🍀tue-noie

小学5年生と3歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

志村けんさんの訃報…ただただ悲しい。命は思っているより儚いのか

今日の午前10時頃、ネットニュースを見て愕然としました。

志村けんさん死去。

配信は9:55でしたので、ホヤホヤのニュースでした。

超有名人である志村けんさんがコロナによる肺炎に罹患したのは気になっていました。

救急車で運ばれ、その後、エクモ装置のため転院して…という症状の重さも知っていました。

しかし…超有名人であると共に、超お金持ちだろうから、日本の最先端の医療を思う存分受けることができ、元気に回復して、またテレビに戻ってきてくれるだろう。と微塵も疑うことなく信じていました。

そして、何の根拠もありませんが、「志村けんさんは亡くならないもの」と、勝手に信じていました。

なのに…。

この訃報を知ってから、ずっと気持ちが沈んでいます。

3/17に不調を訴えて、3/29に亡くなるとは、発症してわずか2週間。

進行が早すぎる…。

改めて思いましたが、人って、突然死ぬんですね。思っていたより、命って儚いのかな…。

 

クルーズ船内の感染も問題になっていましたが、「行きは良い良い、帰りは怖い」ですよね。

絶対に楽しみに参加していたはず。そして、あー、楽しかったー。と帰ってくるのを当たり前としていたはず。

80代でクルーズ船に乗れるほど元気だったのに、閉じ込められてコロナが移り亡くなるとか、気の毒すぎる。

 

コロナって、というより病気は怖い。

他人事、自分は大丈夫だとは思わずに、自分自身を大事にしてほしいと切に願います(特に若い人)。

それが巡り巡って、他人のことも救います。

 

志村けんさんの「死」に、ショックを受けましたし、正直ビビりました。

 

この時期に会社でわざわざミーティングとか、やめてほしい。そんなに重要な議題じゃない。ビデオ通話で十分。

会社のためになんて、絶対に死にたくないよ、私。

来週は、ガツンと言ってみるつもりです。自分の身は自分で守る!

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀