん。

f:id:tueko:20230514092525j:image

 

⬇︎ホテルにしては、こんな大きな回るプール。

f:id:tueko:20230513141225j:image

 

⬇︎もう一方のプールの手前側は50cm水深なので、小さい子と一緒にプールもOK。(幼児用プールも別にあります)

f:id:tueko:20230513141305j:image
f:id:tueko:20230513141302j:image

監視員さんが何名もいたので、安心でした。

プールでも、タオルはもちろんのこと、幼児の浮き輪(両手にはめるやつ)を無料で貸していただけます♪

 

 

シーサイドサウナ(大浴場)

プールのすぐ隣に大浴場(サウナ)棟があります。温泉ホテルの感覚からすると、部屋から遠いな〜と思うのですが、
f:id:tueko:20230513141308j:image
f:id:tueko:20230513141311j:image

f:id:tueko:20230513145852j:image
これが、プールと海の近くにあるのが大正解なんです。

プールで遊んで凍えた我が家は、ダッシュで大浴場まで向かいました。笑

 

脱衣場から階段で上って、2階の浴室です。

(裸で階段を上る笑)

 

 

潮風のラウンジ 

ラウンジの営業時間は10:30〜21:00。

時間帯に合わせた提供内容なので、自分の好きな時に綺麗な海を眺めながら、優雅なひと時を過ごせます。

 

10:30~14:00 リラックスタイム

  • ソフトドリンク

14:00~16:30 ティータイム

  • パティシエ特製スイーツ
  • ソフトドリンク、 オリオン生ビール

17:00~19:30 カクテルタイム

  • アペタイザー
  • ドリンク(ソフトドリンク・アルコール)

19:30~21:00 バータイム

  • スナック
  • ドリンク(ソフトドリンク・アルコール)

 

 

潮風のラウンジへ。またまた専用棟です。

f:id:tueko:20230513144646j:image

 

⬇︎左の青いドアの先です。
f:id:tueko:20230513144652j:image
f:id:tueko:20230513144655j:image

 

滞在中、我が家は2回ラウンジにお世話になりました。

 

⬇︎ティータイムの様子
f:id:tueko:20230513144649j:image
f:id:tueko:20230513144634j:image

f:id:tueko:20230514201554j:image

 

⬇︎カクテルタイムの様子
f:id:tueko:20230513144637j:image
f:id:tueko:20230513144643j:image
f:id:tueko:20230513144640j:image
f:id:tueko:20230513144632j:image

 

海を見ながらずっとラウンジを利用してお酒を飲んでいたら、かなりお得かも?と、お酒が得意ではない私は思うのでした。

リゾートホテルではどうかと思いますが、こういう過ごし方もあるかなと。

 

 

夕食 @サーフサイドカフェ

オクマプライベートビーチ&リゾートの夕食は、

  • サーフサイド・カフェ:オールデイビュッフェ
  • 阿檀:鉄板焼き
  • いじゅ:“和琉”をコンセプトにした御膳・一品メニュー
  • 居酒屋 おかめ:泡盛と沖縄家庭料理

 

などありましたが、キッズを抱える我が家は、やはり、ディナービュッフェ@サーフサイドカフェです^ ^

 

クオリティの高いお料理が並んでます。ファミリーも多いですね。
f:id:tueko:20230513175648j:image
f:id:tueko:20230513175645j:image
f:id:tueko:20230513175640j:image
f:id:tueko:20230513175651j:image

 

⬇︎ローストビーフの切り分けサービス(スタッフさんいないけど)
f:id:tueko:20230513175637j:image
f:id:tueko:20230513175643j:image

ローストビーフ好きな私は3回くらい並びました。笑

 

 

潮風の朝食

クラブ潮風ゲスト専用の朝食が準備されてました。

場所は、ビーチを臨むビーチカフェ・オアシス。

f:id:tueko:20230510230901j:image

 

プールの隣にあった大浴場と同じ建物にあります。
f:id:tueko:20230510230915j:image

 

⬇︎会場に入る前から、こんなワクワク感のある雰囲気。
f:id:tueko:20230510230912j:image

 

⬇︎10〜15分は待ちました。でもこんなアメリカンな待ち方。笑

f:id:tueko:20230510231603j:image

 

⬇︎中に入ると、素晴らしい眺望。

f:id:tueko:20230514211355j:image

テラス席も最高ですね。

テラスだと待ち時間は短かかったのですが、強風だったので、中にしました。

 

モーニングもビュッフェ。アメリカンブレックファアストです。

 

オシャレだし美味しそうだしで、目移りがしました。

f:id:tueko:20230510230909j:image

 

⬇︎人気のオムレツ。大宜味村直送の卵を使用♪
f:id:tueko:20230510230858j:image

 

⬇︎充実の飲み物。全部飲みたくなる。笑
f:id:tueko:20230510230906j:image

 


f:id:tueko:20230510231612j:image


f:id:tueko:20230510230904j:image

f:id:tueko:20230510231046j:image

⬆︎カリカリしてますが、アグー豚のベーコンです。これが見た目によらず、味が濃厚でめっちゃ美味しかったです。(常に売り切れ状態)

右のおっぱヨーグルトは、道の駅許田で買おうか迷って買わなかったもの。

まさか、ここで1本飲みができるとは!笑

 

その他

何でも揃うショップ

おみやげから、急遽必要になりそうなものまで、かなりきめ細やかに揃っていたと思います。(個人的感想)
f:id:tueko:20230513175825j:image
f:id:tueko:20230513175831j:image

 

ハーブ園

f:id:tueko:20230513175833j:image

とにかく、お散歩をしたくなる雰囲気のオクマプライベートビーチ&リゾートなのですが、ふらふらと歩いていたら、⬆︎こんなハーブ園までありました。

 

ハンモック

そんな敷地内ぶらぶらで見つけたハンモック。遊ばないわけがありません。我が家は初のハンモックです。
f:id:tueko:20230513175822j:image
f:id:tueko:20230513175828j:image

⬆︎ハンモックに寝転がりながら眺めた空。

(でもこのハンモック、結構難しくって、オットに抑えて貰いながら、寝ました笑)

 

那覇からの無料送迎

我が家はレンタカーを利用したので関係なかったですが、オクマプライベートビーチ&リゾートへは、毎日、那覇から無料シャトルバスが出ています(1日1便)。

 

レンタカー以外では、タクシーの他、高速バス等を乗り継いでいくことができますが、無料シャトルバスが利用できたら、行きやすいですよね。

 

完全予約制

オクマ行き:13:00発→15:30着

那覇方面行き:9:00発→11:30空港着

※オクマ行きは、ハイアットリージェンシー那覇、リーガロイヤルグラン沖縄から出発。

TEL:0980-41-2222(前日18時まで)

https://okumaresort.com/info/hotel/1014

 

アクティビティ

そして、海とやんばるの森がある立地を活かしたアクティビティもたくさん提供されています。

虫好きの長男は、やんばるの森ツアーに参加して、沖縄の虫の状況を見てみたかったようですが、ツアーの開始/所要時間と合わず、我が家は断念。

オクマプライベートビーチ&リゾート敷地内での滞在を優先しました。

(ラウンジにも行きたいし、ビーチでまったりもしたいし笑)

https://okumaresort.com/activity/

 

最低でも2泊はして、しっかりと満喫したいと思ったホテルでした。

 

周辺の観光地

冒頭の通り、美ら海水族館へは車で50分ほど。

その他、せっかくの沖縄北部滞在を活かした観光をおすすめします。

 

⬇︎約30分で行ける、ヤンバルクイナが見れる施設。

www.tue.tokyo

 

沖縄島の北端にある辺戸岬や、パワースポットと言われる大石林山へは車で20分ちょっと。

 

 

 

この、施設での充実感や、ラウンジ・2食付きであることを考えると、料金は割安感がありました。

 

沖縄北部エリアの宿泊には、オクマプライベートビーチ&リゾートがおすすめです♪

ラウンジアクセスはおすすめですので、宿泊される場合には、ぜひご検討ください。

 

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀