🍀tue-noie

中学1年生と5歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

失意の中での3連休 おひとり様時間の過ごし方(前編)

今年の夏休み帰省。

昨年のような楽しい思い出だけではありませんでした。父が数年前に亡くなってから、絶対に守っていたことが、ちょっとした諍い(いさかい)で崩れ落ちてしまいました。

 

旅行の楽しい記事ばかりを公開してきましたが、実は、そんな失意の元、東京に戻ってきたのです。

これについて記事にしようと考えていましたが、なかなかその踏ん切りが付かず、今に至っています。

 

そんな状況での、突然の部下(唯一のエース級)の海外赴任の話。

 

ここで、ドスンと落ちました。笑

何で、嫌なことって、こうやって追い討ちをかけるように続く?

 

そもそも私がこの4月に課長就任してからというもの、過去の踏襲だけでは済まないようなことばかりが起きています。

 

  • そもそも、別の課からの異動での就任なので、大部分の仕事内容を知らない。(通常は自分の仕事の持ち上がり就任なので、水を得た魚)

 

  • 4月のタイミングで新システムが立ち上がり、これまでのやり方が通用しない(引き継ぎが意味を成さず、手探り状態で進める必要あり)

 

  • セキュリティ上の問題が発生し、PCが使えない期間が2か月発生。(うちの課にだけ影響がある。その間は手作業やら外注やら。前代未聞。)

 

 

上記だけでもかなりの負荷なのですが(庶務的な仕事と思われているので、頑張ったところで、大して評価の対象ともならない)、プライベートでも問題発生。

 

  • 4月下旬にコロナ罹患。(会社休めず、在宅で業務継続。本部でもまだ罹患2人目の頃なのでかなり目立つ)

 

  • 次男入院

 

今までの人生でこんな事無かったよね?って感じなのです。

 

とぅえこさん、就任早々大変ですね…。

エース君が言っていました。さすが良く状況理解してます。

 

 

エース君ショック(海外赴任話)からは、3メートルもありそうな大きな熊に遭遇して逃げるとか、夜道をひたすら歩くとか、そんな夢ばかり見るようになり、寝起きも悪くなってきました。

 

ため息の毎日です。はぁ〜。

 

 

そうして、9月1回目の3連休が始まりました。

我が社は、祝日は勤務日。だけど、休暇とりました。

 

もう、休ませろ〜。笑

 

 

そして連休の始まりと同時に、オット・長男・次男で、オット実家への帰省。

(私は、長男が生まれてからは、オット実家への帰省にはついて行きません。)

 

 

突然のおひとり様時間が始まりました✌️

 

  • 子どものお世話をしなくて良い

 

  • なんなら家事もしなくて良い

 

  • そんな状況を誰にも見られない

 

全てから解放される❗️

 

 

そう思った瞬間、今度は人として最低レベルにズドンと落ちました。笑

 

  • 食事は、インスタント系(レンジでチンかお湯を注ぐ)を1日2回のみ。

 

  • それをベッドでゴロゴロしながら食べる

 

  • 食べ終わった残骸はそのまま放置(すぐ片付けない)

 

  • ベッドから基本出ない

 

  • お風呂入らない

 

  • 好きなだけ眠る

 

  • テレビ付けっぱなしでボーッとみる

 

で、ディズニープラスを見出してからは、輪をかけて大変なことになりました。

 

昨年から各VODの無料視聴をしていたのですが、今夏、長男の夏休みだけということで、ディズニープラスを申し込んでいました。

8月末で解約するつもりが、オットがまだ見たいものがあるとかで、更に延長。

 

ディズニープラスには、私はあまり見たいものがないな〜なんて思っていたのですが、暇にかこつけて物色したら、通常の映画もあることに気づき、そこから一気に行きました。笑

(価格も随分値上げになっていたのですね)

 

かなり昔のものをひたすら観る。笑

 

「プラダを着た悪魔」

若い頃とは違って、アンハサウェイよりもメリル・ストリープ側の視点が気になる。(年齢が近くなってきたから?笑)

 

「あなたは私のムコになる」「あなたが寝ている間に」

サンドラブロックはパワフル女性の印象なので元気もらいました。

 

「男が女を愛するとき」

メグライアン好きなので、見つけた時には大喜びでしたが、観たら大泣きしてしまった。

 

「スプラッシュ」

トムハンクスなので面白いかなと。こんな凹んだおばさん(私)にはあまり刺さらなかった。笑

 

「スリーメン&ベイビー」「スリーメン&リトルレディ」

これ感動しました。子育ての大変さと子供のかわいさをうまく表現している作品だと思いました。35年も前に、こんなにストレートに大変さをアピールしてるのはすごいです(アメリカ進んでいるな)。子育て中ママと、育児にあまり関わらなかった男性、そしてこれから子どもを持とうと考えている人に見てほしい作品です。

 

その他、あまり印象に残らないものをいくつか観て笑、たどりついたのが、「アグリーベティ」です。

 

これって、昔NHKでやってたドラマですが(でしたよね?)、どんなんかな?と観てみたら…おもしろかったです。

 

「プラダを着た悪魔」と通ずるところがありますが笑。

 

オフィス英語の勉強にもなりそうです。

 

(って感じで、3連休2回目に突入した現在も視聴継続中。平日の深夜も観てました。)

 

映画・ドラマ(フィクション)って、現実逃避には持ってこいですよね笑。元気までもらえたりする。

 

これが無かったら、私の精神状態は全く復活できずにかなりヤバかったかもしれません。

 

 

 

人としてこんな自堕落な生活を送った9月の3連休1回目でした。

 

大型台風も来ているので予定変更すれば良いのに。と思っていた西日本に向かったオットの帰省は、連休最終日にちょっと早めに切り上げて戻った以外は、とても楽しく過ごせたようです。(何なら東京の方が雨降ったかも)

 

帰宅したオットは、部屋の汚さに驚いたことでしょう笑

 

リビングは子どものオモチャが片付けされておらず、キッチンには洗っていない食器の山。

 

 

何も言うなー! たまには良いのだ〜!

 

 

奴らが少し早めに帰ってきたおかげで、私も、少し早めに現実に戻る必要がでてきました。

長男の制服洗ってない。

急いで洗濯機、回しました。笑

 

 

でも実は、1日目の夜から早々に、寂しくなりました。

いつもぎゅ〜として、一緒に寝ている次男がいない(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

いつも、うるさい〜!と叱っている兄弟喧嘩も無くなると、妙に静かすぎる。

 

やっぱり、子どもたちと一緒に過ごす毎日が楽しくて、彼らからパワー(生活の活力)をもらっているようです。

 

 

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀