🍀tue-noie

小学4年生と2歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

本場アサイーボウルでハワイ気分♪【アイランドヴィンテージコーヒー台場店】

f:id:tueko:20190624230206p:image

とってもおいし過ぎて、忘れる事ができないアサイーボウルを求めて、家族4人(with 9歳と2歳)で行ってきました!  アイランドヴィンテージコーヒー台場店(東京お台場)。

ハワイのアサイーボウルを忠実に再現しているそうです♪

帰国後も、あまりにも楽しかったハワイ旅行の余韻に浸っている我が家です。

 

 

見た目はほぼ同じでした

こちら↓がお台場店で食べたアサイーボウルです。

f:id:tueko:20190624225917p:image

そしてこちらが↓本場ハワイのロイヤルハワイアンセンターで食べたアサイーボウル。

f:id:tueko:20190624230007p:image

どうでしょう? お花の有無はありますが、同じではありませんか?

ハワイで初めて出された時にはボウルがとても大きい!と感じたのですが、2回目だからでしょうか、その時のような感動はありませんでした。苦笑

それでも、女性ひとりで食べたら結構、お腹いっぱいになる量だと思います。

食べた感想

さて、肝心のお味の方です。

あれ!冷たい。アイス状になっているアサイーペーストを、ダイレクトに口の中で感じました。少々寒い日だったからでしょうか、まだ溶けないアイスがしっかりと存在感を出していました。

ハワイで食べた時には、もう少しアイスが溶けていたので、こんなにはアイス感はありませんでした。

アサイーも同じ、他のフルーツも同じ、ハチミツも同じで、味も同じ。そして同じく美味しいのですが、食べた時の印象はまるで違いました。

その理由を、私の独断と偏見にはなりますが、考えてみました。

ハワイと日本での印象が違った理由はこれ?

  • 気候

湿度が高くジメジメの日本とは異なり、ハワイはカラッとしていて、日差しも気持ちよく感じる。ハワイで生まれたものなので、そもそもがハワイの気候に合うように作られている。従い、食材は産地で食べるのが美味しいのと同様に、アサイーボウルは地元ハワイで食べるのが最も適している。

  • 天気と気温

ハワイは晴れて天気も良く、気温は28度くらいの中、テラス席(外)でした。一方、お台場で食べた日は、曇り空で21〜22度。半袖ではほんの少し寒いかなという天気でした。その上、私には店内の冷房が少々寒かったです。

  • 食べた時間帯

ハワイは遅い昼食(14時頃)、日本は遅い朝食(10時)でした。昼と朝では体が欲する食べ物が違うのかもしれません。

上記の通り、食べている条件がかなり違ったのが食べた時の印象/感想が違った要因かなと思います。

暑い時にまた食べてみたい

日本にいながら、アサイーボウルをハワイと全く同じ条件下で食べるのは非常に困難ですが、気温くらいは近づけられるかなと思います。ということで、梅雨が明けて本格的な夏がやってきた頃にまた食べてみたいです。エアコンで寒くなってしまわないように、晴れた日のデッキ(外)のお席で!

ここで同時に思うのは、やっぱり、また、ハワイで食べたい!ですね。笑

その他メニュー

f:id:tueko:20190624230528p:image

アサイーボウルの他に我が家で注文したのは↓です。

f:id:tueko:20190624230317p:image

f:id:tueko:20190624230336p:image

f:id:tueko:20190624230418p:image

全体的にお値段が高めですね〜。

お台場店の情報

営業時間

f:id:tueko:20190624230815p:image

  • 平日:11:00 - 21:00  
  • 土日祝 :10:00 - 21:00
  • ラストオーダー:全日 20:30

土曜日の朝、オープン10分前には到着し、デッキ側で待っていました。

そして、待ちかねた我が家は少々フライング気味で2分ほど前にドアを開けてスタッフさんに聞いてみると、準備が完了したので入店OKとのこと。ヤッター!一番のりでした。


f:id:tueko:20190624230655p:image

f:id:tueko:20190624230621p:image

そして、賑やか子供たちを席に座らせ、オーダーを待つもスタッフさんは現れません。

「ハワイと同じようにオーダーしに行くんじゃない?」

アイランドヴィンテージコーヒーでは、カウンターで注文をし、そこで会計を済ませます。そしてテーブルに戻って待っていると準備ができたものから運ばれてきます。(オーダー時にすぐに準備ができたものは提供されます。) ファーストフードと同じ仕組みですね。

我が家のように、ムダにテーブルで待つことのないようにご注意ください! 笑

なお、アイランドヴィンテージコーヒーは土日祝は10:00からですが、その他の多くのショップは11:00オープンですので、建物へのメイン入口はシャッターが閉まっています。それまでは、アイランドヴィンテージコーヒーへは、デッキ側(外側)からしか入退店できません。

我が家が食べ終わってお店を出る頃(11:00頃)には、ほぼ満席でした。

ロケーション


f:id:tueko:20190624230720p:image

f:id:tueko:20190624230503p:image

デックス東京ビーチのシーサイドモール3Fにあります。

ハワイとはまた違った海ですが、東京湾とレインボーブリッジを望む最高のロケーションです。お台場海浜公園も挟みますので、緑もありますよ。

(東京湾も、エメラルドグリーンだったらなぁなんて思いを馳せてます。笑)

我が家は夜に行ったことはありませんが、都心部を眺めますので、夜景も綺麗そうですね。

アクセス

電車:ゆりかもめお台場海浜公園駅から徒歩2分・りんかい線東京テレポート駅から徒歩5分

車:利用金額に応じて駐車場無料サービスあります。

その他、リムジン(空港)バス、巡回バス、水上バスでのアクセスも可能です。

その他の店舗

アイランドヴィンテージコーヒーは台場店の他に、表参道店、横浜ベイクォーター店がありますので、近くに行かれた際には、立ち寄ってみてはいかがですか♪

 

  • アイランドヴィンテージコーヒー公式HP↓

https://www.islandvintagecoffee.co.jp/sp/

  • デックス東京ビーチのアクセス情報↓

https://www.odaiba-decks.com/services/page3.html

 

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀