🍀tue-noie

「中2」と「小1」の年の差兄弟が暮らす「とぅえの家」@東京の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

市場で選んで、調理してもらって、その場で新鮮魚介を食べる贅沢朝食♪【那覇市第一牧志公設市場@沖縄国際通り】

2023年春に沖縄に家族旅行に行きました。

我が家、初の沖縄本島です♪

 

沖縄に行ったらまずは、よくTVに映る国際通りに行っとかなくちゃ。ということで、初日は国際通り近辺に宿泊。

素泊まりでしたので、翌朝は、朝食を食べに出かけました。

 

美味しい魚介を食べたいよね。ということで、目的地は、朝から営業している第一牧志公設市場です♪

 

 

第一牧志公設市場

 

f:id:tueko:20230619193645j:image

 

国際通りからは、(ディープな)アーケード商店街を通り抜けた、少し奥まった所にあります。

 

ドン・キホーテの近くにある市場本通りを真っ直ぐ進むと右手に見えてきます。

f:id:tueko:20230620202230j:image

f:id:tueko:20230620202238j:image

 

沖縄本島では、⬇︎このようなアーケード商店街が充実しています。

f:id:tueko:20230619193641j:image
f:id:tueko:20230619193648j:image
f:id:tueko:20230619193651j:image
我が家が通ったのは朝だったので、まだほとんどのお店がオープンしていませんが、宮古島・石垣島と比べると、本島の奥深さを感じます。(本島は人口も多い)

 

第一牧志公設市場は「第一」と付くので、「第二」とか「第三」があるのかなと思いましたが、現在はこの「第一」牧志公設市場のみです。

(第二牧志公設市場は2001年閉鎖。その他、牧志公設市場雑貨部・衣料部というのが2022年に閉鎖。)

 

第一牧志公設市場は、2023年3月19日にリニューアルオープンしたので、3月下旬に訪れた我が家は、リニューアルほやほやな時に訪れました♪

 

第一牧志公設市場
  • 住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1 
  • TEL: 098-867-6560
  • アクセス:ゆいレール牧志駅より徒歩9分・美栄橋駅より徒歩10分
  • 営業時間:8:00~22:00(店舗で異なる)※2階食堂L.O:20:00<
  • 定休日:毎月第4日曜日 (12月は毎日営業 ) その他店舗で異なる

 

 

朝いちの第一牧志公設市場の1階

朝8時の市場に1番乗りした我が家笑。オフィシャルでは8時〜となっていますが、営業開始している店舗は少ないです。

 

f:id:tueko:20230619194924j:image
f:id:tueko:20230619194931j:image

 

 

 

⬇︎沖縄ならではの食材。子どもたちは固まる笑。

f:id:tueko:20230619222526j:image
f:id:tueko:20230619222530j:image

こういうのって、旅先ではついつい買ってしまいそうになるが、冷静に判断して思い留まる。笑

 

まだ床掃除している段階で、人っ子ひとりいない状態でした。

 

 

長嶺鮮魚

ふらふらと見学しながら探していると、1店舗のみ準備万端なお魚屋さんがありました。

長嶺鮮魚さんです。

 

8時の段階で、もうこの店構え。我が家は自然と引き寄せられました。笑
f:id:tueko:20230619194917j:image

f:id:tueko:20230619194927j:image
f:id:tueko:20230619194920j:image

 

そう言えば!と「ちゅらナビ」を見てみると、偶然にもこちらの長嶺鮮魚さんが掲載されていたので、これもご縁とこちらに決定。


f:id:tueko:20230624101810j:image

f:id:tueko:20230624101802p:image

公設市場の写真がリニューアル前のものなので貴重かも!

 

☝️ちゃらナビ:JALを利用して沖縄に行く人がもらえるクーポンブック。

沖縄に到着して、飛行機から降りる時に、CAさんが配ってます。

お得な情報が載っているので、無計画な我が家は、この種のものは旅の情報源として参考にしています。

 

 

タイトルの通りなのですが、牧志公設市場では、1階の鮮魚店で買った素材を2階の食堂で調理してもらって食べることができます。

(これを「持ち上げ」というらしい)

 

3品までは、500円の手数料で調理してもらえるので、魚を3つ選びます。

 

商品代(魚代)は、1階の鮮魚店に支払い、

刺身以外の調理手数料500円は、商品代とは別に2階の食堂に支払う

仕組みです。

(刺身は1階鮮魚店で無料でやってくれます)

 

店舗前で見ていると、店舗のおばちゃんが声をかけてくれて、どんどんと見繕ってくれます。

 

さっと、「これね〜」と伊勢海老がカゴに添えられる。笑

f:id:tueko:20230624104557j:image

我が家は⬆︎イラブチャー(伊勢海老カゴの下にある青い魚)と、

 

⬇︎おすすめされたアカマチ、(秤に載っている赤い魚)、

f:id:tueko:20230624110241j:image

 

⬇︎食べようと決めていた夜光貝

f:id:tueko:20230624110033j:image

 

の3つを選びました。

普段なかなか食べられないものをチョイス♪

 

魚の呼び方も沖縄独特ですよね。

「イラブチャー」とは「アオブダイ」

「アカマチ」は、「ハマダイ」のこと。

 

 

ちなみにアカマチは、沖縄では三大高級魚のひとつなのだそう。やった〜!

 

☝️沖縄の三大高級魚 :

  •   アカジンミーバイ(スジアラ)
  •   アカマチ(ハマダイ)
  •   マクブ(シロクラベラ)

 

 

お会計は、8000円代でした。

秤を見たら、お魚だけで1.2kg。その他夜光貝を含めてのお値段です。

市場だからと言って、格安〜というレベルではないですね。

 

(お馴染みの「どこから来たの?」とのやり取りがあったけど、東京値段とかないよな〜と思ってみたり。笑)

 

なお、前半でさっと入れられていた伊勢海老込みだと16000円でしたので、「伊勢海老は要りませんので!」とお断りしました。笑

 

我が家は3000円以上購入したので、ちゅらナビを見せて、グルクン(タカサゴかクマザサハナムロのこと)の特典をいただきました♪

 

そしてなんと、お店からはマグロのおまけまでもらってしまった♪  ありがとうございました!

 

 

第一牧志公設市場の2階で食べる

f:id:tueko:20230619195657j:image

エスカレーターに乗って2階へ。

リニューアルオープンしたてなので、まだこんなに綺麗。

2階は、基本、食堂街です。

 

長嶺鮮魚の提携食堂は、道頓堀さんでした。
f:id:tueko:20230619195202j:image 

この時点で8:15。お店はまだ準備中でした(電気もまだ付いていない)。

 

 

プチトラブル

言われるがままテーブルに座ると、魚の調理方法(刺身以外)を聞かれたので、おすすめに従って、バター焼き、唐揚げなどを指定しました。

いかんせん、イラブチャーもアカマチも馴染みが薄いので、地元の意見に倣うのが得策。笑

 

子どもたちのみ、飲み物を頼んで楽しみに待っていると、

 

お刺身の舟盛りが、1階の長嶺鮮魚から運ばれてきました。

f:id:tueko:20230619195156j:image

 

うわ〜!👀✨

 

目をキラキラさせた我が家です。笑

 

が、その時です。

道頓堀の厨房の奥から、

ガスが壊れちゃって、お料理できません!

 

今運ばれてきてテーブルに置かれたばかりの舟盛りと共に、紹介された別の食堂に移動することになりました。笑

 

(子どもたちの)飲み物代は要らないよ。

お詫び代も兼ねているのだろうと思い、ごちそうになりました。

 

移動先はえんさんです。

 

8:30。またまた我が家が1番乗り。笑
f:id:tueko:20230619195149j:image

 

お料理の紹介

いよいよ、注文していた料理が全部揃いました。
f:id:tueko:20230619195401j:image

先に来たお料理には先に手を付けてます。

 

再び舟盛りの図。

f:id:tueko:20230619195357j:image

左:夜光貝、

真ん中上:イラブチャー、真ん中下:アカマチ

右:マグロ

(イラブチャーは全部刺身)

 

 

アカマチ(身半分)のバター焼き。
f:id:tueko:20230619195542j:image

これってバター焼き? 見た目は唐揚げと変わらない。バターの味、してたかしら?笑

 

 

夜光貝のバター炒め。
f:id:tueko:20230619195536j:image

 

特典のグルクンの唐揚げ。
f:id:tueko:20230619195604j:image

 

長男のラーメン。
f:id:tueko:20230619195549j:image

魚が苦手な長男はひとりラーメンを楽しむ。

 

ご飯(ライス)は注文していませんが、これらのお魚だけで、お腹がいっぱいになりました。

贅沢な朝食をどうもありがとうございました。

 

鮮魚店で買った魚を、舟盛り形式で提供してくれるのも嬉しいですね♪

 

我が家が食べ終わった9時過ぎには、満席状態。
f:id:tueko:20230624225545j:image

まだ、市場内でオープンしている食堂が少ないから、集中しますね。

 

朝の市場内のお店を見ていて、早起きは三文の徳を学んだ我が家。笑

 

 

食堂でのお会計は、長男のラーメンと調理手数料500円のみでした。

特典のグルクンを入れると4品でしたが、イラブチャーが全部お刺身(鮮魚店実施)だったので、3品のみ食堂で調理。

 

 

市場のもうひとつの楽しみ①

2階の食堂で、魚が調理されるを待っている間、眺めていたメニュー。


f:id:tueko:20230624122327j:image

f:id:tueko:20230624122330j:image

その種類の多さに、驚きました。

 

持ち上げをしなくても、食堂のメニューだけで十分に楽しめそう。

ランチや夕食での食堂利用もしてみたいと思いました。

こんな食堂が自宅近くにあったら、きっと常連になっていた我が家。笑

 

なお、⬆︎は英語版ですが、日本語版もありましたよ。

 

 

市場のもうひとつの楽しみ②

舟盛りに載っていた夜光貝の貝殻がほしいと、えんのスタッフさんに伝えたらOK回答。

f:id:tueko:20230624162059p:image

 

自宅に帰って、少しずつ紙やすりで磨いたら、こんなキレイな貝殻オブジェに変身。


f:id:tueko:20230624122348j:image

f:id:tueko:20230624122351j:image

リビングに飾ることにしたので、沖縄の良い思い出と共に毎日を過ごしてます♪

 

 

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀