🍀tue-noie

「中2」と「小1」の年の差兄弟が暮らす「とぅえの家」@東京の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

【沖縄】3泊4日子連れ沖縄旅行③北部エリア(古宇利島ハートロック/ガーリックシュリンプ/ビーチ・オクマプライベートビーチ&リゾート)

2023年の春。家族旅行で沖縄に行きました。

 

沖縄1日目 那覇近辺

www.tue.tokyo

 

沖縄2日目 那覇からの美ら海水族館・古宇利島

www.tue.tokyo

 

を観光した我が家は、そのまま沖縄の北部エリアで過ごすことにしました。

沖縄泊の最終日は、再びのリゾートホテル♪  

 

前日も折角のリゾートホテル泊だったのに、到着が遅くなってしまったことを教訓に、観光はほどほどにして、ホテルチェックインを急ぐことにしました。

ホテル滞在を楽しみます♪

 

ちなみに、前日2日目も今回3日目も、リゾートホテルであっても沖縄についてからの予約です^ ^

 

事前リサーチ無しなので、リゾートホテルで良さそうっぽいから早く行ってみるか!みたいな、やはりテキトー感は拭えない我が家の旅です^ ^

 

 

3日目は、古宇利島を軽く観光した後、沖縄本島の最北端に位置する国頭(くにがみ)村にあるホテルへと向かいます。

f:id:tueko:20230422223532j:image

 

 

11:10  古宇利島ハートロック♡

11時にホテルをチェックアウトした後は、古宇利島一周ドライブをすることに。

外周は約8km程度なので、車だと15分もあれば一周できてしまう小さな島です。

 

その道中にあるハートロックに寄り道。

ティーヌ浜という天然ビーチにあります。

 

⬇︎駐車場で車を降りたら、長閑な小道を歩いて、

f:id:tueko:20230423002857j:image

 

 

⬇︎いやいや、アクティビティ感満載の結構な急勾配の坂道を降りて、

f:id:tueko:20230423002918j:image

急勾配なところに砂があるので、滑ります。要注意⚠️

 

 

⬇︎急勾配の階段を降りて、見えてきました!
f:id:tueko:20230423151753j:image

 

⬇︎ハートロック♡

f:id:tueko:20230423074811j:image

帰宅後、写真を物色しましたが、近くで撮ったのはこの角度からの撮影のものばかり。

ハートに見えないんだよな…笑

クジラの尾びれ…ゴニョゴニョ

 

こんな砂浜にあるので、みなさん、早々に靴を脱いで裸足の方が多かったです。例に漏れず我が家も。
f:id:tueko:20230423002854j:image
砂の上での素足が気持ちいい♡

 

⬇︎ベージュと言うより、茶色に近い砂なのですが、よく見ると粒が大きい。


f:id:tueko:20230423062005j:image

f:id:tueko:20230423062008j:image

我が家は魚卵と呼んでました。笑

なお、後から知ったのですが、ティーヌ浜は恋愛成就のパワースポットなんだそうですよ。

ご興味のある方はぜひ♪

 

 

我が家が停めた駐車場。十分な広さがありました。

f:id:tueko:20230422230807j:image

 

前金制。100円。

f:id:tueko:20230422230812j:image

 

こちらの駐車場には、キッチンカー(カフェ)や、ちょっとしたビーチサンダルなどが買えるショップも。

f:id:tueko:20230423082301j:image

 

有料100円のシャワーもあります。その奥にはトイレ(無料)。

f:id:tueko:20230423152039j:image

なお、砂で汚れた足は、裸足でビーチから階段上まであがり、そこでパサパサ砂を払って靴を履くのもオススメです。

 

もうひとつの駐車場。確かにこちらだとハートロックへは1番近いですね。
f:id:tueko:20230422230810j:image

ただ、道路から少し奥まったところにあるので、初めての方は少し分かりにくいかもです。

 

 

12:00  KOURI SHRIMPコウリシュリンプ

古宇利島を一周回って、再び古宇利大橋の付近へ。

ちょうど昼時なので、美味しいガーリックシュリンプを求めて、コウリシュリンプへ向かいます。

古宇利島は海老養殖のポイントなのです♪

 

ハワイ➡︎宮古島に続き、食すのは3回目のガーリックシュリンプです。

 

かわいいシュリンプワゴン。

f:id:tueko:20230423085115j:image

 

オシャレな店舗の中へ。レストランは2階。


f:id:tueko:20230423085320j:image

f:id:tueko:20230423085317j:image

店内もテラスも満席。

注文も少し並びます。

 

 

屋上は空いていると聞いたので、我が家はそちらへ。

f:id:tueko:20230423085508j:image

屋根ありテーブルは、空いてない。笑

 

だけど、こんな素敵な景色を臨めます♪
f:id:tueko:20230423085505j:image
雲から太陽が顔を出すと、途端に暑くなる沖縄。笑

 

⬇︎メニュー


f:id:tueko:20230423085556j:image

f:id:tueko:20230423085553j:image



⬇︎洗って、自宅のお弁当に使いたくなるかわいい容器

f:id:tueko:20230423085931j:image

 

オリジナルシュリンプにビーフをトッピング♪
f:id:tueko:20230423085929j:image

ガーリックとエビの相性は世界共通。絶対に裏切らないお味です♪

 

KOURI SHRIMP 基本情報

  • 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利314
  • TEL:0980-56-1242
  • 営業開始:9時~17時・土日祝は18時まで
  • 定休日:なし
  • 駐車場:あり(無料)
  • URL:https://lovesokinawa.co.jp/kouri-shrimp
※那覇空港から高速道路を利用して約1時間30分
※美ら海水族館からは約30分

 

コウリシュリンプの駐車場は⬇︎こんな感じ。
f:id:tueko:20230423085934j:image

昼時というのもあったと思いますが、さすがは人気店なのでかなりの混雑状態。空いてないのに入ってくる車ありで、結構、カオスでした。

 

 

12:50  古宇利ビーチ

古宇利島を離れる前には、古宇利ビーチも行っておかないと!

宿泊したアウェイ沖縄古宇利島リゾートから見えていたんです。

 

古宇利島の海はエメラルドグリーンと言われる、沖縄でも屈指のビーチなのですが、その雰囲気だけでもお分かりいただけますかね。お天気大事。笑

f:id:tueko:20230423090518j:image

f:id:tueko:20230423090403j:image
f:id:tueko:20230423090400j:image

海水浴には寒かったので、足パチャパチャのみ。

f:id:tueko:20230423090524j:image

 

広い駐車場があったけど、海水浴シーズンは大混雑するでしょうね。
f:id:tueko:20230423090529j:image

 

 

古宇利島泊とのんびり観光、楽しかった〜♪

f:id:tueko:20230423123209j:image

古宇利島をあとにする時、⬆︎古宇利大橋からパチリ

 

 

13:50  道の駅おおぎみ 

海岸線を通ってホテルに向かいます。

今度は、南国の海っぽい。笑

 

f:id:tueko:20230423102436j:image
f:id:tueko:20230423112350j:image

⬆︎古宇利島が見えているのが嬉しい。

 

道の駅おおぎみでトイレ休憩。

f:id:tueko:20230423102334j:image
f:id:tueko:20230423102330j:image

3年前にリニューアル移転しているそうで、まだ綺麗な施設でした。

 

物産館の隣には、映像・展示室があり、やんばる(沖縄県北部地域の総称)に関する情報発信がなされています。

f:id:tueko:20230423115348p:image

⬆︎道の駅おおぎみの公式サイトからお借りしました。

 

360°ドームシアターもあったので、時間があれば体験してみたいですね。

 

道の駅おおぎみ やんばるの森 ビジターセンター 基本情報

  • 住 所 : 沖縄県大宜味村字津波95番地
  • TEL: 0980-44-2233
  • メールアドレス : yanbaru-soumu@farmersforest.co.jp
  • URL:https://www.yambaru-vc.com

 

 

14:30   オクマプライベートビーチ&リゾート

14時ちょい過ぎには駐車場に到着したのですが、何せ、とーっても広い敷地なので、重たいスーツケースをずるずると引きずり、フロントまでちょっと歩きました。

フロントまで車で行けたようなのですが、それを知らず手前の駐車場に停めてしまったので。

 

駐車場付近にあった建物には、中高生が利用する「自然の家」的な印象を持ったので、最初、少しブルーになってしまいました。

今日泊まるのは、リゾートとは名ばかりなこの建物?と。

 

だけど、フロントについて、一安心しました。

これぞ、リゾートホテルって感じでした。笑

f:id:tueko:20230423121045j:image

車はバレーサービスがあったらしいです。

 

 

専用チェックインカウンターが利用できるプランでした。

チェックイン中は騒がなかったものの、待っている間、相変わらずじゃれあってる兄弟。
f:id:tueko:20230423121048j:image

私はそれを横目にウエルカムドリンクでひと息つく♪

 

 

お部屋は別棟にあるコテージ。ラウンジアクセス付き♪
f:id:tueko:20230423121040j:image
f:id:tueko:20230423121043j:image

 

少し落ち着いたら、ホテルの名前に冠しているプライベートビーチへ♪

 

風も強く、気温も低いので、遊泳はできませんでしたが、チェアでまったり。

f:id:tueko:20230423121612j:image

 

ひと通りビーチを楽しんだ後は、ラウンジで小休憩♪

f:id:tueko:20230423122628j:image

ティータイムの時間帯は、スイーツメイン♪

 

 

そして、水温は23度だけど、風が強くて、絶対にプールになんて入らない気候だけど、せっかくなので、プールに入る我が家のメンズ。

 

水に浸かるだけの次男は寒さに耐えきれず、タオルでグルグル巻き。
f:id:tueko:20230423121609j:image

 

それでもやはり寒さには耐えきれず、ダッシュで大浴場へ。お風呂はちゃんとプールの隣にある。笑
f:id:tueko:20230423121605j:image

 

プールの監視員さんも、一回プールに浸かって、ダッシュでお風呂に行ってくださいと言っていました。笑

我が家は完全に、その通りの行動。

いや、他の家族も。笑

 

そんな中、プールがクローズする18時まで入っていた家族もいて…体感温度は人それぞれと実感する。笑

 

 

大浴場で体が温まった後は、再びのラウンジ♪

カクテルタイムは、私の好きなおつまみ系がたくさん♪

 

f:id:tueko:20230423122201j:image

オリーブと生ハムパイナップル♪

 

 

ラウンジ付きなら夕食無しにして、足りなければカップラーメンで補足で良かったなと思いつつ、ラウンジ後は、ショップなどを見ながらぶらぶら。

 

 

夕食はビュッフェ。
f:id:tueko:20230423122208j:image
f:id:tueko:20230423122203j:image

⬆︎1回目のお皿。盛り付けセンスがなく、失礼しました。

取ったのは肉・魚系が多かったので、旅行で動き回ってスタミナ不足だったんですかね。

 

 

出発前はバタバタで、次男の誕生日のお祝いをちゃんとやってあげられてなかったので、改めて。

スイーツのところにあったケーキを丸ごと(小ぶりです)持ってきて、迷惑にならない程度でハッピーバースデーを歌ったら、次男は満面の笑みでした。笑
f:id:tueko:20230423122206j:image

ケーキは完食しましたよ。

 

 

夜は夜で、リゾート感満載なキレイなライトアップ。

f:id:tueko:20230423122713j:image

 

沖縄最後の夜の3日目は、本格リゾートホテル体験で締めくくる我が家でした。

 

www.tue.tokyo

 

感想

南国に来たら、リゾートホテルに泊まらないといかんな。と確信した3日目でした。

沖縄の人気はここにあるのかと。

 

残念ながら、海の青さ・キレイさと、お天気の良さは比例関係なので、お天気の悪いことが多い春休みは、沖縄旅行としてはちょっと残念なタイミングなのかなと沖縄3年目にしてようやく気付きました。笑

 

せっかくのプライベートビーチがあっても海に入れなかったし、古宇利ビーチも無理だったし。

 

でも、忙しい仕事の合間をみて、こうやって旅行に来れたこと、子どもたちの満面の笑みを見れたこと、に感謝しようと思います。

 

 

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

 

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀