🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

令和のスタートと共に「時間」の考え方を変えます

ネットだと2枚8000円のステーキ肉を、2枚5000円でゲットしました。たまたま通りかかったのでお店に寄ってみたら、こんなにお安く買えました♪

令和のスタートをお祝いして、本日、食べました♪

f:id:tueko:20190501231552p:image

アイキャッチ画像が、タイトルと全く異なってしまいスミマセン。

 

 

猛スピードで過ぎていく時間

1週間が、いや1年が、あっという間に過ぎてしまうと感じています。

この「早さ」の感覚は、30代の中頃から加速し始め、30代後半、40代と進むにつれて更に強まりました。

以前、何かの本で、1年の早さは「自分の年齢分の1」、つまり35歳なら35分の1、40歳なら40分の1の感覚になると知り、なんか腑に落ちたというか、それまで不思議に思っていたことがスーッと解決した覚えがあります。

子供が生まれ、仕事と子育ての両立が始まり、そして子供も2人になり、年齢を経るごとに忙しくなっているのも事実です。

ですが、この早すぎる時間の経過は、何もしていないのに時間ばかりが過ぎている。という焦りのようなものも私に感じさせています。

その上、忙しさと時間の経過の早さにかこつけて、必要な事を後回しにしています。仕事復帰のための勉強とか。苦笑

考え方を変えることにしました

こんなに時間に追われるのでは、私自身、毎日の生活が楽しくありません。

そこで、時間に対する考え方を変えることにしました。

1週間は7日もある。

それに付随して、会社の休みは1週間に2日もある。1日は24時間もある。など、派生させていくと、この「も」効果は身の回りに広がっていきます。

4月いっぱいは有給休暇を取得し(会社にはたまに顔出し)、ゴールデンウィーク明けから本格的に仕事復帰するので、それに備えるための私なりの心の防御法です。

30歳頃までは、この「も」の考え方を持っていたはずなのですが、いつのまにか、忙しい、時間がない、時間の経過が早すぎる…と時間貧乏になり下がり、そしてこれを理由に何もやらなくなりました。

時間はたくさんある!に変えようと思ってからは、精神的に少し楽になりました。

ちょうど時代も新しくなり、考えをチェンジするのにグッドタイミング!

三日坊主なところもある私ですので、新年の抱負などは掲げないようにしているのですが、これなら、何とか継続できそう(苦笑)。目標は低く〜♪

もし、今後、嘆きたくなったら(おそらく、嘆く)、この言葉を繰り返して、自分の心や脳を騙したいと思います。笑

楽しさも増やしていきます

それから、これからは楽しいことに、もっともっと便乗して行こうと思います。

あまのじゃく的なところもあるので、流行りや人気のあるものは無意識的に避けてきました。だけど、子供に引っ張られて、新しい世界に足を踏み入れるのは、楽しかった。きっと、流行りものも同じなのかな?と最近思うようになりました。

高齢ママなので、体力と要相談なのですが。笑

 

元号が変わっても、いつものように何も変わらない毎日が続くのですが、こういうのをキッカケにリセットしようとするのも大事ですよね。

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀