🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

2歳弟の10歳兄への敵対心がすごい

2歳4か月になった次男。

赤ちゃんだった頃の、ただ可愛いだけの存在ではなくなりまりた。特に、兄の10歳長男に対しては。

8歳も歳が離れているので、ケンカ知らずだろうと思っていた1年前。完全に勘違いしていました。

相思相愛の仲良し兄弟だった

次男が生まれて自宅にやってくると、学校から帰ってきた長男は、真っ先に次男のベビーベッドに向かい「××ちゃん!」と次男の顔を覗き込んでいました。

赤ちゃんは子どもが好きなのか、生後2か月にもなれば、ニコニコしながら、長男を興味深かそうに見ていました。

生後11か月で兄から貰ったインフルに罹り、40℃の高熱を出した時でも、長男にだけは、力を振り絞ってニコニコしていました。

1歳を過ぎた頃には、何でも「にいに」のマネをしようとして、いつでも仲良くくっついていました。

ライバル心を持つ次男

ところが…2歳を過ぎた頃から、徐々にですが、状況は変化してきました。

まず、就寝前の眠い時に凶暴になり…

 

www.tue.tokyo

 

これはこれで、とても短い間だけでしたので、おとなしく眠るようになってしまった今となっては、とても懐かしい思い出なのですが、最近はにいにに対しての対抗心がものすごいです。

僕が1番!

保育園から帰宅した次男を、先に帰宅している長男が玄関まで出迎えてくれます。

そして、2人ともリビングに向かいます。

ところが、次男が何やら不満があるようで、ギャーギャー騒ぎながら、近くにいる「にいに」にちょっかいを出しています。

何だろう?と後ろからその姿を眺めていると、ほんの一瞬をついて、次男は長男の前(先)に出ました。すると、次男は長男を振り返り、ニタっと不敵な笑みを浮かべているではありませんか。

そして、次男がリビングに一番乗り!

長男は何の事かさえも気付いていませんでした。

次男はにいによりも、先にリビングに入る!と思ったようです。(あの…そんなのどうでも良いんだけど?笑)

目障りな長男

夕方のご飯を待っている間の時間、寝る前の時間、2人はいつも近くにいます。

次男が長男のそばに行くことが多いのですが、暇さえあれば、次男はにいにを引っ掻きます。ミニカーを持ったまま叩きます。何の前触れも無しに…。まるで、自分の近くにいる敵を蹴落とそうとしているかのように…。

確かに、自分が遊んでいたところを邪魔されたりすると、にいにに対して次男は怒ることがありますが、これとは全く別物です。 

単に、目障りだから…とでもいうように。

そんな時の次男の顔はやはり、ちょっと悪ガキ風です。笑

存在がイヤ!

そして、この2〜3日の様子はというと、長男が、かわいい〜と次男に寄ってきただけで、ヤダ!といいます。泣笑 

正確には、「アギ!」といいます。今でこそ、「ヤダ」という言葉を理解して使っていますが、言葉を覚える前の1歳過ぎの頃に、本当に嫌だと思った時に次男の口から発せられる言葉が「アギ」でした。

今でも、自分の心を素直に表現したい時には「アギ」と、とっさに出てしまうようです。

話は戻りますが、酷い時には、長男の顔を見ただけで、「アギ」といいます。

2人目が図太くて、自分を上の子と同じだと思っているとは、よく耳にしますが、皆さんのご家庭でも、こんな感じなんですかね。

ついに長男怒り出す

で、長男ですが、年の差お兄ちゃんだけあって、大抵は我慢してます。大抵は…。

つまり、全ては我慢していません。やはり、おもちゃで叩かれるのは痛いですから、「やめろよー!💢」となる時もあります。

続いて何が起こるかというと、ケンカ勃発です。

ここは年の差兄弟、にいにが次男の叩いてきた手を掴んで、次男が大泣きして、はい終了〜。

終わりは早いです。

ですが、次男は、助けてと言わんばかりに、私に何か訴えるような目でチラチラとこちらを見ながら泣いてます。

だけど、助けてあげられないんですよね。自分が悪いから…。

こんな時は、「そうやって叩いたら、にいにだって痛いし、怒られるよ」といいながら、抱っこしてあげたいのですが、ほとんどはそのまま放置です。笑

ご飯の準備をしていて、手が離せない時もあるので。そして、そのうち泣き止む次男。

何が言いたいかというと、年の差兄弟でも、しっかりケンカします!  

年の差兄弟ケンカ知らずは、幻想でした。笑

仲良くやっていたのは、次男が1歳代頃までのほんの短い間だけでした。

 

www.tue.tokyo

 

ということで、我が家でも、兄弟姉妹を抱える多くのご家庭の例に漏れず、毎日、子どものケンカの声と泣き声が響いております…m(_ _)m

3人きょうだいで末っ子の私。兄とは10歳、姉とは8歳離れています。母からは、とても可愛がってもらったと聞いていましたが、実は、こんな風にしっかりケンカもしていたのでしょうか。

やっぱり「にいに」大好き♡

こんな次男ですが、やっぱり、にいにの事は気になるので、いなくなると「にいには?」と確認してます。

2人がベッドで離れてゴロゴロしている時も、いつの間にかコロコロと転がって長男にペッタリの次男。瞬間移動の技も身につけていました。

ソファに座る時もペッタリ。微笑ましい2人です♡  

直後に「ここは、僕が先に座ってたんだよ!」「ぎゃー!」…

何も聞こえない、聞こえていない…微笑ましい2人…(のはず)。

 

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀