🍀tue-noie

小学6年生と4歳の8歳差兄弟が暮らす「とぅえの家」の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

4歳4か月で完全にオムツ卒業

たまには子育てブログらしい記事も書かないと!笑

 

先日、小6長男、4歳次男と一緒に夕方散歩に出かけました。そこは男の子。ゆったり散歩とは行かず、競走がはじまります。

 

ですが、8歳差兄弟。次男が長男に勝てるわけがありません。

なんとか追い抜こうと頑張る次男ですが、実力以上の力を出そうとすると、かえって足がもつれてしまい…

 

どてっ!

 

f:id:tueko:20210825205315j:image

転んだ弟の面倒をみる兄

 

転んでしまった悔しさで大泣きし、

両膝の擦りキズから滲んできた血を見て、更に大泣きし…

 

そんな大声どこからでる?

という状態で、泣きながら自宅まで歩いて帰りました。

次男の泣き声は街中に聞こえたことでしょう…。

長男の時も思ったのですが、我が家の子どもたちは、4歳頃の扱いが大変なようです(>_<)

 

f:id:tueko:20210825205833j:image

シャワーで砂を洗い流し、絆創膏を貼ってようやく落ち着く

 

4歳は遅い?

そんな次男に関してです。

タイトルの通りなのですが、4歳4か月になり、ようやくオムツ卒業となりました。

 

世の中の平均的には遅い方ですね。

 

保育園で過ごしている時は、お兄さんパンツ(普通のパンツのこと)でも、3歳半にはなんとかいけるようになったんですよ。

 

ですが、帰宅すると…手を洗うやいなや、ささっとオムツに履き替えてしまうのです。

その時の着替えるスピードが早いのなんの。笑

朝に、その早さでお願いしますよ。

 

急がないトイトレ

ただ、我が家のトイトレ(トイレトレーニング)については、全く急いでいませんでした。

遅かれ早かれ、必ずオムツが取れる日はやってくるので、基本、本人のやる気に任せていました。

 

親も子どももストレスを溜めてまで、早くオムツを卒業させることに、あまり意味を見出していなかったからです。

 

今80歳の母に昔を尋ねると、1日でも早くオムツが外れるように、1歳後半にはトイレを促したと言います。

それは布おむつだったから。布おむつしか無かったから。

汚れはなかなか落ちなく、洗濯がとても大変だったのです。

 

でも今は、紙おむつという、改良に改良を重ねているとても便利なものが存在しています。

外出中に、とんでもないタイミングでトイレ!と言われることも、お漏らしを心配する必要もありません。

 

時が来たら、できるようになる。

 

今次男が卒業しましたが、完全にしっかりしてからなので、失敗(お漏らし)は少ないです。

 

保育園の先生にも、かる〜くトイトレを促されていましたが(笑)、こういうのは、本人のやる気と大きく関わりがあるのは理解いただき、見守ってくださっていたと思います。

ありがとうございました✨

(保育園としては、早くトイレに移行してもらった方が楽ですよね…。)

 

焦りはあった

こんなにゆったり構えていた我が家ですが、焦りが無かったと言えば、嘘になります。

 

長男は何の苦労もなく、3歳を過ぎた頃にはさっさとオムツを卒業してしまったので、4歳でもオムツに執着するのは、どうなの?という気持ちはありました。

 

しかも、4歳時クラスのプール遊びは、オムツが取れた子限定。

オムツが外れず、そばでみんなが遊んでいるのを眺めているのは、ちょっとね…。

(コロナでプール遊びは中止になったけど)

 

なので、たまにはトイレに誘ってみたりしました。

ところがどんなに言葉巧みに誘っても、全力で拒否。無理矢理、泣かせてやるのも気が引けたので、やっぱり本人の意思に任せていました。

 

きっかけは、おばあちゃん家

体的にはオムツ卒業の準備(オシッコの間隔が長くなり、自分でオシッコに行きたいと思う)ができていた次男。

あとは、心の準備だけの状態でした。

 

今年帰省した我が家。

おばあちゃんという、いつもの家族とは異なる人がいるのは、大きかったのだと思います。

恥ずかしいから、ちゃんとやらなきゃ!

になるんですね。

 

こうして、夜も昼もパンツでOK、お漏らし無しの、完全なるオムツ卒業となりました。

 

感想

今振り返ってみると、次男のトイトレってやったっけ?というくらい放置気味だったと思います。

これが第2子の宿命?!なんでしょうか。笑

 

長男のことも改めて振り返ってみると、預け先の保育ママが、上手にトイトレしてくれていたかなと思います。だから我が家はほとんど手を掛けずに済んだ。

これが真実かもしれませんね。

 

そう考えると、ちゃんとトイトレやりながら、本人のやる気に任せるというのができれば、良かったんだと思います。

 

でも、親も楽に終わったから良いか。笑

 

子育てで理想を追うのも良いですが(それが実現した時には最高です)、適度にやれるところはそうすると、親に余裕が生まれるので良いですよ!

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀