🍀tue-noie

「中2」と「小1」の年の差兄弟が暮らす「とぅえの家」@東京の運営記録 −子育てメインに節約・旅行・仕事など−

MENU

男子ランドセルの6年後を公開 l 牛革・手入れなし・鞄工房山本

写真整理をしていたらでてきたので、記事にしたいと思います。使用していた張本人は、現在中3。笑

 

我が家のランドセルは、本革にこだわり、兄弟2人とも牛革製のランドセルを選びました。

 

現在中3の長男は、鞄工房山本

現在小2の次男は、土屋鞄

どちらも職人さんによる手作りの工房系ランドセルです。

 

今回は、長男が6年間使用したランドセル(鞄工房山本)のご紹介です。

次男はまだ毎日、使ってます♪

 

 

前提条件

・牛革

・6年間使用

・カバーは常時装着

・雨で濡れた時に軽く拭くくらいで、特段のお手入れはしていません。

・長男の性格は、おとなしい方だと思う(ガサツとか乱暴という表現からは遠い方)

なので、ランドセルを放り投げたりということはなかったと思います。

本人も大事なものとして扱ってました。

 

 

6年使用後のランドセル

入学1週間後からほぼ6年間、このニコちゃんの人工皮革カバーを付けてました。

f:id:tueko:20240623130013j:image

 

こちらカバーを外した6年使用後のランドセルです。

拭いたりもせず、使用後そのままの状態。f:id:tueko:20240623130015j:image
f:id:tueko:20240623125955j:image
f:id:tueko:20240623130021j:image
f:id:tueko:20240623130001j:image
f:id:tueko:20240623130007j:image

f:id:tueko:20240623134122j:image

f:id:tueko:20240623133944j:image
f:id:tueko:20240623130004j:image
f:id:tueko:20240623130010j:image

 

鞄工房山本のこちらのランドセルは、背当てから肩ベルトまでを含む全てが本革です。

 

形は整っている状態ですが、こうやって見ると大事に使っていた割には、細部はかなり使用感が出ていました。

 

もう少し、ちゃんとお手入れをしていれば、もっとキレイだったかもしれません。

 

でも、破れたりせず、修理にお世話になることもなく、無事に6年間の任務は全うしてくれました。

ありがとう♡

 

 

特に目立ったところは、

 


金具の塗装が擦れてしまってますね。
f:id:tueko:20240623125952j:image

 

肩ベルトの端もガリガリ状態。

f:id:tueko:20240623131805j:image

 

カバーがかかっていない所の角がこんなに擦れていました。気付かなかった〜。
f:id:tueko:20240623131803j:image

 

で、こちらのキズが、入学早々に付けてしまった、言わば思い出のキズ。小1ほやほやの長男が振り向いた時に、石垣でガリッとやってしまいました。
f:id:tueko:20240623131809j:image

私の方が卒倒しそうでした笑

で、すぐに上記のニコちゃんランドセルカバーを購入したのです。

 

 

ランドセルのその後

長男は、長年一緒に過ごしてきたものを捨てることを非常に嫌います。

なので、我が家はそのまま保管しています。場所をとるんですけどね。

 

いずれは長男と話をして、ランドセルをリメイクしようと思います。別のものに生まれ変わって、大人の長男がまた使ってくれたら嬉しいなと思います。

 

 

 途上国支援として、中古ランドセルの寄付なんていうのもありました。

 

 

軽量ランドセル

この数年で、軽量ランドセルも販売されるようになりました。

ナイロン製でとても使いやすそうです。

 

 

 

次男の学年を見ていると、30人程度のクラスで2〜3人くらいが軽量ランドセルを使っていました。約1割ということですね。

 

身体の小さな早生まれの次男ですから、それはそれは迷いました。本革製だと、どんなに軽さを重視したところで、ナイロン製には敵わないですから。

 

でも、心配無用でした。

教科書が入ったランドセルって、大人が持っても重たいですよね。

なのでついつい、大丈夫?重くない?

と次男に尋ねてしまいます。

が、最近の次男は

背負ってしまえば全然重くないよ

頼もしいものです笑。

 

そういえば、自分もそうだったなと。

もしかしたら、親はランドセルの重さについて気にし過ぎなのかもしれない。

そのくらい軽々と背負えるくらい逞しく育て!

で良いのかも。笑

 

次男のランドセルの6年後も楽しみです^ ^

 

 

www.tue.tokyo

www.tue.tokyo

 

以上

最後までお読みくださりありがとうございます🍀